mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

体は腐敗、心は純粋、半分ゾンビな純愛映画/ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190211200021j:plain

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

[オススメ度]

★★★★☆

 

目が覚めたらゾンビだった。

3年間、眠り続けていた主人公は、目を覚ますと意識はしっかりしているものの自身の肉体がゾンビ化している事を知る。

4年間、眠り続けていたら、こち亀の日暮さんになれた事が惜しいが、ともかく主人公は意識は人間、体はゾンビ、という半分ゾンビとして生まれ変わったのだった、生きてはいないが…。

実はこの主人公、今ではこうして腐っているが、生前には恋人がおり、その恋人にプロポーズをするはずだった。

 自分のズボンのポケットに入っていた指輪を見て、その記憶を思い出した主人公は、このままじゃ死に切れない、死んでるが…。

巡り合わせか運命か、偶然出会った同じく半分ゾンビの男を相棒に、更に、その2人になつく完全ゾンビな大男を引き連れて、恋人に指輪を渡すため、旅立ったのだ。

肉体が腐って半分ゾンビと化している主人公は、同族のゾンビにその血肉を貪れる事はないが、逆に、ゾンビハンターの人間に命を狙われる、命はすでにないが。

所詮今の俺は腐った体のゾンビ無職、こんな俺が、今さら、恋人に会いに行って何がどうなるというんだろう…血肉の代わりに薄い本を貪るという腐女子という腐女子が恋人ならまだ可能性もあるが恋人は腐女子ではない…、俺には将来はない、老後もない、むしろ命すらない、そんな葛藤を抱えつつも、ゾンビハンターの追撃を交わしながらただ逢いたくて、今、逢えなくて、忘れられないまま、ただただ、旅は続く。

体は腐敗、心は純粋、半分ゾンビな主人公は果たして恋人に指輪を渡す事ができるのか?

そして、ゾンビの主人公に対して、恋人の返事とは?

ゾンビだけど腐ってない純愛映画になっていた。

「ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春 [DVD]」Amazonでの購入はこちら

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春 [DVD]

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春 [DVD]

 

ゾンビ失格っ!

マイケル・ムーアに「最も愛すべきゾンビ映画!!」と大絶賛されたゾンビコメディが日本上陸!
「死霊のはらわた」のSFX アーティストを父に持ち、幼い頃は自宅の地下室で「死霊~」の撮影をしていたという環境で生まれ育ったまさにゾンビ界の寵児、ブレッド&ドルー・ビアス兄弟監督が描くゾンビコメディが待望のDVD化!!

【ストーリー】
3年ぶりに目覚めたオタク系青年マイクは困惑していた。街がゾンビの集団とそれを迎え撃つ人間たちの姿で溢れていたのだ。その時マイクを銃弾が襲う。死ぬ!と思ったのも束の間、全く痛みを感じないマイク。あれ?と訝しがる彼にブレントと名乗るゾンビが親しげに声をかけてきた。ブレントが語るところによると、彼らは人間の記憶と知性を取り戻してしまった珍しい“半分ゾンビ”だというのだ。「人間にもゾンビにもなれない半端ものかよ…。」と打ちひしがれるマイクだったがポケットを探るとそこには愛する恋人に渡しそこねた婚約指輪が。ブレントの励ましもあり、彼らは時に人間、時にゾンビのフリを繰り出しながら恋人を探す旅を始める。しかし、やっかいな“半分ゾンビ”を軍が見逃すはずもなく、ゾンビハンターたちが彼らの行く手を阻むべく猛スピードで追撃を始めていた…。

【キャスト】
マイケル・マッキディ; ロス・キダー; マーカス・テイラー; トーマス・ガラッソー; ナタリー・ヴィクトリア; エデン・マリアン; レナード・ケリー=ヤング

【スタッフ】
監督/脚本:ブレッド・ビアス/ドルー・T・ビアス
製作:アンディ・ドラムンド/ブレッド・ビアス/ドルー・T・ビアス/ケヴィン・ヴァンハーゲン
撮影:ロバート・トス
編集:ケヴィン・オブライアン
音楽:デヴィン・バロウズ

(C) 2011 FroBro Films, All Rights Reserved

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー