mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

大切な人との想い出をきっと思い出す友情を学べる絵本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20180712161640j:plain

うさぎさん つきからとびだす

ジーン・キム氏の絵本「うさぎさん つきからとびだす」が、いけもとなおみ氏翻訳により、潮出版社から2018年7月5日に発売された。

「うさぎさん つきからとびだす」は、「月にはうさぎがいて、まあるい月が見えたら願いごとをする」というおとぎ話に対し「じゃあ、月にいるうさぎはどんな願いごとをするんだろう」という着想で描かれた物語で、大切な人との絆を思い出させてくれる友情を学べる絵本。

月に住むうさぎのところには、地球に住む子供達から願い事が書かれたたくさんの紙飛行機が毎日、届く。その紙飛行機をうさぎは、星に変えて空いっぱいに散りばめていた。
ある日、うさぎは、憧れの地球に向かった。

f:id:mojiru:20180712162317p:plain

そして地球で、たくさんの友達と出会っていく。

f:id:mojiru:20180712162320p:plain

友達と友情を育む、そんな幸せな日々を過ごすうさぎだったが、楽しい気持ちの中に切なさが募る。何故ならうさぎはいずれ月に戻らないと行けないから。

別れはつらいはずなのに友達は、うさぎが月に戻れるようにお手伝いをする。

その甲斐あって月に戻ることができたうさぎのもとに、ある日、届けられた贈り物とは―。

「うさぎさん つきからとびだす」Amazonでの購入はこちら

みんなの願い事をかなえるのが、月にいるウサギさんの仕事です。
でもそんなウサギさんにも、一つだけかなえたい願い事がありました。
それはひとりぼっちの月から、みんなのいる地球にあそびにいくこと。
そしてある日ウサギさんは、ついに願い事を実現するのですが…。

韓国や日本のおとぎ話を土台に、現代風にアレンジした、かわいらしくてホロリとくる、ハートウォーミングな絵本が誕生。

ジーン・キムProfile●韓国で生まれ育つ。サンフランシスコのアカデミー・オブ・アート大学にて美術の修士号を取得。『うさぎさん つきからとびだす』は文も絵も手がけた初めての絵本。サンフランシスコ在住

いけもとなおみProfile●池本尚美。早稲田大学教育学部英語英文学科卒。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

「うさぎさん つきからとびだす」楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うさぎさん つきからとびだす [ ジーン・キム ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/13時点)


 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー