mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

横浜のアート新名所で「角野栄子の世界」展が開催中

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190920085355j:plain

角野栄子の世界

ポプラ社から刊行されている角野栄子氏のロングセラー代表作「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」の関連展示も登場する「角野栄子の世界」展が横浜の新高島駅地下に新たに登場したBankART Station にて2019年9月13日(金)から開催されており、広松木工家具個展と同時開催の企画展になっている。

f:id:mojiru:20190920085439j:plain

横浜の新高島駅地下に新たに登場したBankART Station にて開催される広松木工家具個展との同時開催で「角野栄子の世界」展が入場無料でスタートしている。2019年で40周年を迎えた「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」からの展示も登場。オープニングイベントには角野栄子氏が登場し、山口県下関市の子どもの本の専門店「子どもの広場」を主宰する横山眞佐子氏とのトークセッションが行わた。角野栄子氏の本が読み放題のコーナーや、角野栄子氏がプロデュースに参加した本棚なども展示されている。

f:id:mojiru:20190920085444j:plain

▼アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ40周年

www.poplar.co.jp

 

▼「角野栄子の世界」展紹介

www.poplar.co.jp

 

▼広松木工家具個展 in 横浜2019

hiromatsuworks.petit.cc



「角野栄子の世界」展(入場無料)概要

f:id:mojiru:20190920085422j:plain

世界中の子どもの本の作家の中で選ばれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞された「魔女の宅急便」の作者である角野栄子氏。「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」からは、レストラン・ヒバリで小さなおばけのアッチが作る、少し不思議なお料理がアートになって登場。作品ができるまでや作家自身の暮らしぶりを見ることによって、もう一度作品を読みかえしたくなる展覧会になっている。

▼会期
2019年 9月13日(金) ~ 9月23日(月)11:00~19:00
最終日は17:00まで

▼入場料
無料

▼会場
BankART Station

www.bankart1929.com

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい5-1新高島駅地下1F
施設専用の駐車場はなし

▼主催・問い合わせ
広松木工株式会社 TEL:0944(87)5911

9/14 sat 13:30~ オープニングトーク
角野栄子氏 「私の中のこども」 聞き手:横山眞佐子氏

下関の児童書専門店「こどもの広場」を40年続けている横山氏が、長年の友人として、角野栄子氏の子ども時代から作品をつくる時のヒミツまで、ねほりはほり。


角野栄子さんとつくった「私の本棚」

心のなかの本棚が自分自身の辞書を作る
ほんとうに大切な本は、きっと30冊ぐらい。そんなトクベツな本を入れておく、
ちいさな本棚があったらいい――。
角野栄子エブリデイマジック コロナ・ブックスより

こどもの広場 in よこはま 

いつもは下関市にある「子どもの広場」さんが広松木工個展会場に登場!期間中は、角野栄子氏の新作をはじめ、絵本や読み物エッセイなどを販売。角野栄子氏の本が自由に読めるコーナーもある。

kodomonohiroba.co.jp



「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」

1979年に『スパゲッティがたべたいよう』でスタートした「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズは、魅力的なキャラクターと自由な発想のストーリーで、子どもたちの大きな支持を集めた。親から子へと世代を超えて読み継がれている。2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した児童文学作家・角野栄子氏のライフワークとして毎年新刊が発表され、幼年童話のロングセラー・シリーズとしてファンを増やし続けている。

▼アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ40周年

www.poplar.co.jp

 

最新刊「アッチとドッチのフルーツポンチ」

f:id:mojiru:20190920085446j:plain

アッチがフルーツポンチを作っているあいだに、小さなおばけのドッチがいなくなってしまいました。アッチがさがすと……?

「アッチとドッチのフルーツポンチ」Amazonでの購入はこちら
アッチとドッチのフルーツポンチ: アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ41

アッチとドッチのフルーツポンチ: アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ41

 
「アッチとドッチのフルーツポンチ」楽天市場での購入はこちら

 

角野栄子氏エッセイ集『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』紹介記事

www.mojiru.com

『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』Amazonでの購入はこちら
「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

 

84歳の今も、私は現在進行形!「魔女の宅急便」の著者、待望のエッセイ集

洗濯する背中にもたれて感じたぬくもりは死別した母のたいせつな記憶、毎晩兄弟で取り合った父のあぐら、そこできいたオノマトペをまとう物語、ブラジルで出会った赤毛の魔女、「普通のおかあさんになってよ」と娘からいわれた日、昭和・江戸川の土手に住みついていた浮浪者のハーちゃん、紀伊國屋書店本店の喫茶室で見たフランス帰りの岡本太郎……。
喜びだけでなく、悲しみも人に力を与えてくれる。みんな、私を作った「集まっちゃった思い出」。
50年の作家生活で各紙・誌へ寄稿してきた中から選んだ、珠玉のエッセイ集! 

『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出(Kindle版)』Amazonでの購入はこちら 
「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 (角川書店単行本)

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 (角川書店単行本)

 
『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 [ 角野 栄子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/9/19時点)

楽天で購入

 

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー