mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

再エネ推進と電力ネットワークの変化を読み解いた一冊

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200903083241j:plain

日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、山家公雄氏著書による、急激に変化する再エネ推進と電力ネットワークの変化を読み解いた一冊「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」を発売した。


山家公雄Profile●エネルギー戦略研究所(株)取締役研究所長、京都大学大学院経済学研究科特任教授、豊田合成(株)取締役、山形県総合エネルギーアドバイザー。
1956年山形県生まれ。1980年東京大学経済学部卒業後、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。電力、物流、鉄鋼、食品業界などの担当を経て、環境・エネルギー部次長、調査部審議役などに就任。融資、調査、海外業務などの経験から、政策的、国際的およびプロジェクト的な視点から総合的に環境・エネルギー政策を注視し続けてきた。2009年からエネルギー戦略研究所所長。
主な著作として、「日本の電力改革・再エネ主力化をどう実現する」、「テキサスに学ぶ驚異の電力システム」、「送電線空容量ゼロ問題」、「「第5次エネルギー基本計画」を読み解く」(インプレスR&D)、「アメリカの電力革命」、「日本海風力開発構想―風を使い地域を切り拓く」、「再生可能エネルギーの真実」、「ドイツエネルギー変革の真実」(エネルギーフォーラム)、「オバマのグリーン・ニューディール」(日本経済新聞出版社)など。

 

「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」発行主旨・内容紹介

再生可能エネルギーの大規模導入、電力自由化など、欧米を中心とする世界では電力をめぐる大きな変革・革新が続いており、日本も10年近い遅れながら、再生可能エネルギーの普及、電力自由化が進展しつつある。
このなかで地味ながら非常に重要なのが、電力ネットワークの整備、改革となる。
再エネの大規模開発、老朽化設備の更新、分散型システムの構築、ICT等の技術革新への対応などを背景に、遅れていた日本でも電力ネットワーク・送配電網の革新に向けた取り組みが始まっているが、電力ネットワークの運用・整備に係るルールは、旧来の電力システムに最適化されており、新たな時代に対応した変革が動き出すまで、大きな時間がかかった。
「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」では、電力ネットワークの変革・革新に関わる「事件」を追いながら、その意義と課題、そして現在進行で激変しつつある日本の電力ネットワークの将来のあるべき姿を解説している。「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されている。

 

▼「第1章 次世代電力ネットワークとは(その1):接続・運用・整備のルール改正」より

f:id:mojiru:20200903083619j:plain


▼「第3章 次世代電力ネットワークとは(その3):分散型システムとレジリエンス」より

f:id:mojiru:20200903083624j:plain

 

▼「第4章 北海道での再エネ開発が動かすネットワーク改革」より

f:id:mojiru:20200903083628j:plain

 

▼「第5章 東北での再エネ開発が動かすネットワーク改革」より

f:id:mojiru:20200903083630j:plain

 

▼「第7章 梶山経産大臣発言の衝撃と意義」より

f:id:mojiru:20200903083635j:plain 

 

「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」目次

はじめに
第1章 次世代電力ネットワークとは(その1):接続・運用・整備のルール改正
 1.1 電力ネットワークを巡る環境変化
 1.2 系統接続・運用ルール改正:東電PG方式を目指して
 1.3 3Eを促進する連系線・基幹線拡張
第2章 次世代ネットワークとは(その2):資金調達力を確保しつつ効率化実現
 2.1 インフラ整備・利用負担の見直し:公平性に向けた手直し
 2.2 託送料金制度改正
 2.3 異色のネットワーク料金:原発損害賠償負担金・廃炉費用
第3章 次世代電力ネットワークとは(その3):分散型システムとレジリエンス
 3.1 配電事業開放の背景
 3.2 送配電ネットワークの事業形態
 3.3 新時代の配電事業(ライセンス制度導入)とは何か
 3.4 地域レジリエンス対策を考える
 3.5 補論:分散型資源自立運転による停電回避
 3.6 第3章の最後に
第4章 北海道での再エネ開発が動かすネットワーク改革
 4.1 北本連系線が惹起する重要論点
 4.2 2019年の北本連系線拡充議論から考える
 4.3 第4章の最後に
第5章 東北での再エネ開発が動かすネットワーク改革
 5.1 北東北募プロが惹起する重要論点
 5.2 北東北募集プロセス問題に見る送電線問題の課題と進展
 5.3 東北北部エリア募集プロセスをどう評価するか
 5.4 第5章の最後に
第6章 東電PGが提案・実践する欧米型系統運用
 6.1 東電PG型の系統接続・運用の登場と経緯
 6.2 東電モデルとその意義
 6.3 日本版コネクト&マネージと東電PG方式
 6.4 第6章の最後に
第7章 梶山経産大臣発言の衝撃と意義
 7.1 7月3日梶山経済産業大臣発言の衝撃
 7.2 7月17日梶山大臣発言の意義
 7.3 産業政策の復活
 7.4 成るか、電力ネットワーク革新
参考文献
著者紹介

 


「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」Amazonでの購入はこちら
日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望 (NextPublishing)

日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望 (NextPublishing)

  • 作者:山家 公雄
  • 発売日: 2020/09/04
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 


「日本の電力ネットワーク改革 送電線・配電線をめぐる諸問題の経緯と展望」楽天市場での購入はこちら※電子書籍版です

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー