mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

123年前の世界で最も有名な社説のクリスマス絵本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20201029080407j:plain

サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください

株式会社金の星社は、2020年10月末に、123年前のニューヨーク・サン新聞の記者が答えた世界で最も有名な社説を絵本化した「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」を発売した。
フランシス・チャーチ氏が文、いもとようこ氏が絵・訳を手掛ける。

「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」は、1897年、8歳の少女、バージニアがサン新聞に送った質問に、記者が社説に掲載する形で答えた世界的名文を、絵本作家のいもとようこ氏自ら翻訳も手掛けたクリスマス絵本。

 

▼バージニア・オハンロンの手紙

f:id:mojiru:20201029080430j:plain

 

友だちから「サンタクロースなんていない」と言われた8歳の少女、ローラ・バージニア・オハンロンは、パパから「サンしんぶんに きいてごらん」とのアドバイスを受け、手紙を書く。

子どもならだれもが一度は抱くこの質問に答えたのは、「サン」の論説委員だったフランシス・P・チャーチ氏。

チャーチ氏が社説に書いたその答えは、子どもだけでなく、大人にとっても心に響く、けっして忘れてはならないことだった。

▼チャーチの答えは…

f:id:mojiru:20201029080446j:plain

 

 

このお話の英語原文と、いもとようこ氏の訳が絵本の中で両方楽しめる。

▼「サンタクロースはいない!」だって?

f:id:mojiru:20201029080514j:plain

「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」Amazonでの購入はこちら

 

 

「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください [ いもと ようこ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/10/29時点)

楽天で購入

 

 

クリスマスに使えるオススメのフォント(書体)を紹介

www.mojiru.com

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー