mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

ヨシタケシンスケの面白さ満点の「つまんない」絵本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20191107085422j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』書影

つまんない つまんない

ヨシタケシンスケ氏著書による、月刊MOEから生まれた絵本であり、面白さ満点のつまんない絵本「つまんない つまんない」は2017年5月17日に発売された。

 

f:id:mojiru:20191107085426j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』本文より

「せかいいち つまんない ゆうえんちって どんなところ?」

「いちばん つまんないのって、なんさいだろう?」

「おとなは つまんないとき どうしてるんだろう?」。

「つまんない つまんない」は、誰もが経験する、つまんないの謎をとことん考え抜いたら、楽しくなってくる、面白さ満点のつまんない絵本。

英語版「つまんない つまんない」が、アメリカの老舗書評誌カーカス・レビューのBest Books of the Year 2019の1冊に選出!さらにAmazon Best Book of the Yearの1冊にも選出!

f:id:mojiru:20191107085347j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』英語版(The Boring Book)書影

白泉社は、自社が刊行している絵本「つまんない つまんない」の英語版である「The Boring Book」が、アメリカの老舗書評誌カーカス・レビューのBest Books of the Year 2019の1冊に選ばれたことを2019年11月18日に発表した。

カーカス・レビューは辛口で知られた全米で最も信頼される絵本・児童文学の書評誌。「The Boring Book」は、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞(New York Times Best Illustrated Children’s Book of 2019)に続く選出となる。
また、「The Boring Book」は、Amazon Best Book of the Yearの1冊にも選ばれた。2019年8月に月間Best Bookとして選ばれたが、年間を通してのBest Bookにも選ばれる快挙になった。


英語版「つまんない つまんない」(ヨシタケシンスケ)が、ニューヨークタイムズ最優秀絵本賞受賞! 喜びの著者コメントも到着!

f:id:mojiru:20191107085347j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』英語版(The Boring Book)書影

白泉社が刊行しているヨシタケシンスケ氏著書の絵本「つまんない つまんない」』の英語版(The Boring Book)が、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞(New York Times Best Illustrated Children’s Book of 2019)に選ばれたことが発表された。

 

f:id:mojiru:20191107085352j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』英語版(The Boring Book)本文より

ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞は、その年に出版された絵本の中から優秀な10作品のみに贈られる賞で、米ニューヨーク・タイムズ紙によって1952年から続けられ、大変歴史のある賞。

 

f:id:mojiru:20191107085404j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』英語版(The Boring Book)本文より

また、「つまんない つまんない」の英語版(The Boring Book)は、米国の学校図書館向け雑誌School Library Journal(SLJ)において、 “The Marvelous Translated Picture Books of 2019”(2019年の素晴らしい翻訳絵本)として、2019年9月時点での注目すべき翻訳絵本として紹介された。

「つまんない つまんない」は、中国、台湾、韓国、フランス、スペインでも翻訳されている。

f:id:mojiru:20191107085409j:plain

ヨシタケシンスケ氏『つまんない つまんない』英語版(The Boring Book)本文より


▼ヨシタケシンスケ氏のコメント

このような素晴らしい賞をいただきまして、とても光栄です。
私は子供の頃、よく「つまんない!」と言っていました。
私の息子もよく「つまんない!」と言います。
きっとアメリカの、世界中の子供たちも「つまんない!」と言っているのでしょう。
「つまんない!」の強大さに、改めて驚いています。

▼アメリカでの発行元:クロニクルブックスのコメント

今後、間違いなく様々なメディアに先生の作品が取り上げられていきます。ヨシタケ先生がアメリカのみならず、世界での知名度を上げていく一翼を担うことができ、クロニクルブックスもとてもワクワクしております!

「つまんない つまんない」Amazonでの購入はこちら
つまんない つまんない (MOEのえほん)

つまんない つまんない (MOEのえほん)

 

 

「つまんない つまんない」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つまんない つまんない [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2019/11/7時点)

楽天で購入

 

 

月刊MOE2019年12月号の巻頭大特集は「エドワード・ゴーリー」とじこみふろくには、ヒグチユウコ氏「ラブレター」のポストカード付き!

f:id:mojiru:20191107083903j:plain

 

絵本やキャラクターなどのアート・エンターテインメントをビジュアル豊かに特集し読者に届ける「月刊MOE」、その2019年12月号の巻頭大特集は「エドワード・ゴーリー」。

謎に満ちた異色の絵本作家・ゴーリーの魅力に迫る。とじこみふろくには、ヒグチユウコ氏「ラブレター」のポストカードが付く。また、ヒグチユウコ氏の描きおろし“オリジナルランチョンマット2枚セット”がもらえる定期購読申込スタート号となっている。

巻頭大特集「エドワード・ゴーリー」

f:id:mojiru:20191107084325j:plain

f:id:mojiru:20191107084332j:plain

巻頭大特集は、練馬区立美術館で開催中の展覧会「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」も好評開催中となる異色の絵本作家・エドワード・ゴーリー。シュールでナンセンス、優雅で魅力的なゴーリーの作品世界を紐解き、猫と書物に囲まれたミステリアスな生涯を解き明かす大特集になっている。

 

とじこみふろく『ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード』

f:id:mojiru:20191107083957j:plain

絵/ヒグチユウコ氏、デザイン/名久井直子氏

 

定期購読:Fujisan.co.jpで定期購読申込み者全員にヒグチユウコ描きおろしオリジナルランチョンマット2枚セットをプレゼント!

f:id:mojiru:20191107084130j:plain

 

今号よりFujisan.co.jpで定期購読を申込みの人全員にヒグチユウコ描きおろしオリジナルランチョンマット2枚セットをプレゼント。

www.fujisan.co.jp



懸賞:エドワード・ゴーリー・グッズ 50名プレゼント

f:id:mojiru:20191107084336j:plain

(C)The Edward Gorey Charitable Trust
その他の特集

・映画「小さい魔女とワルプルギスの夜」公開記念 魔女になりたい!
・「旅ごはん」のイラストでおなじみのパステル画 牧野千穂展覧会「森に隠す」
・新刊絵本『ラブレター』出版記念 ヒグチユウコ 魅惑の絵本
・ヒグチユウコ 今井昌代 名久井直子 三びき伊太利亜を行く [前編]
・ファン待望!新たに紡がれる「十二国記」の世界へ
・手紙を送ろう 話題の最新切手が大集合!
・読者参加企画 記憶に刻まれたトラウマ絵本『モチモチの木』
・大人気連載 布川愛子「ひみつがあります」
・ヒット絵本の作者、来日インタビュー 地図絵本『マップス』
・小さなおばけシリーズ40周年記念 角野栄子と幼年童話
・旅ごはん 特別編:北海道 小川糸 小さな湖のオーベルジュ「チミケップホテル」

好評連載

ワンワンちゃん 工藤ノリコ
アーティスト・インタビュー 南果歩
注目の作家インタビュー はたこうしろう
MOEのおすすめ新刊絵本
広松由希子の絵本棚 世界でみつけた! 宝物絵本

「MOE (モエ) 2019年12月号 [雑誌] (エドワード・ゴーリー|付録 ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード)」Amazonでの購入はこちら
MOE (モエ) 2019年12月号 [雑誌] (エドワード・ゴーリー|付録 ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード)

MOE (モエ) 2019年12月号 [雑誌] (エドワード・ゴーリー|付録 ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード)

  • 作者: エドワード・ゴーリー,ヒグチユウコ,柴田元幸,角野栄子,小川糸,小野不由美,布川愛子,マーク・デリー,濱中利信,はたこうしろう,アレクサンドラミジェリンスカ,ダニエルミジェリンスキ,Edward Gorey,Mark Dery,Aleksandra Mizieli´nska,Daniel Mizieli´nsk
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2019/11/02
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 

■ 巻頭大特集 ■
エドワード・ゴーリー
謎に満ちた異色の絵本

展覧会「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」も大きな話題を呼び
謎めいた作品が人々を魅了し続ける異色の絵本作家、エドワード・ゴーリー。
シュールでナンセンス、優雅で魅力的なゴーリーの作品世界を紐解き、
猫と書物に囲まれたミステリアスな生涯を解き明かす大特集です。

● 唯一無二のゴーリーワールド
● 柴田元幸さんインタビュー
ゴーリーを翻訳する愉しみ
● 日本語版もぞくぞく充実エドワード・ゴーリーの本
● ゴーリー語辞典
~一筋縄ではいかないタイトル、意味ありげなモチーフ、またはゴーリーのお気に入り~
● ゴーリー作品を彩る不可思議な生きものたち
● エドワード・ゴーリーのまったき生涯
● エドワード・ゴーリー・ハウスを訪ねて
● 寄稿「ゴーリーと日本文化」
マーク・デリー 訳 柴田元幸
● ゴーリーの本棚から
● 濱中利信コレクション1
ゴーリー・コレクションの最先端から
● 濱中利信コレクション2
日本初公開作品も多数!
ゴーリー・カード・コレクション

■ とじこみふろく
ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード

■ 映画「小さい魔女とワルプルギスの夜」公開記念
魔女になりたい!

■「旅ごはん」のイラストでおなじみのパステル画
牧野千穂展覧会「森に隠す」

■ 新刊絵本『ラブレター』出版記念
ヒグチユウコ 魅惑の絵本

■ ヒグチユウコ 今井昌代 名久井直子
三びき伊太利亜を行く [前編]

■ ファン待望!
新たに紡がれる「十二国記」の世界へ

■ 手紙を送ろう
話題の最新切手が大集合!

■ 読者参加企画
記憶に刻まれたトラウマ絵本

■ 大人気連載
布川愛子「ひみつがあります」

■ ヒット絵本の作者、来日インタビュー
地図絵本『マップス』

■ 小さなおばけシリーズ40周年記念
角野栄子と幼年童話

■ 旅ごはん特別編:北海道
小川糸 小さな湖のオーベルジュ
「チミケップホテル」

■ 好評連載 ■
「ワンワンちゃん」工藤ノリコ
アーティスト・インタビュー 南果歩
注目の作家インタビュー はたこうしろう
MOEのおすすめ新刊絵本
広松由希子の絵本棚 世界で見つけた! 宝物絵本

「MOE (モエ) 2019年12月号 [雑誌] (エドワード・ゴーリー|付録 ヒグチユウコ「ラブレター」ポストカード)」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOE (モエ) 2019年 12月号 [雑誌]
価格:909円(税込、送料無料) (2019/11/1時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー