mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

松本大洋による装画!児童文学作家・角野栄子エッセイ集

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190919085129j:plain

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

KADOKAWAは2019年9月26日(木)に『魔女の宅急便』の著者である角野栄子氏待望のエッセイ集『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』を発売した。

装画は、『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『Sunny』をはじめ独自の画風と世界観で読者を魅了する漫画家・松本大洋氏が担当。角野氏のイメージカラーである「いちご色」、そして、魔女の使いといわれる「黒猫」をあしらった、柔らかくも印象的な一枚に仕上がっている。

角野栄子Profile

f:id:mojiru:20190919085142j:plain

東京・深川生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て24歳からブラジルに2年滞在。その体験を元に描いた『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』で、1970年作家デビュー。代表作『魔女の宅急便』は舞台化、アニメーション・実写映画化された。産経児童出版文化賞、野間児童文学賞、小学館文学賞等受賞多数。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。2016年『トンネルの森 1945』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、18年3月に児童書の「小さなノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞作家賞を、日本人3人目として受賞。

『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』について

子どもから大人まで愛されている『魔女の宅急便』の著者である角野栄子氏は今年で84歳。昨年には児童書のノーベル賞といわれる「国際アンデルセン賞 作家賞」も受賞された。その感性は実母と死に別れた5歳の頃からはぐくまれたもので、生前、洗濯する母の背中にもたれて感じたぬくもり、父のあぐらの中で聞いたオノマトペ、ブラジルで出会った赤毛の魔女、「普通のおかあさんになってよ」と娘からいわれた日、江戸川の土手に住む家なしのハーちゃん、紀伊國屋書店本店の喫茶室で見たフランス帰りの岡本太郎。昭和から令和までの懐かしく切ない思い出の数々が綴られる、角野栄子氏の人生を一気に読める、待望のエッセイ集となっている。

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出章構成

第一章 父母娘
第二章 魔女
第三章 旅
第四章 なつかしい日々
第五章 本とことば 国際アンデルセン賞 作家賞受賞スピーチ
あとがき

『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』Amazonでの購入はこちら
「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

 

84歳の今も、私は現在進行形!「魔女の宅急便」の著者、待望のエッセイ集

洗濯する背中にもたれて感じたぬくもりは死別した母のたいせつな記憶、毎晩兄弟で取り合った父のあぐら、そこできいたオノマトペをまとう物語、ブラジルで出会った赤毛の魔女、「普通のおかあさんになってよ」と娘からいわれた日、昭和・江戸川の土手に住みついていた浮浪者のハーちゃん、紀伊國屋書店本店の喫茶室で見たフランス帰りの岡本太郎……。
喜びだけでなく、悲しみも人に力を与えてくれる。みんな、私を作った「集まっちゃった思い出」。
50年の作家生活で各紙・誌へ寄稿してきた中から選んだ、珠玉のエッセイ集! 

『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出(Kindle版)』Amazonでの購入はこちら 
「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 (角川書店単行本)

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 (角川書店単行本)

 
『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 [ 角野 栄子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/9/19時点)

楽天で購入

 

 

「角野栄子の世界」紹介記事

www.mojiru.com

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー