mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

発売前から反響と絶叫を生む怖すぎる絵本「あっちがわ」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190530085147j:plain

あっちがわ

岩崎書店は、イシズマサシ氏著書による、1冊に15のショートホラーを盛り込んだ短編怪談集絵本「あっちがわ」を2019年6月11日に発売する。

こわすぎえる絵本「あっちがわ」は、異常気象による超温暖化による夏の寝苦しい夜に良いかもしれないが、子供がオネショをしないか心配になる程の恐怖がありそうな絵本になっている。

イシズマサシProfile●1963年広島生まれ。武蔵野美術大学卒業後、グラフィックデザイナーを経て、三年間海外を放浪する。旅の途中でダライ・ラマ氏を撮影。帰国後、写真と執筆業に携わる。52歳で、一児を授かる。著書に『月とキャベツ』写真集(ぶんか社)、『モメント イン ピース』(リトルモア)、『東京遺跡』(メディアファクトリー)、『道草者-moment in peace』(求龍堂)、『あさやけのひみつ』(扶桑社)、『のら道』(アートン)、『関西ルインズ』(東方出版)、『どうして そんなに ないてるの?』(えほんの杜)など。
▼Instagram

www.instagram.com

▼Twitter

twitter.com


想像力が恐怖を創り出す「あっちがわ」内容紹介  

f:id:mojiru:20190530085606p:plain

f:id:mojiru:20190530085613p:plain

f:id:mojiru:20190530085621p:plain

この世のものとは思えない15のこわい話。「こわすぎる!」と、一度は刊行が見送られた「あっちがわ」。一話一見開きで展開するたたみかける恐怖が待っている。

「あっちがわ」収録タイトル

かげ/よげん/たぬきんくん/かとりせんこう/みどりのしょうぼうしゃ/フランスにんぎょう/となりのゆうれい/おえかき/あそんで/あな/あたまのはこ/ソフトボール/きょうけん/みんとくん/リフト


反響と絶叫を生むこわすぎる絵本「あっちがわ」のゾクッとするような推薦コメントがゾクゾク

f:id:mojiru:20190530091123j:plain

怖すぎる絵本「あっちがわ」にゾクッとするような震えうような推薦コメントがゾクゾク(ゾクゾク)と届いている。

まさに「この世のものとは思えない」面白さ!これは本当にこわすぎます・・・。
こういういい本が売れないとしたらそれがいちばん怖い!
(三省堂書店有楽町店 内田剛氏)

子どもたちの想像力をふくらませ、気持ちを刺激してくれる絵本ですね。 ぞくぞくしながらページをめくりました。
(クレヨンハウス大阪店店長 山本能里子氏)

見開きで魅せる『あっちがわ』の世界はとても怖いようで怖くない。 誰もが幼い頃に見えていたはずである『あっちがわ』の記憶をよみがえらせてくれる。子供も大人も楽しめるとても”こわい絵本”の誕生である。
(ギャンビット パブリッシング プロデューサー BJ 笹井和也氏)

絵を見てゾクリ、読んで鳥肌。描かれているのは、今のような昔のような、どこにでもありそうな日本の風景で、 その普遍性は、皮膚感覚で感じる「怖い」という感情にも通じているような気がします。
(MARUZEN&ジュンク堂書店 森口泉氏)

面白い!ただの想像力だけでは描けない世界観。そして、絵本の可能性がまた広がった気がします。
(Bookcafe days 小島ちふみ氏)

『あっちがわ』は神と悪魔が手を組んで、人類に鬼胎をいだかせるため イシズマサシに描かせた呪詛に違いありません。この絵本のせいでとうとうあの世が この世になってしまいました。恐すぎてワクワクしてきました。
映画監督/脚本家 佐藤佐吉氏)

ページをめくる時、恐怖への好奇心が心揺さぶり、 絵本の中から「ようこそ」と、言う子供の頃の自分の声が 聞こえてきそうです。
(タカラトミーアーツ 小野尾勝彦氏)


こんなにも鮮やかに描かれている「アオイロ」が、読めば読むほど底知れぬ不気味さをまとって、僕の視覚野と心を占めていく。この体験を、誰かに伝えたくて仕方がない????。(HMV&BOOKS 瓜生英司氏)

ページを開いて飛び込んでくる絵にドキッとさせられますが、見れば見るほどなぜか惹かれるものばかり。最後の最後にこわい気持ちをさっと払ってくれるような爽やかさがあって、しばらく見とれました。夏の新しい定番絵本に育ちますように。
(トーハン ほんをうえるプロジェクト 長澤麻央氏)

一読して圧倒的なイメージ力と世界観に、「これは行ける!」とベタ惚れ!
(岩崎書店編集部 堀内日出登巳氏)

話題の短編怪談集絵本「あっちがわ」刊行記念パネル展、広島・沖縄にて開催!

f:id:mojiru:20190605081324j:plain

広島市出身の作家・イシズマサシ氏が描いた、15の怪談集絵本「あっちがわ」は発売前より絶賛の声が続々と寄せられ、初版部数増となった話題の絵本が2019年6月11日の発売をを記念して、広島と沖縄にて刊行記念パネル展を開催される。

f:id:mojiru:20190605081415p:plain

『あっちがわ』刊行記念パネル展
広島会場
▼会期
6月15日(土)~7月31日(水)
▼入場料
無料
▼会場
廣文館金座街本店 

kobunkan.com

〒730-0035 広島県広島市中区本通1-11 電話 082-249-1611

▼特典
同店では特典として「特製お面」がつく。表紙のおとこのこ「しろちゃん」の顔のお面で、うちわにもつかえる。数に限りがあり。

沖縄会場
▼会期
6月27日(木)~7月31日(水)
▼入場料
無料
▼会場
HMV&BOOKS OKINAWA 

www.hmv.co.jp

〒901-2123 沖縄県浦添市西洲3丁目 PARCO CITY内 3F  電話 098-943-0540
▼限定特典
同店のみの限定特典として「特製シート」がつく。表面は新たに描き下ろした沖縄バージョンの本表紙、裏面には未公開の番外編を一話収録。店頭販売のみの、100部限定超レアアイテム。

◆パネル展ご担当者コメント
PV(動画)は思った以上に怖かったです・・表紙の男の子「しろちゃん」の怖さったら、目を覆いたくなります。けれど、塞いだ手の指と指の間から、ちらっと見ている、見ずにはいられない!そんな風に「しろちゃん」の事が気になってしょうがない自分がいます。(廣文館金座館 店長 山中潤一)
?こんなにも鮮やかに描かれている「アオイロ」が、読めば読むほど底知れぬ不気味さをまとって、僕の視覚野と心を占めていく。この体験を、誰かに伝えたくて仕方がない----。
(HMV&BOOKS 瓜生英司氏)

▼紹介動画30秒

www.youtube.com

「あっちがわ」Amazonでの購入はこちら

あっちがわ

あっちがわ

 

けっして、一人では読ませないでください――。

この世のものとは思えない、怖くて奇妙な出来事。
ここは本当にぼくの町なの? それとも……。

一話一見開きで展開するたたみかける恐怖。
きみはつぎのページをめくれるか。

「あっちがわ」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あっちがわ [ イシズ マサシ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/5/30時点)

楽天で購入

 

 

「おばけ おばけ おばけ!!」紹介記事

www.mojiru.com

「おばけ おばけ おばけ! !」Amazonでの購入はこちら
おばけ おばけ おばけ! !

おばけ おばけ おばけ! !

 

いたずらしてると 出てくるぞ! おばけの絵本

ティッシュをちらかす、
箸たてをたおす、
たんすの洋服をひっぱり出す、
おしいれに入る、しょうじをやぶる、
れいぞうこを開ける。

いたずらしてると、こわ~いおばけが出てくるぞ!

「おばけ おばけ おばけ! !」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おばけ おばけ おばけ!! [ おざわ よしひさ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/5/9時点)

楽天で購入

 

 

「一行怪談ドリル」紹介記事

www.mojiru.com

「一行怪談漢字ドリル 小学4年生」Amazonでの購入はこちら 
一行怪談漢字ドリル 小学4年生

一行怪談漢字ドリル 小学4年生

 

「やる気が続く」と話題沸騰!
漢字力と読む力を同時に育てる「怪談ドリル」シリーズ第3弾!

本気でこわいものからどこかユーモラスなものまで、
こわいお話を楽しみながら漢字の学習に取り組める漢字ドリルです。

新学習指導要領に対応しており、
「書き順」「書き方のポイント」「部首の確認」付きで学習をしっかりサポート。
一冊で小学4年生で習う全202字をマスターできます。

お子さまが楽しく学習に取り組めるので、
長期休み中の自主学習や、ふだんの予習・復習にもぴったりです。

★★このドリルの特長★★

1子どもが大好きなこわい話で、楽しく漢字を覚えられる!

一つ一つの例文が独立した怪談のストーリーに。
楽しい怪談の本を読むような感覚で、飽きずに漢字の勉強ができます。

漢字を書きこみ、ストーリーを完成させることで達成感も生まれ、
次の怪談を早く読みたい気持ちから学習がどんどん進みます!

2想像力を刺激し、読解力も同時にアップ!

たった一文で表現された怪談を読み、
「これって、もしかしてこういう意味かな?」と考えることで、
想像力が刺激され、自然と読解力も鍛えられます。

3ストーリーとからめて覚えるから、漢字が記憶に残りやすい!

ただ漢字を何度も書き取るのではなく、
印象に残りやすい怪談のストーリーとからめて覚えることで、
漢字が定着しやすくなります。

4 学習指導要領に対応

新学習指導要領に対応しており、
「書き順」「書き方のポイント解説」「部首の確認」付きで学習をしっかりサポート。
小学4年生で習う全202字を一冊で網羅しています。

★★SNSやメディアで話題に! 絶賛の声続々★★

(「一行怪談漢字ドリル 小学1・2年生」読者はがきより)

「テレビで紹介されていたので購入したところ、
こわい話の好きな子どもがよろこんでドリルに向かっていったのでよかったです」
(40代・女性/滋賀県)

「大人が読んでも面白い。家族で話題になり、勉強にもなり、とてもいい教材だと思います」
(40代・女性/佐賀県)

「ちょっとこわい、つい読んでしまう。
ニヤニヤして周りに話す、書く。
もうちょっとやろう、と子供の興味をうまく引き出しているドリルだと思います」
(東京都) 

「一行怪談漢字ドリル 小学4年生」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一行怪談漢字ドリル 小学4年生 [ 吉田悠軌 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

ホラーなフォント紹介記事

www.mojiru.com

 

無料で使える暗黒工房による恐怖のフリーフォント紹介記事

www.mojiru.com

 

恐怖でゾクッと震える様を表現したフォント「ホラー」紹介記事

www.mojiru.com

「幽霊文字」紹介記事 

www.mojiru.com

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー