mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

AI時代向け、マーケター用実践的Python入門書

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200918162058j:plain

Marketing Python マーケティング・パイソン

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開するインプレスは、著者:高田朋貴氏、戸澗幸大氏、西惇宏氏、丹羽悠斗氏著書による、プログラミング経験のないビジネスパーソンに向けた実践的なPython入門書「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」を2020年9月18日(金)に発売した。

また、発売を記念して、発売から2週間限定で本書の一部(約170ページ)を無料公開した。

 

高田朋貴Profile●株式会社SIGNATE シニアデータサイエンティスト
明治大学大学院卒【博士(理学)】。2015年4月より株式会社オプトホールディング(現・デジタルホールディングス)のAI研究開発部門に入社。主にAI開発コンペティションの設計・運営のほか、AI関連のコンサルティングやデータサイエンス講座講師等に従事。同部門の事業統合を機にSIGNATEへ参画。現在は、AI人材育成事業の1つである「SIGNATE Quest」のプロダクトマネージャを担当。

 

戸澗幸大Profile●株式会社SIGNATE データサイエンティスト
東北大学大学院卒【修士(理学)】。マーケティングリサーチ会社にて医療・IT業界の調査に従事した後、2018年9月より現職。SIGNATEではAI開発コンペティションの設計・運営のほか、AI教育コンテンツの制作、HR業界や製造業におけるデータ分析・試作開発(PoC)案件を担当。

 

西惇宏Profile●株式会社SIGNATE データサイエンティスト
東京工業大学大学院卒【修士(理学)】。金融機関向けのシステム開発会社やベンチャー企業にて、システムエンジニアや機械学習エンジニアとして従事した後、2019年6月より現職。SIGNATEではAI開発コンペティションの設計・運営のほか、新規事業の企画、建設業、製造業、運輸業などにおけるデータ分析・試作開発(PoC)案件を担当。

 

丹羽悠斗Profile●株式会社SIGNATE ソフトウェアエンジニア
北陸先端科学技術大学院大学卒【修士(知識科学)】。2015年4月より株式会社オプトホールディング(現・デジタルホールディングス)のAI研究開発部門に入社。主にコンペティション形式でAIの開発を行うサービス(現SIGNATE)の開発に従事。同部門の事業統合を機にSIGNATEへ参画。現在は、AI人材育成事業の1つである「SIGNATE Quest」のプロジェクトマネージャを担当。

 


AI時代の生き残りにはプログラミングが武器になる「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」

AI時代の到来が叫ばれるなか、「プログラミングを習得したい」というビジネスパーソンが増えている。

数あるプログラミング言語の中でも、ビジネスパーソンに人気が高いのが「Python」。

プログラムコードの読み書きが比較的容易で「ライブラリ」(便利な機能をまとめたプログラム)も豊富なPythonは、プログラミング未経験者でも学びやすいうえ、機械学習の実装時に採用されることも多いことから、AI・機械学習時代に役に立つ言語として、マーケティングなどに携わるビジネスパーソンが習得を目指している。

「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」は、プログラミング経験のないビジネスパーソンに向けた、Pythonプログラミングの入門書。

データサイエンティストでもある著者が、プログラミングに加えてデータ分析の基本も解説しているので、単にプログラミングのみを学ぶのではなく、ビジネスの現場で生かせるPythonデータ分析の基本がしっかり身に付く実践的な1冊となる。

 


「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」対象読者

文系だけどスキルアップやキャリアアップのためにプログラミングを学びたい人
せっかくPythonを学ぶのなら、すぐに仕事で生かしたいという人
プログラミングだけでなくデータ分析も身に付けたい人
Excelなどのくり返し作業を自動化したい人
感覚的ではなく、理論に基づいたデータ分析を学びたい人
需要予測やWebスクレイピング、口コミ分析などに取り組みたい人

 

 
実際のビジネスシーンを例にプログラミングを体験「ビジネスの現場で役に立つPython入門書」

「ビジネスの現場で役に立つPython入門書」をコンセプトに制作された「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」は、紙面で制作するプログラムも多くのビジネスパーソンがすぐに自身の仕事で生かせるものになっている。
プログラミング未経験者でも、読んだその日からPythonを生かした業務改善に取り組めるのも「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」の大きな特徴となる。

 


「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」で実践するPythonプログラミングの例

パソコンのフォルダー内にある多くのファイルの分類整理
複数のExcelファイルの必要な個所だけを自動的に抜き出して集計
過去の売り上げや天気などの情報をもとに将来の売り上げを予測(需要予測)
Webサイト上の情報から必票なものだけを自動的に収集してデータにまとめる(スクレイピング)
商品やサービスの口コミ情報を形態素分析して可視化

 


▼豊富な図表でプログラムの概要や処理内容もわかりやすく図示し、プログラムコードの意味も1行ずつ丁寧に解説している。

f:id:mojiru:20200918162212j:plain


 

 

「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」発売を記念して書籍の一部を無料公開!

「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」の発売を記念して、「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」の冒頭から第3章の半ばまでを期間限定で(9月18日~10月2日)無料公開した。
パソコンやスマートフォンなどのWebブラウザーで下記URLにアクセスするだけで、書籍の内容を閲覧可能となる。
事前の登録なども必票ない。

▼無料公開URL

impress.tameshiyo.me

 

 

「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」の構成

第1章:プログラミングをマーケターの武器に!
第2章:Pythonで身近な作業の自動化に挑戦
第3章:データをさまざまに分析しよう!


「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」Amazonでの購入はこちら

 

 


「Marketing Python マーケティング・パイソン AI時代マーケターの独習プログラミング入門」楽天市場での購入はこちら
 
©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー