mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

貴方もこれでムキマッチョに!等の雑誌広告は疑え

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20180502111453j:plain

キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー

[オススメ度]

★★★★☆

 

ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍が破竹の勢いで進撃していた1942年、世はまさに世界大戦時代。

ブルックリン出身のスティーブ・ロジャースは、アメリカ軍の兵士になる事を夢みたが、超虚弱体質の為、入隊を志願しても、身体的理由で不合格を繰り返していた。

少年ジャンプやらの後ろにある怪しい広告は疑え!

スティーブはある日、少年ジャンプやらの後ろに掲載されていた非モテで貧弱な貴方もこのお薬を一か月ガブ飲みすれば、ムキマッチョになれるという広告を信じたわけではなく、アメリカ軍の戦略科学予備軍(SSR)の科学者、エイブラハム・アースキン博士と出会った。

ショッカーの意識低い系改造人間とは違う・意識高い系改造人間キャプテン・アメリカ

博士はロジャースの正義感と信念を知り、彼を入隊させた。

そして、スティーブは博士の下、SSRが行う「スーパーソルジャー計画」の被験候補者となり、その計画により改造手術を受け、キャプテン・アメリカとしてモヤシからムッキムキのマッチョ人間に生まれ変わった。

改造人間といえば仮面ライダーを思い出すが、仮面ライダーとの違いは、悪の組織ショッカーに捕まって「やめろー、ショッカー」と拒みながらも無理やり改造されてしまった改造人間として意識が低い仮面ライダーと違って、非モテからの脱却でもなく、ただただ正義の為に自ら志願したのがキャプテン・アメリカなのだ。

キャプテン・アメリカになったスティーブは、アメリカ軍の象徴として、子供たちのヒーローとして、アメリカが発行する国債の売上に貢献する為、ステージに上がる日々。

そんな日々の中、「ハイル、ヒドラ!」で御馴染の世界征服を目論む悪の組織・レッド・スカル率いるナチス・ドイツのヒドラ党に、スティーブの親友が所属する107連隊が捕まり、捕虜となってしまった事を知り、トミー・リー・ジョーンズの制止も振り切って、キャプテン・アメリカは単身、敵の基地に乗り込んでいくのだった。

「キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー」Amazonでの購入はこちら 
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [DVD]

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [DVD]

 

1942年。兵士として不適格とされた貧弱な少年、スティーブ・ロジャースは、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」により<キャプテン・アメリカ>として生まれ変わる。身体能力を極限まで高めた強靭な肉体を手にし、同時に正義感に溢れる彼の魂も、極限まで高められる。戦う敵は世界征服を目論むレッド・スカル率いる悪の組織ヒドラ。捕えられた仲間や親友を救うため、キャプテン・アメリカは特殊装備に身を包んで敵地に向かった!

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー