mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

はじめての一人読みにぴったり「まじょかもしれない?」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20191029081030j:plain

まじょかもしれない?

岩崎書店は児童文学作家・服部千春氏待望の新作となる、小学1年生からの読み物デビューにオススメの幼年童話の「まじょかもしれない?」を2019年10月15日に発売した。
絵を担当しているのは、かとうようこ氏。

f:id:mojiru:20191029081059j:plain

作:服部千春Profile●京都府綾部市に生まれる。京都市在住。『さらば、シッコザウルス』でカネボウミセス童話大賞の優秀賞を受賞。2002年『グッバイ! グランパ』で福島正実記念SF童話賞の大賞受賞。著書に「四年一組ミラクル教室」「ここは京まち、不思議まち」「トキメキ?図書館」シリーズ、『たまたま たまちゃん』(講談社/青い鳥文庫)『さらば、シッコザウルス』『まいごのまいごのゴンザレス』『うまれたよペットントン』(岩崎書店)などがある。

絵:かとうようこProfile●山梨県生まれ、東京都育ち。主な絵本作品に『みてみて!』(ポプラ社)、『でっかいたまごとちっちゃいたまご』『びゅーん』(WAVE出版)、『みんなでんしゃ』他の「あかいでんしゃ」シリーズ、『パンのふわふわちゃっん』(ひさかたチャイルド)、『チェリーひめのかくれんぼ』(教育画劇)などがある。絵本制作を中心に、カレンダーやキャラクター制作も手がける。


「まじょかもしれない?」ストーリー

f:id:mojiru:20191029081108j:plain

f:id:mojiru:20191029081103j:plain

 

ナナちゃんは小学校1年生。おむかいの家で一人暮らしの元気なおばあちゃん、モモコさんと仲良し。

前歯が2本ないモモコさんは、自分は300歳の「まじょ」だという。
ほんとかな? と思いつつ、ナナちゃんは「ちょっとかっこいい」と思っている。
ナナちゃんは、モモコさんにきょうみしんしん。

ある日、近所の「サイトーさん」が引っ越してしまい、黒い飼い犬が取り残されてしまった。
モモコさんは、黒い犬を家に入れて餌をやり始めるが…。

おばあちゃんとナナちゃんの、心あたたまるストーリー。

はじめての一人読みにもぴったり! 読書好きになる工夫満載の「まじょかもしれない?」

・大きな文字、短い文章、総ルビだから、小学1年生から読める
・心温まる物語で定評のある児童文学作家・服部千春さんの新作
・全ページに人気画家・かとうようこさんのイラスト入り
・絵本に近い構成だから、読み聞かせでも、一人読みでも楽しめる
・絵本から読みものへ、読み聞かせから一人読みへの、ステップアップに最適
・1冊72ページ、低学年でも無理なく読み切れるボリューム
・読書感想文にもピッタリ!

小学1年生の子どもから見たおばあさんは、まさに魔女。前歯は2本ないし、ドクダミのお茶をつくっているし、そこに黒猫ならぬ黒い犬が加わって、モモコさんにだけなついる。「モモコさんって、本当に魔女だったのね」とナナちゃんは思いを深めてゆく。

小学生の女の子の空想と、おばあさんのお茶目な作り話が、やさしく交差しつつ展開する物語。子どもとお年寄りの交流が心温まる文章と優しい絵で描かれ、おかしくて、ほんわかして、ちょっとほろっとくる、年の離れた二人の友情のストーリーになっており、小学校低学年からの、読み物デビューにオススメの一冊になっている。

「まじょかもしれない?」Amazonでの購入はこちら
まじょかもしれない? (おはなしトントン)

まじょかもしれない? (おはなしトントン)

 
「まじょかもしれない?」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まじょかもしれない? [ 服部千春 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/10/29時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー