mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

本場フランス・パリのクロッシェレースの手作り指南書

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200303133149j:plain

パリのクロッシェレース ドイリー

誠文堂新光社は、2020年3月11日(水)に福島明子氏著書による、パリのクロッシェレースの手作りの仕方をレクチャーした一冊「パリのクロッシェレース ドイリー」を発売した。

フランス、パリなどのアンティークなレース…、とても綺麗だが、残念ながら日本ではなかなか手に入らないのが現状。それをもし自作できたら素晴らしい、そんなニーズに応えるために制作されたのが「パリのクロッシェレース ドイリー」。

「パリのクロッシェレース ドイリー」では、レースの中でも比較的かんたんに作れる、クロッシェレースのドイリーを紹介し、円形、楕円形、星形、細い糸、太い糸、十字、ロゼット、松かさの模様、立体バラを編みつけたもの…全40点を掲載。習作、秀作を含む、アーカイブスとなっており、すべてのドイリーにJIS記号の編み図つき。全形図が主体、記号をたどると作れる仕様。アンティークやレース、ドイリーにまつわる読み物・コラムも充実。ドイリーってなんだろう? そんな疑問に答える歴史考察もあり、ドイリーアーティストの話など、最新情報もある、パリ在住著者の自叙伝的エッセイを巻頭に織り込んで展開する、まさに「作る」だけでなく「パリ気分」も身近に味わうことのできる一冊になっている。

 

f:id:mojiru:20200306080251j:plain

f:id:mojiru:20200306080256j:plain

f:id:mojiru:20200306080301j:plain


福島明子Profile●1976年生まれ。名古屋で育つ。大学卒業後セレクトショップのバイヤー、老舗メゾンのマーチャンダイザーを経て2010年フランスに移住。現在はパリ在住のコーディネーターとして活動、歴史あるフランスの職人技を日本へ紹介。かたわらアンティークレースやグラス、銀製品をコレクションし、その使われ方も含めて日本に紹介している。日本における主な活動は、パリの紙職人アントワネット・ポワソンの紹介、フランス伝統菓子の紹介、コレクションしているアンティークの紹介。フランスでは日本のアートや伝統着物の展覧会をコーディネート。ほか、2019年にはアップリケ作家宮脇綾子の個展の企画も手がけた。

 

「パリのクロッシェレース ドイリー」目次

LA RENCONTRE 出会い
パリ 日々の暮らし/中世から始まったパリの歴史/私の住む街/宝探し/レースのこと

LES NAPPERONS ドイリーとつくり方
ネット編み/スカラップ/モダン/ロゼット/矢車菊/バラの模様/幾何学模様/孔雀模様/パインコーン/四角形/星形/十角形/オーバル/六角形/八角形/その他

LES ANECDOTES
どう使おうかしら/モードとレース/ドイリーとレースペーパーの関係/おやつとドイリー/ドイリーの再生
あとがきにかえて

 

「パリのクロッシェレース ドイリー」Amazonでの購入はこちら

 

 

「パリのクロッシェレース ドイリー」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パリのクロッシェレース ドイリー アンティークを知る、つくる、使う [ 福島 明子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/6時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー