mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

12月15日発売の「大人の科学マガジン」最新号で「小さな活版印刷機」が付録に!

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171121081636j:plain

大人の科学マガジン

ふろく付き趣味の科学ムック「大人の科学マガジン」。その最新号が2017年12月15日に発売され、今回は小さなサイズの活版印刷機が付いてくる。
価格は3,500円(税別)。

大人の科学マガジン小さな活版印刷機

f:id:mojiru:20171121081648j:plain

f:id:mojiru:20171121081653j:plain

f:id:mojiru:20171121081658j:plain

f:id:mojiru:20171121081701j:plain

f:id:mojiru:20171121081704j:plain

f:id:mojiru:20171121081709j:plain

「テキン」と呼ばれる活版印刷機で、名刺やメッセージカードなどが作れる。付属する活字は全部で162文字。ひらがなとアルファベット、数字。ひらがなは「秀英明朝」フォント、アルファベットと数字には「Century」フォントが使用されている。

秀英明朝

f:id:mojiru:20171121083318p:plain

大日本印刷株式会社が、その前身である秀英舎の活字書体を100年以上に渡り、引継いで開発を行ってきた書体。
「秀英明朝」は、書籍の作り手と読者の双方から高い評価を得てきた本文用書体で、秀英体独特の連綿を持ち、目に優しい黒みを備えつつ、明るく整った落ち着いた雰囲気の組みができるのが特長。本文組や見出しに利用しやすい L、M、Bのファミリーがある。

▼秀英体を紐解く「一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録」

一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録

一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録

 

大日本印刷が、2005年から丸7年を費やし10書体のべ12万文字に及んだ書体開発を、
商品企画からデザイン、フォントエンジニアリング、ユーザーであるブックデザイナーのインタビューまであまさず紹介いたします。
デザインや出版、タイポグラフィに興味のある方はもちろん、電子書籍やWEBなどでフォントを扱うエンジニアも必読の一冊!

第一章 秀英明朝
秀英明朝組み見本/次代に愛される本文書体をつく/太さの決定/漢字の制作/
字形ルール/字形チェック/デザインチェック/仮名の制作/欧文・非漢字の制作/
字母データ/OpenTypeフォント化の準備/OpenTypeフォントの変換と検証/秀英体ファミリーの基盤書体

第二章 秀英初号明朝
秀英初号明朝組み見本/秀英初号明朝の復刻/仮名の制作/欧文・非漢字の制作/
漢字の制作/字形の検討/デザイン修整/復刻のむずかしさ

第三章 秀英角ゴシック 秀英丸ゴシック
秀英角ゴシック 秀英丸ゴシック組み見本/秀英体を広げる新書体/秀英角ゴシックの開発/
新書体の決定/秀英丸ゴシックの開発/改刻書体見本 

 

CENTURY(センチュリー)

f:id:mojiru:20171121143236p:plain

機械式活字父型(母型)彫刻機の発明で知られるリン・ボイド・ベントンがテオドール・ロゥ・デ・ヴィネと共同で作った活字書体。
デ・ヴィネ・プレスが印刷していた雑誌「センチュリー・マガジン」のための専用書体としてデ・ヴィネが設計し、リン・ベントンがみずからの彫刻機をもちいて1895年に作られた。
日本では太平洋戦争前から英語の教科書に使用され現代でも愛用されている書体。

  

活版印刷

金属や木に文字を彫り込んだ判子状びした活字をを並べて、そこに塗料を塗って印刷する方法であり、その印刷物のこと。手動式の印刷機をテキンやテフートと呼ぶ。現在は活版印刷は珍しいものとなりましたが、活版印刷で印刷される文字には味があり、あえて活版印刷を利用して、名刺を作る人間も少なくない。
嘘か誠か2017年11月現在、女子の間で活版印刷がにわかにブームらしく、活版年賀状も登場した。

▼関連記事:2018年の年賀状はこれだ!大切な人へ贈るべきオンリーワンの年賀状「活版年賀状」

www.mojiru.com

 

「大人の科学マガジン 小さな活版印刷機」を購入

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン 小さな活版印刷機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン 小さな活版印刷機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

《想いが言葉にのる 温かくてなつかしい活版印刷》
レトロでかわいい活版印刷機「テキン」をふろくにしました!
一文字ずつ活字を拾って言葉を紡ぎ、ハンドプレスで紙に印刷することができます。温かみのある手作りの名刺や紙小物が作れます。

【ふろくの特長】
▼「テキン」型の卓上活版印刷機
インキを練る。活字にインキをのせる。プレスする。3つの動作をハンドルの上げ下げで行います。活字の配置、インキののせ方、紙の種類を変えると、まったく表情のちがう刷り物がつくれます。

▼162個の活字
ひらがな(秀英明朝)、数字・アルファベット(Century)がそろった162個の活字が使えます。活字の底にはピンが立っていて、活字台に差して版をつくります。活字台は名刺サイズで、最大135個の活字を差すことができます。タテ組み・ヨコ組みにも対応。
*活字が足りなくなった場合は、本誌記載の方法で追加注文もできます。

▼活版印刷用のコットンペーパー
自然でやわらかな風合いを持った、ふかふかの紙が本誌にとじこまれています。名刺やしおり、コースターなど、好きな形に切り取って使うことができます。

▼黒インキも付属
お試し用の黒インキが入っているので、すぐに印刷を始められます。インキがなくなったときは、市販の水彩絵の具で代用できるので安心。お好きな色で印刷することができます。

▼本体組立時間30分
わかりやすい作り方のページがあるので、印刷機の仕組みを学びながら、約30分で本体を組み立てられます。組み立てに使う専用ドライバーもついています。


【本誌の内容】
巻頭特集はかわいくてかっこいい活版印刷の世界。あこがれの活版作品を紹介します。

ふろくの楽しみがぐっとひろがる遊び方も多数掲載。
mizutamaさんの消しゴムはんこ、大日本タイポ組合の「正しい」活字の使い方、真映社の樹脂版の依頼からふろくへの装着の仕方講座など。

大人気小説『活版印刷三日月堂』の本誌でしか読めない書き下ろし作品を掲載。主人公の弓子さんの小学生のときのお話です。著者のほしおさなえさんが語る、三日月堂創作秘話や、長崎小値賀島にある活版印刷所訪問記なども必見。

また、活版印刷クロニクルや、ふろくの活字に採用した「秀英体」の歴史など、読み応えのある記事も収録しています。

 

▼楽天市場での購入はこちら


 

 

大人の科学マガジンとは…

2003年から学研から発売後、2009年以降は学研教育出版から発売されている、科学系雑誌および実験キットシリーズのシリーズ名。自分自身で組み立てる科学キットが「ふろく」となっており、科学キットのみの「大人の科学製品版」や、特別編集版なども刊行・販売されている。

「大人の科学マガジン」の付録開発を追ったドキュメンタリー映画「おとなのかがく」

「大人の科学マガジン」の付録づくりの裏側に迫ったドキュメンタリー映画「おとなのかがく」も2014年5月3日に公開されている。
映画では、風力で動く巨大オブジェを制作するオランダのアーティストであるテオ・ヤンセンの全長10メートルにもおよぶ作品を20センチにミニチュア化して付録化するまでの過程を取材。西村俊之編集長のもとで50点以上もの科学キットを開発してきた試作屋・永岡昌光が制作した試作品を日本・台湾・中国という3つの国の職人達により、付録として完成するまでを描く。


テオ・ヤンセンのミニビースト 

テオ・ヤンセンのミニビーストは「大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) 」として製品化された。

f:id:mojiru:20171121171150j:plain

f:id:mojiru:20171121171154j:plain

風を受けて歩く生命体をつくる!
風を受けて風車が回ると、何本もある脚をおもむろに動かしてゆっくりと歩く。オランダの芸術家テオ・ヤンセンが生み出した、自然の力で命を吹き込まれるキネティック・アートをふろくサイズで体験できます。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら


 

 

テオ・ヤンセン式二足歩行ロボット

f:id:mojiru:20171122163800j:plain

風の力で歩け!
オランダのアーティスト、テオ・ヤンセン氏が生み出した、風を食べて歩く生き物『ストランドビースト』。このリンク機構をアレンジした、風に向かってゆっくりと歩く、完全オリジナルの二足歩行ロボットです。

動力は風の力
プラモデルのように組み立てて、うちわで風車をあおぐだけで、風に向かって進みます。動力は風の力のみ。リンク機構と重心の移動による驚きの歩行を、ぜひ体験してください。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン テオ・ヤンセン式二足歩行ロボット (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン テオ・ヤンセン式二足歩行ロボット (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

これまでの大人の科学マガジンの一部ご紹介

これまで発売されてきた大人の科学マガジンの中で、まだ電子書籍版ではなく、ふろく付きの書籍版として販売が行われいるものの一部を紹介する。ちなみに大人の科学マガジンは電子書籍(kindle)版も発売されているが、ふろくが付かないという罠がある。

カエデドローン

f:id:mojiru:20171121090828j:plain

カエデの種を模した全長25cm、重さ12gの単翼型ドローン。つばさが1枚で、ドローンそのものが回転しながら、ゆったりと安定して飛行する。赤外線コントローラが付属しており、上昇・下降、左右旋回、前進・後進、ホバリングまで、だれでも、かんたんに操縦することができる。

カエデドローンの特長

ドローン規制対象外。本体の重さはわずか12g。ドローン規制(本体重量200g以上)の対象外となるため、安心して飛行させることができる。

ジャイロ効果でかんたんホバリング
世界でもめずらしい、回転しながら飛行するタイプのドローンで、回転によるジャイロ効果で安定して浮上、ホバリングする。

回転しながら飛行するオリジナルの制御プログラム
磁気センサもジャイロセンサを使わずに、独自の制御技術で回転しながら方向を検知し移動する。

使いやすいジョイスティック型コントローラ
出力用のスロットルレバーと、ジョイスティックだけの操作なので、ドローンに初めて挑戦する人でもすぐに操縦することができる。

人にもモノにもやさしい安全設計
つばさはEPP(発泡ポリプロピレン)製。軽量で弾力性が高く、人やモノにぶつかってもうまく衝撃を吸収する。

本誌ではドローン大特集
いまさら聞けない、ドローンにまつわる最新トピックスをまとめた記事を掲載。

【カエデドローン仕様】
本体サイズ :250×180×25mm
連続飛行時間:約7分 *1
充電時間 :約30分×2回でフル充電 *2
飛行場所 :屋内
操作距離 :屋内約5m
使用電池 :本体 充電式リチウムポリマー電池(内蔵式)
充電機能つきコントローラ 単4アルカリ乾電池4本(別売)

*1 飛行時間は目安です。充電量や使用状況によって変わります。
*2 充電開始約30分経過後、もしくは満充電されると、安全のため自動的に充電はストップします。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン カエデドローン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン カエデドローン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら 


 

 

トルネード加湿器

f:id:mojiru:20171121090916j:plain

竜巻をつくって楽しむ卓上USB加湿器!

ミストがつくる美しい竜巻をLEDできれいに照らすインテリア。右巻きや左巻き、おだやかだったり激しかったり、一瞬で変化していく竜巻があなたのデスクまわりをやさしく加湿してくれる。

本誌は気象のことがよくわかる大特集。
高校生ふろくアイデアコンテスト大賞受賞作品。

トルネード加湿器の特長

1.竜巻発生装置
空気の流れを調節してミストの竜巻を発生させる。

2.LEDインテリアライト
竜巻をくっきり映すホワイトモードと幻想的なカラーモードが楽しめる。

3.超音波式ミスト
ミストが熱くならずやけどをしないので、デスクまわりで使っても安心。

4.かんたん操作
スイッチを押せばすぐに作動。ダイヤルで竜巻の形を変えられる。

5.オートパワーオフ機能
30分で自動的に停止する安心設計。

6.USB電源
デスクまわりで便利なUSB。もちろんケーブルが付属。

▼Amazonでの購入はこちら 

大人の科学マガジン トルネード加湿器 (Gakken Mook)

大人の科学マガジン トルネード加湿器 (Gakken Mook)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら 


 

 

エレクトリック・スチールドラム

f:id:mojiru:20171121091012j:plain

キュートな打楽器、超小型エレキ・スチールパン登場!

ドラム缶をたたいて作ったとは思えない、美しい音色のスチールパン。そのあこがれの楽器を小さくてキュートなふろくに! 付属のピックアップをつけると、エレキ・スチールドラムに変身! ピックアップからひろった振動を増幅し、トランスミッターでFM波にのせ、ラジオから音を出したり、アンプにつなげれば、エフェクターで音色を変えたりもできる。

エレクトリック・スチールドラムの特徴

(1)直径19cmのミニスチールパンは、そのままでもかわいらしいプリミティブな音色を奏でる。
(2)エレキバージョンにするとアバンギャルドな音質で楽しめる。
(3)2個ついているピックアップを、いろいろなものにつけるとエレキ・ドラムに変身。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン エレクトリック・スチールドラム (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン エレクトリック・スチールドラム (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

▼楽天市場での購入はこちら 


 

 

自動手書きマシン オートマ・テ

f:id:mojiru:20171121091109j:plain

まるで人の手のような動きで文字や絵をかきます!

明和電機と共同で開発した自動で文字を書くマシン。人の手の動きを再現し、なめらかな動きで文字を書く。一生懸命動くすがたもいじらしいナンセンスマシーンの動きを堪能あれ。

オートマ・テの特徴

(1)XYZ軸をあやつる3枚のカム円板がペンを持つテの動きを制御する。
(2)たったひとつのモーターで。すべての動きを制御する。
(3)オリジナルのカムが3枚付いている。
書家・紫舟「春の寿」/明和電機「サイン」/中村至男「ピース」
(4)筆ペンやサインペンなど、いろいろな筆記具が使える。
(5)アプリを使って、カムを自作することもできる。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン 自動手書きマシン オートマ・テ (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン 自動手書きマシン オートマ・テ (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

▼楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『大人の科学マガジン』自動手書きマシン オートマ・テ
価格:3780円(税込、送料別) (2017/11/21時点)


 

 

USB特撮カメラ 

f:id:mojiru:20171121091236j:plain

小さなものを大きく撮影できる動画カメラ!

パンフォーカスとマクロ撮影に対応した、音声つき動画と静止画が撮れるWEBカメラ。フィギュアやジオラマ、食べ物、生き物など、小さなものを原寸大のように大きく撮影できて、誰でも手軽に特撮体験できる。

特撮カメラの特徴

1.長い持ち手が付いているので、狭いところの撮影が得意!
2.カメラは上下にティルトする。
3.USBでパソコンにデータを転送する。
4.三脚穴付き。
5.ジオラマの中でも自由自在の小ささ、撮影距離0.1mm~、画角は55度。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン USB特撮カメラ (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン USB特撮カメラ (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

▼楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の科学マガジン(USB特撮カメラ) (Gakken mook)
価格:3780円(税込、送料無料) (2017/11/21時点)


 

 

パタパタ電波時計

f:id:mojiru:20171121091342j:plain

電波で正確な時を刻みます!

電波時計は、標準電波にのせられた日本標準時の情報をもとに時計合わせをする。表示をパタパタ時計にしてみると懐かしくも新しい、かわいくって賢い実用的な時計の組み立てキットになっている。

パタパタ電波時計の動くしくみ

1.電波に乗ってやってくる時刻の情報をアンテナで受け取り……
2.その時刻がマイコンに送られると……
3.パタパタ時計が動き出します。

ボタンを押しっぱなしにすると、パタパタを早送りする「パラパラマンガ」モードも搭載。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン パタパタ電波時計 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン パタパタ電波時計 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

▼楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の科学マガジンパタパタ電波時計
価格:3599円(税込、送料別) (2017/11/21時点)


 

 

 

デルタ・ツイスター

f:id:mojiru:20171121092806j:plain

歩く速さでゆっくり、羽ばたいて飛ぶよ!
人が歩く速さでゆっくりと飛び、いままでに見たことのない動きをする羽ばたき飛行機。取り替えパーツつきで、電動式とゴム動力式の2種が楽しめます。超小型モーターとキャパシタによる電動式とゴム動力式の2種類が取り替え可能で、充電器兼発射装置も付いている。

▼Amazonでの購入はこちら 

大人の科学マガジン デルタ・ツイスター (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン デルタ・ツイスター (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の科学マガジン デルタ・ツイスター
価格:3024円(税込、送料別) (2017/11/21時点)


 

 

卓上ロボット掃除機 

f:id:mojiru:20171121092954j:plain

机の上でクルクルお掃除!
電気的なセンサーをまったく使わず、モーターとギヤだけで、障害物と段差を感知し、自在に動き回って掃除する究極のメカニズムを体験できる卓上タイプのロボット掃除機。

▼Amazonでの購入はこちら 

大人の科学マガジンVol.33(卓上ロボット掃除機) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジンVol.33(卓上ロボット掃除機) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら 


 

 

 

テルミンmini

f:id:mojiru:20171121093112j:plain

世界最古の電子の調べを奏でよう!
1920年、ロシアの科学者レフ・テルミンによって発明された世界最古の電子楽器「テルミン」。楽器に触れずに空間にかざした手で音程を変える独特な演奏スタイル。

▼Amazonでの購入はこちら  

大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

Vツイン蒸気エンジン

f:id:mojiru:20171121172048j:plain

V形に配置した2本のシリンダーを持つ2気筒首振りタイプの蒸気エンジンモデル。アルコールランプに火を点け、ボイラーからの蒸気を確認したら始動。白く蒸気を吐き出しながら、勢いよく回る。熱エネルギーから運動エネルギーへの変換を体感できる。

▼Amazonでの購入はこちら   

大人の科学マガジン Vツイン蒸気エンジン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン Vツイン蒸気エンジン (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

ミニエレキギター 

f:id:mojiru:20171121172152j:plain

ギターを愛するみなさん! 待望の手作りエレキギターの誕生です!

弦長320ミリの超ショートスケールで、通常ギターの1弦から4弦を張って、同じチューニングで演奏できます。内蔵アンプ&スピーカーからの音は歪み系のサウンドで、外部アンプにつないだ場合はノーマルなクリアトーンでエレキを堪能できます。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン Vol.26(ミニエレキギター) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン Vol.26(ミニエレキギター) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

▼楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人の科学マガジン VoL.26 ミニエレキギター(1冊)【送料無料】
価格:3780円(税込、送料無料) (2017/11/21時点)


 

 

AKARI折り紙

f:id:mojiru:20171122163918j:plain

f:id:mojiru:20171122163923j:plain

LEDの光を折り紙で包みました!
光のアーティスト森脇裕之さんと、折り紙作家川村みゆきさんのコラボレーションで生まれたルームライトがふろくです。光源には3色LEDを使い、マニュアルで好きな色に調整することもできるし、オートモードで自動で変わる色を楽しむこともできます。
ランプシェードは2種類の折り紙を用意しました。正方形の6枚の用紙でできる「チェッカーランタン」は立方八面体。長方形の用紙30枚からできるチェッカーランタン」は二十・十二面体。いずれも折り筋付きの専用用紙を使います。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジンVol.29(AKARI折り紙) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジンVol.29(AKARI折り紙) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

電子ブロックmini

f:id:mojiru:20171122164206j:plain

ラジオやアンプ、うそ発見機など50種類の回路が組めます!
1970年代から80年代にかけて、電子工作大好き少年の定番アイテムだった「電子ブロック」。電子パーツが小さなブロックの中に入っていて、そのブロックを並べるだけで、いろいろな電子回路ができます。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

歌うキーボード ポケット・ミク

f:id:mojiru:20171128145151j:plainミクの声で演奏できる! はじめてのボーカル・キーボード
人の歌声を演奏する、これまでにないまったく新しい音楽ガジェット。歌声を楽器化する心臓部にはヤマハ株式会社が開発した eVocaloid 対応音源 LSI “NSX-1" を搭載。流れてくる歌声には、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の展開するバーチャル・シンガー『初音ミク』の音声データを使用している。『歌うキーボード ポケット・ミク』があれば、いつでも、どこででも、あなたの手で『初音ミク』を歌わせることができます。

3つのモードで演奏できます
演奏方法は、カーボン素材で印刷されたキーボード(鍵盤)に、スタイラス(タッチペン)で触れるだけと簡単です。ビブラートやオクターブの上下機能を駆使して、表情豊かに歌わせましょう。

1.「ドレミファ?」と音階で歌う「ドレミ」モード
基本設定では、キーボードに合わせた「ドレミファソラシ」の音階・音声で歌う設定となっております。 電源を入れ、キーボードを「ドレミ」とタッチすれば、内蔵スピーカーから「ドレミ」と『初音ミク』の歌声が響きます。
2.「あ?お」の母音で歌う「あいうえお」モード
コントロール・ボタンの「1 ~ 5」を押すと、「あ~お」の母音で歌わせることができます。
3.あらかじめ用意された歌詞で歌う「プリセット」モード
あらかじめ用意された歌詞で歌う「プリセット」モードで歌詞を選べば、誰もが知っている歌を歌わせることが可能です。

▼Amazonでの購入はこちら

歌うキーボード ポケット・ミク (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

歌うキーボード ポケット・ミク (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

円筒レコード式エジソン蓄音機

f:id:mojiru:20171128145701j:plain

ロウソクに音を録音・再生することができる!
かつてエジソンが発明した蓄音機にならって、ロウを録音媒体(レコード)として、そこに音の波を縦振動で刻み、本物のエジソンの蓄音機に近い装置として復活させました。ぜひ懐かしいアナログな音を体験してみてください。

▼Amazonでの購入はこちら

大人の科学マガジン 円筒レコード式エジソン蓄音機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

大人の科学マガジン 円筒レコード式エジソン蓄音機 (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

 

 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー