mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

谷川俊太郎翻訳・安野光雅氏挿絵「あしながおじさん」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181213085843j:plain

あしながおじさん

谷川俊太郎氏の翻訳、安野光雅氏の挿絵による児童文学の名作「あしながおじさん」がカラー版世界名作文学シリーズ第3弾として、12月8日に朝日出版社より発売された。

「ああ!わたし だんだん いい子になって ゆくんだわ。 」
孤児院でけなげに暮らすジュディは、ある日顔の知らない裕福な紳士の目に止まり、奨学金をもらって大学進学を果たす。ジュディに課された条件は、かならず毎月おじさまへの手紙を書くこと――。

「小さな家のローラ」、「赤毛のアン」に続く、安野氏の挿絵によるカラー版世界名作文学シリーズの第3弾「あしながおじさん」が谷川氏の翻訳によって蘇る。
孤独だった少女が持ち前の明るさと想像力をもって、たくましく才能を開花させていく様子は、時代を問わず読む人のこころを掴んで離さない。
ふてくされたり、調子に乗ったり、落ち込んだり、大喜びしたりと表情豊かなジュディの手紙を、ぜひ。
・総ルビになっているので小学1年生から読むことができる。
・本シリーズの見どころであるカラー挿絵を多数収録。

12月5日から2019年3月4日まで、京都・丹後市の「森の中の家 安野光雅館」にて「安野光雅が描く物語の世界」で『あしながおじさん』の原画展が開催される。

▼リンク

http://www.wakuden.jp/mori/category/morihouse/

 

1月中旬刊行予定の第4弾「メアリー・ポピンズ」(岸田衿子・訳/安野光雅・絵)の刊行を記念して、銀座の教文館ナルニア国にて2019年1月18日(金)~2月26日(火)に開催される、「あ!絵本?安野光雅挿絵展」(仮題)でも、『あしながおじさん』の挿絵が展示される。

f:id:mojiru:20181213085904j:plain

f:id:mojiru:20181213085908j:plain

f:id:mojiru:20181213085914j:plain

 

f:id:mojiru:20181213085948j:plain

作:ジーン・ウェブスターProfile●1876年、ニューヨーク州フリードニア生まれ。大学では英文学と経済学を学ぶ。在学中に社会事業に関心を持ち、孤児院などを訪問、文筆活動に入る。父は出版社経営。母はマーク・トウェインの姪。結婚して、翌年に女児を出産するがその直後、産褥熱により39歳の若さで他界する。代表作は、『あしながおじさん』『続あしながおじさん』。

訳:谷川俊太郎Profile●1931年東京生まれ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土日の歌」で第4回日本レコード大賞作詞賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表、世界各国で翻訳されている。最新刊は、ディック・ブルーナ装画による詩集『バウムクーヘン』。

絵:安野光雅Profile●1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年紫綬褒章、2008年菊池寛賞、他を受賞。2012年、文化功労者に選ばれる。主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(小社刊)などがある。2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

「あしながおじさん」Amazonでの購入はこちら
あしながおじさん

あしながおじさん

  • 作者: ジーン・ウェブスター,安野光雅,谷川俊太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2018/12/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

すてきなことがおこりました。あててみる? でもあたりっこない! 」

100年以上にわたって世界中で読みつがれてきた名作が、詩人・谷川俊太郎氏の訳と
安野光雅氏の絵によって新たな感動とともに誕生しました。

孤児院でけなげに暮らすジュディは、ある日顔の知らない裕福な紳士の目に止まり、奨学金をもらって大学進学を果たします。
ジュディに課された条件は、かならず毎月おじさまへの手紙を書くこと――。

孤独だった少女が持ち前の明るさと想像力をもって、たくましく才能を開花させていく様子は、
時代をとわず読む人のこころを掴んで離しません。

読んだことのある方も、読んだ気になっていた! という方も。
ふてくされたり、調子に乗ったり、落ち込んだり、大喜びしたりと表情豊かなジュディの手紙を、
ぜひ受け取ってみてください。

◎総ルビになっていますので、小学1年生から読むことができます。
◎本シリーズの見どころであるカラーイラストを多数収録。

「あしながおじさん」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あしながおじさん [ ジーン・ウェブスター ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2018/12/13時点)

楽天で購入

 

 

カラー版世界名作文学シリーズ第2弾「小さな家のローラ」

f:id:mojiru:20181214082217j:plain

ローラ・インガルス・ワイルダー氏著書、安野光雅氏監修、イラスト、翻訳によるカラー版世界名作文学シリーズ第2弾「小さな家のローラ」は朝日出版社から2017年3月9日に発売。

 

f:id:mojiru:20181214082238j:plain

f:id:mojiru:20181214082244j:plain

f:id:mojiru:20181214082249j:plain

「小さな家のローラ」Amazonでの購入はこちら
小さな家のローラ

小さな家のローラ

 

世界 40カ国以上で翻訳、全米4100万部超のベストセラー
不朽の名作ドラマ『大草原の小さな家』の原作を、安野光雅が絵本に描きおろし。

日本でも大ヒットしたアメリカのテレビドラマ・シリーズ『大草原の小さな家』の原作「大きな森の小さな家」を、
安野光雅の絵と訳で描きおろし。緻密な描写と遊び心あふれる美しい絵と、わかりやすく親しみやすい日本語訳で、
アメリカの西部開拓時代を生きた家族の、温かく力強い暮らしを忠実に描く。
「文化が違っても、暮らしの本質は変わらない。いろんな場所で、いろんな人が生活している。
そこには人間のドラマがある。そういう人の暮らしを描き、絵からなにかを感じ、考えてほしい。(安野光雅)」
──愛と思いやりと道徳心、不屈の開拓者精神が満ちあふれ、自然との共存、理想的な家族像は、
世界のどの地域の、どの時代にも通ずる普遍的なものであることを優しく物語る。

「小さな家のローラ」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな家のローラ [ ローラ・インガルス・ワイルダー ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/12/14時点)

楽天で購入

 

 

カラー版世界名作文学シリーズ第2弾「赤毛のアン」

f:id:mojiru:20181214082834j:plain

ルーシイ=モード=モンゴメリ氏著書、安野光雅氏イラスト、岸田衿子氏翻訳による「赤毛のアン」から朝日出版社から2018年6月20日に発売。

「赤毛のアン」Amazonでの購入はこちら
赤毛のアン

赤毛のアン

  • 作者: ルーシイ=モード=モンゴメリ,安野光雅,岸田衿子
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

詩人の渾身の訳と画家の叙情豊かな絵で贈る世界名作文学。

全世界で5,000万部突破の感動の名作文学から、詩人であり童話作家であった岸田衿子氏の訳と
安野光雅氏の絵による、新しい翻訳絵本が誕生しました。

◎颯爽と明るく、ちゃめっけたっぷりのアンが、風光明媚な島の自然から、多くのものを受け取り、心優しい人びとと
の魂の触れ合いを通し、目覚め、成長していく、こころ温まるお話がいっぱい詰まっています。
◎想像することの素晴しさを忘れないためにも必読の書です!
◎総ルビになっていますので、小学1年生から読むことができます。

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー