mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

江戸三大祭りの一つ深川八幡の水かけ祭りを描いた絵本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200904080146j:plain

わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り

ポプラ社は、2020年7月12日に、江戸三大祭りの1つ・深川八幡祭り歴50年のやじまますみ氏著書による、渾身の画力と幼少期のリアルな感性で表現した絵本「わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り」を発売した。


江戸三大祭りの一つ、「深川八幡の水かけ祭り」。
「わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り」は、三年に一度開催されるこのお祭りでは、53基のお神輿が練り歩き、担ぎ手も見物客も大盛り上がりです。これを、お祭りが大好きで、お神輿に憧れる小学3年生の少年の目線と感性で描いた絵本。

 



「わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り」あらすじ

数日前から、町内にはお神酒所やお仮屋が建てられ、お神輿が組み立てられ、お祭りムードが高まっていく。
大人たちが大汗をかきながら準備する様子を、少年も一緒にわくわくと見つめ、手伝う。

f:id:mojiru:20200904080305p:plain

 

一日目。久しぶりにまとった半纏に、背筋が伸びるような、嬉しさでいっぱいの主人公。
二日目は、町内を大人神輿と子ども神輿が練り歩きます。主人公も子ども神輿をみんなと力を合わせて担ぐ。
お祭りの最高潮の三日目。八幡さまの前をスタートし、約8キロを53基のお神輿が連なって、練り歩く。

 

f:id:mojiru:20200904080430p:plain


 

両親や町会の大人たちが担ぐお神輿を、少年は追いかけます。沿道から大量の水がかけられる中、「わっしょい」の掛け声をそろえ、担ぎ技を披露し、進むお神輿。

人々がこれほどまでに夢中に、必死になって取り組むお祭り。歴史、伝統、礼儀、人びとの絆―そこには、江戸時代から脈々と受け継がれてきた、かけがえのないものが見えてくる。

巻末にも注目。本文では説明しきれなかった、お祭りにまつわる知識を集めた巻末の「図解 わっしょい 深川八幡 水かけ祭り」にも、ぜひ注目を。
お祭りの歴史、お神輿の名称、祭り装束、江戸っ子の粋、お祭りに携わる人びとなど、知るとお祭りがより面白く、楽しくなる情報が満載となる。

 

「わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り」Amazonでの購入はこちら

 

わっしょい: 深川八幡 水かけ祭り

わっしょい: 深川八幡 水かけ祭り

 

 

 

 


「わっしょい 深川八幡祭り 水かけ祭り」楽天市場での購入はこちら
 
©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー