mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

食べてからが本当の地獄だ。「地獄の担担麺 護摩龍」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20170308203951j:plain

地獄の担担麺 護摩龍 五反田

 園子温監督の「地獄でなぜ悪い」 という映画が好きだ。

「地獄でなぜ悪い」は、ヤクザの組長である國村隼が、出所する妻・友近の夢である、愛娘・二階堂ふみを主演にした映画を撮るため、子分たちを撮影スタッフにして映画撮影を遂行しようとする映画だ。

映画に憑りつかれた売れない映画監督・長谷川博己、通りすがりに巻き込まれてしまう星野源、敵対中のヤクザの組長に堤真一など豪華なメンバーが出演している。

映画の終盤には清々しいまでに突き抜けた地獄絵図が待っているが、なんだかしんみりもさせる、地獄でも悪くない、むしろ良いと思った作品だった。

地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い

 

 

さて、地獄は五反田にもある。

地獄の担担麺 護摩龍」だ。

ジャンルは激辛担担麵。

 

飢餓…ファーストステージ(10辛)

阿修羅…ミドルステージ(15辛)

血の池…ハードステージ(30辛)

無限…マックスステージ(?辛)

 

そのほかに1辛や、つけ麺などもある。

 ニンニクマシとアブラマシは無料。 

 

麺を啜り切った後の残ったどろどろの激辛スープ。

その激辛スープを締めの「炙りチーズリゾット(200円)」にできる。

チャーシューにしろ、サーモンにしろ、炙っておけば間違いはない。

チーズリゾットも然り。

絶品の「炙りチーズリゾット」を目当てに足を運んできたわけだが、私はここでは毎回「ハードステージの血の池地獄」をオーダーしてきた。

しかし、激辛ジャーニーとしての旅路が私に自信を与え、遂にこの日、「無限地獄」に足を踏み入れたのだった。

そしてそれはただの思い上がりであると気づいたときはトイレの中で蹲っていた後だった。 

 

地獄の担担麺 護摩龍「無間地獄」

f:id:mojiru:20170308203951j:plain

ニンニクマシと野菜をトッピング。

唐辛子は特にトッピングした記憶はないので、これがデフォルトなのだろう…。

 

▼もう一枚撮影した。

f:id:mojiru:20170308204011j:plain

辛いというより痛い。

麺を食べるごとに圧倒的に痛い。

唇が痛いし、喉も痛い。

おまけに腰まで痛い、それは単なる腰痛だった。

痛みに次ぐ痛みを越え、勢いに任せて、痛みに耐えて頑張った。

感動はなかったが一心不乱に麺を啜り切った後、精も根も尽き果てており、いつものように「炙りチーズリゾット」を頼む気力はすでに無かった。

むしろこのスープを炙る勇気はなかったのだ…。

水を飲み干し、逃げるように店を出た。

しかし、むしろ食べてからが本当の地獄だった…。

歩き始めた最中、急激に腹が痛み出した。

血の気は引き、腹痛と立ちくらみが襲ったのだ。

辛いモノをよく食べる癖によく腹痛を起こす私は、パチンコは一切やらないのにパチンコ屋のトイレだけ借りに入る、いわば常習犯である。

f:id:mojiru:20170309084711p:plain

パチンコ屋のトイレを借りる理由はただ一点、キレイだから。

少し歩くごとに蹲り、そしてパチンコ屋のトイレに駆け込む。

この日、私は五反田のパチンコ屋を3軒梯子する羽目になったのだ。

激辛は体に悪い、身を持って体験したわけだ。

こうして激辛ジャーニーとしての旅路は、唐突に、終わりを告げる羽目になった。 

「地獄の担担麺 護摩龍 五反田」へのアクセス

東京都品川区東五反田2-20-1 明石レジデンス1F
五反田駅から611m

「地獄の担担麺 護摩龍」がカップ麺に!「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」 紹介記事

www.mojiru.com

「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12個」Amazonでの購入はこちら 
サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12個

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12個

 

張りとコシが特徴の黄色みの強いやや幅広の麺です。
見た目、食感において、お店の麺の雰囲気を再現しております。
唐辛子の刺激的な辛さと、ねりごまやポークのコクのあるうまみが特徴の担担麺スープです。
肉そぼろのうまみがスープのおいしさを引き立てます。
赤唐辛子とねぎを加えて彩りよく仕上げました。

 「(東京・大久保の名店 護摩龍監修)サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12食入1ケース」Amazonでの購入はこちら 

 

 

激辛グルメ紹介記事「ペッパーX」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「蒙古タンメン中本」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「麺処井の庄監修辛辛魚らーめん」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば」 

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「ペヤング 激辛やきそばEND」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「元祖ニュータンタンメン本舗」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「本家 哲麺」

www.mojiru.com

激辛グルメ紹介記事「デス辛タンドリーチキンサンドキャンペーン」

www.mojiru.com

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー