mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

フォントワークスがWOVN.io で製品・フォント情報を英語化

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20210217171946p:plain

フォントワークスが製品・フォント情報の海外向け発信を目的にWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」による製品・フォント情報の英語化を開始

フォントワークスは製品・フォント情報の海外向け発信を目的に、2020年12月からWovn Technologiesが提供するWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を導入しての英語サイト運用を開始した。

WOVN.io とは

WOVN.ioは、「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Web サイトを最大43言語・76のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューション。大手企業をはじめ18,000サイト以上に導入されている。既存の Web サイトに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現できる。

 

フォントワークスWebサイトへの多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」導入の背景・経緯

フォントワークスは、日本語サイトと並んで、英語サイトを運用し、日本語フォントの情報を探す海外のデザイナーや海外の企業担当者などに向けた情報の発信を行っていたものの、翻訳や更新の工数がかかるため、英語サイトの更新頻度が日本語サイトに比べて低く、また掲載している情報も企業概要や製品の基本的な情報のみにとどまっていたが、次第に SNS などでフォントワークスのフォントが海外で注目されるようになり、Web サイトが紹介される機会も増える中、企業情報だけでなく、製品・フォントの情報も英語でしっかりと伝えていきたいという考えから、サイト運用の工数を削減しつつも情報の更新性も担保される WOVN.io を導入し、英語サイトの運用に至った。


導入によりフォントワークス書体見本ページも英語化したことでサイト訪問者は4倍に増加 !

f:id:mojiru:20210217172039p:plain

フォントワークスの Web サイトは2020年12月に書体見本の各詳細ページもすべて英語対応して以降、英語サイト訪問者数は昨年対比で4倍と大幅に増加。

 

今後のフォントワークスの Web サイトの多言語に関する展望

フォントワークスサイトでは、中国語圏からのサイト訪問者数も多くあるため、今後は中国語の対応も検討しているとのこと。

世界各地の言語・文字「多言語フォント」紹介記事

www.mojiru.com

「中国語フォント:簡体字フォント・繁体字フォント紹介記事

www.mojiru.com

©mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー