mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

菅原文太の不死身さが不気味/太陽を盗んだ男

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190215163040j:plain

太陽を盗んだ男 

[オススメ度]

★★★★★

 

主演を演じたジュリーのカッコよさとジュリーを執拗に追いかける刑事・菅原文太の不死身っぷりに目を見張る傑作クライムアクション。 

「太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION [DVD]」Amazonでの購入はこちら 
太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION [DVD]

太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION [DVD]

 

アナーキーでスタイリッシュな犯罪娯楽映画。ゴジこと長谷川和彦監督が22年前に撮った伝説の映画が、これまでのビデオやLDとは比べものにならないほどの美しい画面と5.1chサラウンドで甦った。原爆を作った中学校の教師が、日本政府にナイターの完全中継とローリング・ストーンズの来日を要求する。本編がおもしろいのは言うまでもないが、本編を超える156分もの特典映像は圧巻。ゴジをはじめスタッフの証言で構成されたメイキングはゴジ本人の監修によるもので、製作中に困難を極めた映画だけに、関係者には申し訳ないがメチャクチャおもしろい。ゴジも観ながら「こいつにもう1本映画撮らせてやりたかったなぁ」と、自分のことなのについ目頭を熱くさせてしまったほどの出来だ。一度でも『太陽~』を観た人は必見の内容。そして永瀬正敏&樋口真嗣との対談、上田正樹によるロケ地探訪、ゴジが録画していた『11PM』の『太陽~』特集など秘蔵映像も収録され、もう何も言うことはない。あとはゴジの新作を待つだけだ! (竹之内円) --- 2001年11月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

製作: 山本又一朗 監督・脚本: 長谷川和彦 原案・脚本: レナード・シュレイダー 撮影: 鈴木達夫 音楽: 井上堯之 出演: 沢田研二/菅原文太/池上季実子/北村和夫/神山繁/佐藤慶/伊藤雄之助/風間杜夫/小松方正/西田敏行/水谷豊
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー