mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

夢枕獏×松本大洋による美しい絵本「こんとん」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181213083900j:plain

こんとん

偕成社は、文・夢枕獏氏、絵・松本大洋氏による絵本「こんとん」を2019年1月25日に刊行することを発表した。

「こんとん」は、「キマイラ」「陰陽師」など数多くの人気シリーズを手がける作家・夢枕獏氏と「鉄コン筋クリート」「ピンポン」などで熱烈な支持を集める漫画家・松本大洋氏による絵本です。

松本大洋氏が手がける絵本は「かないくん」(文・谷川俊太郎/東京糸井重里事務所刊)、『「いる」じゃん』(文・工藤直子/スイッチパブリッシング刊)に続き、今作で3作目となる。

今回の絵本の題材となったのは、中国神話に登場する怪物「渾沌(こんとん)」の伝説。カオスと同義で語られる「こんとん」を、夢枕獏氏が新たな解釈で物語り、松本大洋氏が愛しさをこめて描いた、美しい絵本。

名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが「こんとん」。六本の足を持ち、六枚の翼を持つけれど、目も耳も鼻も口もありません。けれども、いつも空を見あげて笑っている。
そんな、こんとんのところに、ある日、南の海の帝と北の海の帝がやってくる。帝たちは、こんとんに、二つの目、二つの耳、二つの鼻の穴、そして口、あわせて七つの穴を作ってやることにするが…。

f:id:mojiru:20181213084215j:plain

f:id:mojiru:20181213084218j:plain

夢枕獏氏による、とぎすまされた心地よいリズム感のある言葉と、懐かしと新しさのある松本大洋氏のイラストが、なにものでもない「こんとん」という存在への、読者の思いや想像をかきたてる。
気づかないうちに力の入っている私たちの毎日に、ふと新しい風を吹かせてくれる、やさしい物語になっている。

夢枕獏氏はこの物語を、このように締めくくっています。

こん とん こん とん
きみのことが すきだよ。

文:夢枕獏Profile●1951年神奈川県生まれ。『キマイラ』『陰陽師』など数多くの人気シリーズを手がけ、これまでの業績に対して、紫綬褒章を受章、菊地寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。主な作品に『上弦の月を喰べる獅子』(日本SF大賞)、『神々の山嶺』(柴田錬三郎賞)、『大江戸釣客伝』(泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞)、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』、『大江戸恐龍伝』などがあり、絵本に『ちいさなおおきなき』(小学館児童出版文化賞)、『おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー』がある。

絵:松本大洋●1967年東京都生まれ。漫画家、イラストレーター。1986年『STRAIGHT』でデビュー。主な作品に『花男』、『鉄コン筋クリート』、『ピンポン』、『GOGOモンスター』(日本漫画家協会賞特別賞)、『ナンバーファイブ 吾』、『竹光侍』(文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞)、『Sunny』(小学館漫画賞)、『ルーブルの猫』などがあり、絵本に『かないくん』『「いる」じゃん』、画集に『TAIYOU』がある。

SNSでの後押しを受けて「こんとん」の3刷が決定!

偕成社は、2019年1月24日に発売した絵本「こんとん」の3刷を決定したことを発表した。3月上旬重版出来となる。

2019年2月9日には、「こんとん」に関する書店員のTwitterでのつぶやきが瞬く間に拡散し、約2日でネット書店在庫が軒並み品切れになるなど大きな反響があった事も、即重版が決定の要因のようだ。

「こんとん」発売原画展が東京&京都で開催!

偕成社が発売する「こんとん」の発売を記念して「原画展」が株式会社ほぼ日のギャラリーTOBICHI京都、「原画展+Wサイン会」が青山ブックセンター本店、「限定グッズ販売」がヴィレッジヴァンガードで行なわれる。

かねてより松本大洋氏を応援している株式会社ほぼ日では、運営するギャラリーTOBICHI京都で原画展を開催。青山ブックセンター本店では原画展にくわえ松本大洋&夢枕獏両氏によるWサイン会が開催される。また、ヴィレッジヴァンガードでは限定グッズの発売が決定。

<原画展>ほぼ日運営のギャラリー、TOBICHI京都

株式会社ほぼ日が運営するギャラリーTOBICHI京都で「こんとん」の絵本原画をほぼ全点展示。

株式会社ほぼ日は、松本大洋氏の絵本第1作である「かないくん」の発行元でもある。
また、「ほぼ日刊イトイ新聞」内に「勝手に松本大洋ファンクラブ」https://taiyomatsumoto.1101.com/という情報発信サイトを持つなど、かねてより松本氏の活動を応援していることから、今回の原画展の運びとなった。
原画展では、絵本「こんとん」の発売、また、ほぼ日で刊行された松本氏関連の書籍の販売も予定している。

▼会期
2019年1月28日(月)~2月13日(水)

▼定休日
1月31日(木)、2月7日(木)

▼時間
12:00~19:00

▼入場
無料

▼会場
TOBICHI京都
住所:京都府京都市下京区河原町通り四条下ル市之町251-2 寿ビルデイング5階

▼ホームページ

www.1101.com


▼勝手に松本大洋ファンクラブ

https://taiyomatsumoto.1101.com/post/181306549280/大洋さんから届いた絵-024-松本大洋さんからひと言-年末年始が大好きです

taiyomatsumoto.1101.com


<原画展+サイン会>青山ブックセンター本店

青山ブックセンター本店内のギャラリーで、「こんとん」の絵本原画をほぼ全点展示。
会期中の2月24日(日)には、夢枕獏氏、松本大洋氏おふたりによる豪華Wサイン会も開催される。現在のところ、「こんとん」における唯一のサイン会となっている。

<原画展>

▼会期
2019年2月19日(火)~2019年3月15日(金)
▼時間
10:00~22:00(※最終日は17:00まで)

▼入場
無料

▼会場
青山ブックセンター本店 ギャラリースペース
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F

▼詳細

www.aoyamabc.jp

<サイン会>

▼日時
2019年2月24日(日)15:00?

▼会場
青山ブックセンター本店内特設会場
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
▼定員
50名

▼参加方法
2019年1月27日(日)AM10:00~受付開始
青山ブックセンターのオンライン予約、あるいは店で「こんとん」購入者にサイン会参加券が渡される。(オンラインにて申し込みの場合、参加券の郵送はない。)
▼詳細・予約ぺージ

www.aoyamabc.jp


<限定グッズ販売>ヴィレッジヴァンガード4店舗、オンラインストアで(写真あり)

「こんとん」発売と同時に、ヴィレッジヴァンガード4店舗とオンラインストアで、3種の限定グッズが販売となる。

<限定グッズ一覧>

・こんとん Tシャツ(M・L 各3000円+税)

f:id:mojiru:20190118091010j:plain

・こんとん トートバッグ(2500円+税) 

f:id:mojiru:20190118090859j:plain

・こんとん マグカップ(1800円+税) 

f:id:mojiru:20190118090835j:plain

<取り扱い店舗>
・下北沢店
・高円寺店
・ブルービート ヴィレッジヴァンガード
・三宮店
・ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

vvstore.jp


※1月17日時点の情報。

 

「こんとん」Amazonでの購入はこちら
こんとん

こんとん

 

名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが、こんとん。六本の足を持ち、六枚の翼を持つけれど、目も耳も鼻も口もなく、いつも空を見あげて笑っている、こんとん。
そんな、こんとんのところに、ある日、南の海の帝と北の海の帝がやってきた。 帝たちは、こんとんに、二つの目、二つの耳、二つの鼻の穴、そして口、あわせて七つの穴を作ってやることにしたのだが──。

中国神話に登場する「渾沌」の伝説をもとに、夢枕獏が語るせつない物語。
その「ものいわぬもの」のイメージを松本大洋が愛しさをこめて描いた美しい絵本。

「こんとん」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こんとん [ 夢枕 獏 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/12/13時点)

楽天で購入

 

 

松本大洋氏が絵を手掛けた絵本「かないくん」

f:id:mojiru:20181213084347j:plain

谷川俊太郎氏著書、松本大洋氏イラスト、糸井重里氏監修による絵本「かないくん」は2014年1月24日に発売。

「かないくん」Amazonでの購入はこちら
かないくん (ほぼにちの絵本)

かないくん (ほぼにちの絵本)

 

ある日、ともだちのかないくんが学校を休んだ。
かないくんは親友じゃない。ふつうのともだち。
日常に訪れた、はじめての“死”。

死ぬって、ただここにいなくなるだけのこと?

詩人、谷川俊太郎が、一夜で綴り、
漫画家、松本大洋が、二年かけて描いた絵本。

年齢を問わず、時代を問わず、場所を問わず、
長く読み続けられてほしい一冊です。

企画監修は糸井重里。
ブックデザインは祖父江慎。
松本大洋の原画の「白」を再現するために
凸版印刷とタッグを組んで試みた
本邦初となる「特殊6色印刷」にも注目。

「かないくん」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かないくん
価格:1728円(税込、送料別) (2018/12/13時点)

楽天で購入

 

 

松本大洋氏が絵を手掛けた絵本『「いる」じゃん』 

f:id:mojiru:20181213084708j:plain

文・くどうなおこ氏、絵・松本大洋氏による絵本『「いる」じゃん』はスイッチパブリッシングから2017年7月7日に発売。

f:id:mojiru:20181213084716j:plain

『「いる」じゃん』Amazonでの購入はこちら
「いる」じゃん

「いる」じゃん

 


漫画家の松本大洋さんと詩人のくどうなおこさんが
「生」をテーマに絵本を作りました。
MONKEY vol.11に掲載された作品に、
詩と絵ともに大幅な書き下ろしを加え、一冊になりました。
子供の頃に見た、あの風景をここに。 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー