mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

「Fund of the Year 2018」に投票

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181105135315p:plain

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

f:id:mojiru:20181105161914p:plain

選挙には全く行っておらず、褒められる事は一切ない私ではあるが、家から投票できるので『投信ブロガーが選ぶ!「 Fund of the Year 2018」』に所有している「投資信託」が来年上がればという一筋の願望を込めて投票してみた。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」は、投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーが支持する投資信託を投票制で選挙するイベント。 

『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の投票期間は、2018年11月1日(木曜日)から11月30日(金曜日)までとなっている。

投票資格は、“投信ブロガー”であることが条件。2018年9月30日までにブログを開始していること。投信ブロガーか否かの判断は運営委員会が行われるので、このブログが投信ブログか否かは運営で判断されるかは分からない。

選考の対象として投票できる投資信託は、2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものをが大賞となる。

投票方法は、投票者一人について5ポイントを持ち点として、この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票できる。1つの投資信託について1ポイントの整数倍で投票。つまり、5ポイントを1つのファンドに集中させても良いし、1ポイントずつ5つの投資信託に分散して投票することもできる。

下記の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」ページから投票できる。

http://www.fundoftheyear.jp/2018/

投票結果は2019年1月13日(日)に開催される「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で発表されるとのこと。 

mojiruが「Fund of the Year 2018」で投票した投資信託銘柄その1「楽天・全米株式インデックス・ファンド」

9I312179:楽天投信投資顧問:楽天・全米株式インデックス・ファンド《楽天・バンガードF全米株》

1番手に「楽天投信投資顧問:楽天・全米株式インデックス・ファンド《楽天・バンガードF全米株》」を選択。

2018年のメインに据えた「ひふみプラス」の2番手として購入していた「楽天・全米株式インデックス・ファンド」。2018年、下落していった「ひふみプラス」を尻目に、こちらが踏みとどまってくれた感があった。

ひふみのダダ下がりに煮え湯を飲まされたが、持っている投資信託の中で、楽天・全米株式インデックス・ファンドがマイナスに転じなかったのが救い。トランプの言動や世界情勢で浮き沈みが激しい市場であるが、2018年中盤から自分はメインとして購入している。

なんだかんだアメリカの経済は強いし、「DA PUMP / USA」もヒットしてアゲアゲ機運というた事で、2019年も全米株式インデックス・ファンドは、どっちかの銘柄が下がれば上がれ!と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の2等軸作戦で引き続き購入していくつもりだ。

 

mojiruが「Fund of the Year 2018」で投票した投資信託銘柄その2「eMAXIS バランス(8資産均等型)」

0331111A:三菱UFJ国際投信:eMAXIS バランス(8資産均等型)

2番手に「三菱UFJ国際投信:eMAXIS バランス(8資産均等型)」を選択。「ひふみプラス」のダダ下がりに恐怖を感じて、2018年は途中から「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS バランス(8資産均等型)」にした。今のところ、可もなく不可もないが、抑えとして購入している。 

mojiruが「Fund of the Year 2018」で投票した投資信託銘柄その2「ひふみプラス」

9C311125:レオス・キャピタルワークス:ひふみプラス

「ひふみプラス」を選択。飛ぶ鳥を落とす勢いを感じて「ひふみプラス」を2018年のつみたてNISAで当初、メインに据えて展開してしまったのが私の間違いだった…。日経平均のアップダウン(主にダウン)に揺さぶられて、ガンガン下がっていった。

塩漬けしている「ひふみプラス」の2019年の巻き返しを期待してポイントを入れた。 

「つみたてNISA」紹介記事

www.mojiru.com

 

7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本

f:id:mojiru:20181105132939j:plain

株勉強.com代表 梶田洋平氏著書による「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」はソーテック社から2018年10月19日に発売。

 

f:id:mojiru:20181105132942j:plain

f:id:mojiru:20181105132945j:plain

f:id:mojiru:20181105132948j:plain

f:id:mojiru:20181105132951j:plain

f:id:mojiru:20181105132954j:plain

f:id:mojiru:20181105133000j:plain

▼「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」Amazonでの購入はこちら 

7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本

7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本

 

これまで普通預金しか、したことないし……」
「お恥ずかしながら、投資ってどんなものかもよくわかってません…」

こんな超初心者のはじめての投資には「投資信託」がおすすめです!
興味はあるけど難しそうで躊躇していた人や、一度チャレンジしてみたけど挫折してしまった人のために、極力難しい言葉は使わずに、会話形式で「ゆっくり」「やさしく」解説しました。


■投資信託なら…
・月1000円から貯金代わりにはじめられる!
・しっかり選んで寝かせておくだけで、お金が増えるしくみを作ることができる。
・若い人~お年寄りまでみんなにおすすめ!
・しくみさえしっかり理解しておけば、難しい運営はプロがやってくれる!
・今からでも遅くない。老後資金を作ることだって可能!

■とはいえ「ド素人」では失敗してしまいます
投資信託のしくみと儲け方の知識を付けないまま投資して、失敗してしまった人もたくさんいます。

■儲けるために必要なことは…
投資信託のしくみと投資信託の特徴をしっかり勉強して、どの投資信託が損するのか、知ること!

本書なら「負けない投資信託」「資産を増やせる投資信託」を見極める力を身につけることができます。

梶田洋平Profile●慶応義塾大学卒業後、みずほインベスターズ証券株式会社(現みずほ証券株式会社)入社。テクニカルアナリスト試験に合格するなど、株式投資の魅力にのめり込む。支店内では株式営業担当として株式営業に関する指示を出す立場として活躍するほか、企業オーナーなどの富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。社長賞受賞。金融教育の必要性を感じ、退社後に株勉強.com等のサイトを立ち上げる。Webセミナーや執筆などを通して金融リテラシーを高めるための活動を行い、特に株の初心者から「分かりやすい」と好評を得る。2級ファイナンシャルプランニング技能士資格保有(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

▼「7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本」楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

7日でマスター 投資信託がおもしろいくらいわかる本 [ 株勉強.com代表 梶田洋平 ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2018/11/5時点)

楽天で購入

 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー