mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

活版TOKYO2019、Design Scramble 2019ともじFes.コラボ

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190826082019j:plain

筑紫書体の書体デザイナー・藤田重信氏や大原大次郎氏ら登壇する「活版TOKYO2019」「Design Scramble 2019」がこの秋開催の「もじFes.」がコラボ企画を開催

Camp Inc.とフォントワークスが協同開催する文字のフェスティバル「もじFes.」と「活版TOKYO2019」(8月30日~9月1日)、「Design Scramble 2019」(10月12日~13日)がコラボレーション企画を開催することを発表した。

「活版TOKYO」では、筑紫書体の見本カードを活版印刷でつくるワークショップや、活版文字とデジタルフォントについてフォントのプロフェッショナルが語るトークセッションを実施。また「Design Scramble」では、2部構成で文字とデザインについて学べる、フォントデザイナーや編集者によるトークイベントを開催される。

もじFes.

2019年11月16日?17日に開催される、私たちの日常に潜むたくさんの「文字」を、モノや音楽、食など「文字と◯◯」をテーマにさまざまな入り口から体験する、大人から子どもまでみんなに開かれたフェスティバル。展示・ワークショップ・ライブ・トークセッション・フード&ドリンク・AR体験など、文字とデザインの楽しい世界をからだいっぱいに味わう、刺激的なプログラムを用意されている。

▼「もじFes.」紹介記事

www.mojiru.com

 

【8/30~9/1】活版印刷の祭典「活版TOKYO」:展示・トーク・ワークショップ

f:id:mojiru:20190826082618j:plain

2010年東京TDC賞、2017年度グッドデザイン賞を受賞した筑紫書体は、デジタルフォントなのにインクや紙を感じさせる風合いが美しい書体。「空気のような存在感のない明朝体」が多い中で、「あたたかみ」や「郷愁感」を感じさせる筑紫書体は、そのフォルムの美しさからどんな媒体にも馴染みがよい書体となる。筑紫書体が表現するアナログな美しさを、活版印刷を通じて存分に味わえるワークショップが開催される。

9月1日には、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演した筑紫書体シリーズの生みの親、藤田重信氏(フォントワークス)と、「フォントおじさん」の愛称で親しまれるWebフォント「FONTPLUS」のエバンジェリスト関口浩之氏(ソフトバンク・テクノロジー)によるトークセッションも開催。スピーカーとの距離も近く、気軽に質問もできるカジュアルなセッションが楽しめる。

▼登壇者プロフィール
藤田重信(書体デザイナー)Profile

f:id:mojiru:20190826082811j:plain

1957年、福岡県生まれ。筑陽学園高校デザイン科卒。
1975年、写真植字機の株式会社写研文字デザイン部門に入社、
1998年、フォントワークス株式会社に入社し筑紫書体ほか数多くの書体開発をする。
2016年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。
2010東京TDC賞を受賞。東京TDC賞2018 タイプデザイン賞を受賞。
▼Twitter:@Tsukushi55

fontworks.co.jp

▼「筑紫書体」紹介記事

www.mojiru.com

 

◯関口 浩之(Webフォント エバンジェリスト)Profile

f:id:mojiru:20190826082953j:plain

1980年代に日本語DTPシステムやプリンタの製品企画に従事した後、1995年にソフトバンク技研(現 ソフトバンク・テクノロジー)へ入社。Yahoo! JAPANの立ち上げなど、この20年間、数々の新規事業プロジェクトに従事。
現在、Webフォントサービス「FONTPLUS」のエバンジェリストとして日本全国を飛び回っている。Web担当者Forum、マイナビ IT Search+、日刊デジタルクリエイターズ、Schoo等のオンラインメディアにて文字やフォントに関する連載記事や授業などに多数出演。CSS Niteベスト・セッション2017にて「ベスト10セッション」「ベスト・キャラ」、CSS Niteベスト・セッション2018にて「ベスト10セッション」を受賞。 フォントとデザインをテーマとした「FONTPLUS DAYセミナー」を主宰。

▼Twitter:@HiroGateJP

www.facebook.com

 

「活版TOKYO 2019」イベント概要

▼日時
・8月30日(金)12:00~19:00/8月31日
・9月1日(土・日)11:00~17:00

▼会場
展示|神保町三井ビルディング1F エントランス(東京都千代田区神田神保町1-105)
トークセッション(14:00?15:00)|テラススクエア 1F,2F(東京都千代田区神田錦町3-22)

▼参加申し込み

kappantokyo2019-talk02.peatix.com

 

▼公式サイト

kappan.tokyo


【10/12~13】渋谷を舞台にしたクリエイター・デザイナーのためのデザインフェスティバル「Design Scramble」:トークイベント

f:id:mojiru:20190826082103p:plain

2018年にスタートした、渋谷を舞台に活躍するクリエイター・デザイナーが集うデザインフェスティバル「Design Scramble(デザインスクランブル)」に、「もじFes.」もトークイベントで参加する。

登壇するのは、文字をモチーフに言葉や文字の知覚を探る多くのプロジェクトを展開するアートディレクターの大原大次郎氏、標識や駅看板などに使われる「たづがねR角ゴシック」を設計したほか、オリジナル書体のベンダーや装丁家としても活動する山田和寛氏、欧文書体を紹介するWebサイト「TypeCache」を運営するほか『Typography』誌などで連載をもつakira1975氏、そして、写植時代から文字に携わり筑紫書体シリーズほか多くの書体をデザインしてきた書体デザイナーの藤田重信氏。

ファシリテーターには、数々のデザイン誌の編集長を務めてきた宮後優子氏をお招きし、「文字とタイポグラフィ」をテーマにそれぞれの哲学や美学、実際の制作現場の裏話などをディスカッションします。 フォント、タイポグラフィ、グラフィック……文字とデザインの関係性に関心のあるデザイナーやクリエイターはもちろん、個人でZINEの制作やデザインを学んでいる方も楽しめるイベント。

【第1部】10月13日(日)13:00~15:00

フォントワークスの書体デザイナー藤田重信氏による書体制作の解説とともに、文字設計における美しさとフィソロフィーをお話しします。
(登壇者)藤田重信氏 (ファシリテーター)宮後優子氏

【第2部】10月13日(日)17:00~19:00

「文字」を中心としたデザイン・制作などのシーンでご活躍の豪華ゲスト陣の活動を振り返りながら、タイポグラフィにかける想いや哲学について語ります。
(登壇者)大原大次郎氏、山田和寛氏、akira1975氏 (ファシリテーター)宮後優子氏

▼登壇者プロフィール

藤田重信(書体デザイナー)Profile

f:id:mojiru:20190826082811j:plain

1998年、フォントワークス株式会社に入社し筑紫書体ほか数多くの書体開発をする。2016年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。2010東京TDC賞を受賞。東京TDC賞2018 タイプデザイン賞を受賞。

fontworks.co.jp


大原大次郎(グラフィックデザイナー)Profile

f:id:mojiru:20190826083042j:plain

言葉や文字の知覚を探るプロジェクトを多数展開するグラフィックデザイナー。近年のプロジェクトには、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉、ホンマタカシによる山岳写真と登山図を再構築した連作〈稜線〉、音楽家・蓮沼執太、ラッパー・イルリメと共に構成する音声記述パフォーマンス〈TypogRAPy〉などがある。

oharadaijiro.com

 


山田 和寛(デザイナー[nipponia])Profile

f:id:mojiru:20190826083057p:plain

松田行正率いるマツダオフィス/牛若丸でブックデザインを学んだ後、Monotypeで「たづがね角ゴシック」を設計。2017年にデザインスタジオnipponiaを立ち上げ独立。書籍の装丁を軸に文字デザイン、グラフィックデザイン等の仕事をしている。

www.nipponia.in

▼「たづがね角ゴシック」紹介記事

www.mojiru.com


akira1975(タイプキュレーター[TypeCache])Profile

f:id:mojiru:20190826083116p:plain

出版社勤務のかたわら、フォント販売サイト、MyFonts.comのフォーラム、WTF Forumなどで、フォントIDをしている。WTF Forumのモデレーターの一人。欧文書体を紹介するウェブサイト「TypeCache」を共同運営。「Typography」誌で連載を執筆。

twitter.com

 


宮後 優子(編集者 [Book&Design])Profile

f:id:mojiru:20190826083133j:plain

編集者、Book&Design代表。1997年よりデザイン雑誌、書籍の編集を始め、デザイン専門誌『デザインの現場』編集長、文字デザイン専門誌『Typography』創刊編集長を経て、2018年に個人出版社・ギャラリー「Book&Design」を設立。

book-design.jp

 

「Design Scramble 2019」内開催トーク「文字とタイポグラフィ」概要

▼日時
10月13日(日)第1部13:00~15:00/第2部17:00?19:00

▼会場
渋谷ヒカリエ MADO(東京都渋谷区渋谷2-21-1 8F)
※「もじFes.」以外のイベントを含む「Design Scramble」全体の企画は、渋谷ストリーム、他各参加企業オフィスでも開催される。

▼参加申し込み

designscramble2019ticket.peatix.com

 

▼公式サイト

designscramble.jp

 

「もじFes.」紹介記事

www.mojiru.com

 

「筑紫書体」紹介記事

www.mojiru.com

 

「たづがね角ゴシック」紹介記事

www.mojiru.com

 

フォントワークス年間定額フォントサービス「フォントワークスLETS 1年コース (1台パック)」Amazonでの購入はこちら
フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

 

複数メーカーの高品位でバラエティ豊かなフォントがすべて使用できる年間定額制フォントサービスです。
・明朝、ゴシックなどスタンダードなものから、キャッチーなデザイン系書体まで幅広く多彩な書体が揃っています。
・日本語、欧文、ハングル、簡体字、繁体字、タイ、ヘブライ、アラビア、ヒンディなど様々な言語に対応しています。
・定額で、今後提供される新書体も含めて総てのフォントが使い放題です。
・コンテンツの多面的な展開に対応した明確な使用許諾内容で安心して使えます。 

フォントワークス年間定額フォントサービス 「フォントワークスLETS 3年コース (1台パック)」Amazonでの購入はこちら 
フォントワークスLETS 3年コース?(1台パック)

フォントワークスLETS 3年コース?(1台パック)

 
「フォントワークスジャパン ◆要お見積◆〔Win・Mac版〕 LETS 3年コース(4ヶ月)[LETS3Yコース4M] 【代金引換配送不可】【メーカー直送・代金引換不可・時間指定・返品不可】」楽天市場での購入はこちら

 

「フォントワークスジャパン LETSサポートプログラム 年会費3年コース R1-(6-10) 3年一括払[LETSネンカイヒ3Yコース] 【メーカー直送・代金引換不可・時間指定・返品不可】」楽天市場での購入はこちら 

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー