mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

エンジニア有志による見積もりのノウハウの紹介解説書

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20201029075400j:plain

エンジニアのための見積もり実践入門

インプレスグループで電子出版事業を手がけるインプレスR&Dは、技術書典や技術書同人誌博覧会をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指し、最新の知見を発信する技術の泉シリーズ最新刊として、親方Project編者による、見積もりって難しいというエンジニアのためのエンジニア有志による見積もりについてのノウハウを紹介するための解説書「エンジニアのための見積もり実践入門」を発売した。

 


親方Project Profile●大規模プラント向けの計測システムの研究・開発に従事。その傍ら、2008年より電子工作をネタに同人サークルを立ち上げ現在に至る。また最近ではエンジニアのスキルに関する合同誌の企画・編集を行う。技術同人誌の執筆者を増やすため、LT会やカンファレンスでの登壇を通じ勧誘を行っている。

 

 

「エンジニアのための見積もり実践入門」発行主旨・内容紹介

「エンジニアのための見積もり実践入門」は、エンジニア有志による「見積もり」についてのノウハウを紹介するための解説書となる。
見積もりテクニックとしての基本、例えば二点見積もりや工数把握の方法、可視化、また発注者、受注者としてのノウハウ、過去の炎上案件から得たものなど、盛りだくさんの内容。
「エンジニアのための見積もり実践入門」は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されている。

 


「エンジニアのための見積もり実践入門」目次

第1章 見積もりに必要なもの(要件定義)
第2章 タスク見積もり
第3章 若手エンジニアのための作業時間見積もり入門
第4章 2点見積もりとふりかえりのススメ
第5章 アジャイルと見積もり
第6章 安全マージン
第7章 いわゆる相見積とRFPを比較する
第8章 見積もり依頼の基本(小規模Projectを発注する編)
第9章 フリーランス(受注側)にとっての見積もり
第10章 守備範囲外の開発の見積もり
第11章 スクラムとチームと統計的見積り
第12章 見積もる前に作業を終わらせろ
第13章 暖かみのある見積もりをする方法
第14章 納期と信頼
第15章 同人誌を作って見積もり体験
第16章 過小見積もりで炎上するプロジェクトから得られた学びと実践
第17章 フリーランスチームリーダーとしての見積もり失敗談
第18章 工数見積もりアンチパターン
第19章 コンシューマーゲームの見積もり(いにしえの記憶より)
第20章 見積もりきれぬ所要時間
第21章 開発時情報が得られないケースにおいての後付けでの規模見積りについて
第22章 建設業界の見積もり
付録A フリーランスに必要な嗅覚
付録B 私の見積もり履歴書

 


「エンジニアのための見積もり実践入門」Amazonでの購入はこちら
エンジニアのための見積もり実践入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

エンジニアのための見積もり実践入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 

 

 


「エンジニアのための見積もり実践入門」楽天市場での購入はこちら※電子書籍版です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エンジニアのための見積もり実践入門【電子書籍】
価格:1760円 (2020/10/29時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー