mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

面白い方が勝ち!5文字で起こす奇跡・ひらがなポーカー

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20180312114903j:plain

ひらがなポーカー

f:id:mojiru:20180312114906j:plain

f:id:mojiru:20180312114912j:plain

「ひらがなポーカーBOOK」は使用するカードを数字からひらがなにしたカードゲーム。遊び方は自由だが、手札の5枚で如何に面白い文字を作りだせるか競って遊ぶというシエ氏、吉本圭美氏が企画・原案し、学研プラスが発売。SNSで広がり、人気化している。

 

ひらがなポーカーの基本ルール

f:id:mojiru:20180312114909j:plain

・カードをよく切り5枚ずつ配る(透明カードは枚数にカウントしない)
・カードは2回まで交換可能
・5文字以内の言葉を作り、一番面白かった人が勝ち
・カード枚数の制約上プレイ人数は2~4人がベスト
・透明カードを引いた場合はもう一枚次のカードも引く
・透明カードの使用は自由。好きな文字と組み合わせて使える

f:id:mojiru:20180312114915j:plain 

f:id:mojiru:20180312114918j:plain

f:id:mojiru:20180312114922j:plain

 

ひらがなポーカーのカードの種類・基本カード(ひらがな)

f:id:mojiru:20180312133226j:plain

基本カードとなるひらがな「あ」~「ん」まである、また「っ」「ー」なども存在。また統計に基づいた構成と設計がされているひらがなポーカーでは五十音の中で使用頻度の高い「い、ん、か、し、う、た、と、つ、て、の」は各2枚ある。
▼ひらがなポーカー 例
かふんしね

f:id:mojiru:20180312155308p:plain

 

ひらがなポーカーのカードの種類・透明カード(濁点、半濁点)

f:id:mojiru:20180312133222j:plain

基本カードと重ねて使用できる濁点、半濁点がプリントされている。
▼ひらがなポーカー 濁点例
このはげー

f:id:mojiru:20180312153829p:plain

 

ひらがなポーカーのカードの種類・〇カード(どんな文字の代わりにもなるジョーカー)

f:id:mojiru:20180312133230j:plain

どの文字の代わりとしても使える「○」。
▼ひらがなポーカー 〇例
〇がりーた

f:id:mojiru:20180312160631p:plain

う〇ちゃん

f:id:mojiru:20180312161520p:plain

 

ひらがなポーカーのカードの種類・wカード(インターネット世代には欠かせない「w」)  

f:id:mojiru:20180312133233j:plain

 インターネット世代には欠かせない草生える「W」。
▼ひらがなポーカー W例
そだねーW

f:id:mojiru:20180312153037p:plain

 

Wを反転するとMになるので、禁じ手として「M」としても使えるのではなかろうか。
▼ひらがなポーカー Wを反転した際のMの例
Mじのはげ

f:id:mojiru:20180312155924p:plain

▼関連記事:3月8日にマクドナルドのロゴのMがWになる!

www.mojiru.com

 

 #奇跡の5文字で1万円! Twitterでひらがなポーカーキャンペーン開催

f:id:mojiru:20180312151022j:plain

学研出版サイト「#奇跡の5文字で1万円 ひらがなポーカー全国大会開催!」ページより転載 Copyright (c) Gakken Plus Co.,Ltd. All Rights Reserved.

学研プラスは、「ひらがなポーカーBOOK」の増刷を記念して、Twitterでもっとも面白い言葉を作って投稿した人に1万円分のQUOカードをプレゼントするTwitter投稿キャンペーンを2018年3月9日から4月8日まで実施している。

▼応募方法
1.学研ひらがなポーカーのアカウント(@GakkenHPB)を、Twitter上でフォロー。

twitter.com


2.ひらがなポーカーを使ってできた言葉を撮影し、「#奇跡の5文字で1万円 #学研ひらがなポーカー」のハッシュタグとともに、Twitterに投稿。
▼選考方法
「ひらがなポーカー」でできた言葉のインパクトを元に、選考委員が決定。
▼応募締切
2018年3月9日~4月8日
▼優勝賞品
QUOカード10,000円分…1名様
▼発表 
4月20日(金)に学研ひらがなポーカー(@GakkenHPB)のツイートで発表。
▼主催
学研ひらがなポーカー編集部
▼選考委員
シエ ひらがなポーカー発案者(@s_sh)
吉本圭美 ひらがなポーカー企画者(@hiraganapoker)
学研プラスひらがなポーカー編集部(@GakkenHPB)
▼備考
『ひらがなポーカーBOOK(学研プラス刊)』に付属のカードのみで応募できます。クラウドファンディング版、類似の商品、手作り品などでは応募できません。
※キャンペーン期間中お1人様何度でもご応募可能です。
※応募いただいた画像は、商品の宣伝などに使わせていただく場合があります。

  

ひらがなポーカーはAmazonや楽天市場で販売中!

 ▼「ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])」Amazonでの購入はこちら 

ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])

ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])

 

●ルールはカンタン! 5枚のカードでおもしろい言葉を作った人が勝ち!
「ひらがなポーカー」はひらがなが1文字ずつ書かれたカードで、5文字以内の言葉を作るゲーム。ひらがな5文字で偶然できる言葉がおもしろいと、TwitterなどのSNSで話題になっています。1分もあれば覚えられるシンプルなルールにも関わらず、できる作品は「まさに奇跡! 」「シュールすぎる! 」と、ついツイートしたくなるほど。誰でも簡単に楽しめるパーティーゲームです。

●全部で70枚のカードが付いていて、すぐに遊べる。
今回発売する『ひらがなポーカーBOOK』。カードの種類は4種類。
・「ひらがなカード」
よく使われるひらがなとされる上位10文字「い、ん、か、し、う、た、と、つ、て、の」は2枚ずつ入っているので、言葉ができやすいのが特長。
・「透明カード」ひらがなカードに重ねて使う。濁音、半濁音を表現。
・「〇(まる)カード」伏字を表すオールマイティカード。
・「w(わら)カード」言葉の最後につけて、(笑)を意味します。

カードサイズは手の小さい女性や子供でも扱いやすいブリッジサイズ(約57mm×約89mm)。
カードケースに入り、レジャーでの持ち運びにも便利です。

出版社からのコメント
<おもしろい言葉でみんなで盛り上がろう! 大人も子供も楽しめます! >
●友達どうしで集まるパーティに! ●家族団らんに! ●日本語学習に ●脳トレに!
「ひらがなポーカー」は、家族や若者どうしのコミュニケーションを深めるのにぴったり。年齢、国籍を超えてさまざまな方に楽しんでもらえる商品。パーティや団らんの場での新定番ゲームです。
単語をカードで揃える「ひらがなポーカー」は、初めてひらがなに触れる幼児や小学生、日本語学習者にとっても、楽しみながら学習できるゲーム。普段は使わない語彙が発掘されることから、脳トレーニングにもよいとご年配の方からも好評です。

 

▼「ひらがなポーカーBOOK [ シエ ]」楽天市場での購入はこちら

 
©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー