mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

アドビシステムがオリジナルフォント「貂明朝」をリリース

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171128164801p:plain

Adobe Typekit blog 日本語版より転載

貂明朝

アドビシステムズはクリエイティブプラットフォーム「Adobe Creative Cloud」のフォントライブラリ「Adobe Typekit」において、アドビシステムズのチーフタイプデザイナーである西塚涼子氏のデザインによる新しいアドビオリジナル和文書体「貂明朝」を11月28日に追加した。
▼関連記事:「Adobe Typekit」で新たに日本フォントベンダー4社による合計74フォントが利用可能に!

www.mojiru.com

貂明朝の特徴

f:id:mojiru:20171128172954p:plain

貂明朝の特徴として躍動感にあふれた手書きの文字に江戸時代の瓦版印刷に見える運筆の特徴も取り入れている。伝統的な明朝体の画線の先端を丸め、やや太めに仕上げ、ふところは小さめにしている。広告コピー、書籍・出版物のタイトルなど幅広い用途で使用できる。 

書体はJIS X 0208の第一水準と第二水準の漢字、最新の常用漢字と人名用漢字の文字集合を含む6,469文字を収録。独自の特徴として符号化されていない異体字形を含まないことや、それがJIS2004基準であること、ディスプレイ書体でありグリフはJIS90基準の形よりJIS2004基準の形により近いといった特徴を有している。

 

f:id:mojiru:20171128171024p:plain

Adobe Typekit blog 日本語版より転載

貂明朝にはフルセットの欧文グリフも含まれおり、その欧文グリフは Ten Oldstyle という書体名が付けられたもので、アドビのType部門のプリンシパルデザイナー、ロバート・スリムバック氏がデザインした。
手書きのカリグラフィがもつ素早い筆致と、イタリアルネサンスの古典的人文主義様式の本文用活字書体のもつ実用性とを、Ten Oldstyle は兼ね備えている。

 

f:id:mojiru:20171128172532j:plain

CJK Type Blogより転載

f:id:mojiru:20171128172537j:plain

CJK Type Blogより転載

西塚氏が貂明朝開発時にコンセプトを説明するために描いた4種類のキャラクターが社内で人気が出たため、異体字として4種のキャラクターが入力できるようになっているようだ。SVG(Scalable Vector Graphics)のカラーグリフも提供予定とのこと。きつねの〒記号もかわいい。

貂明朝は11月28日からTypekitの書体ライブラリーに追加されており、Typekitの書体ライブラリーのフォントは、Web用フォントとしても、また同期することでPC上のデスクトップフォントとしても利用が可能。Creative Cloudの有料プランに登録している場合は追加料金なしで使用できるが源ノ角ゴシック、源ノ明朝と異なり、オープンソースフォントではないため、使用はCreative Cloudユーザーに限られる。

Adobe製品情報

▼Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版

 

PhotoshopやIllustratorを始めとするデスクトップアプリ。様々なモバイルアプリとクラウドならではのサービスを統合したトータル制作環境になっている。随時リリースされるアップデートを含め、これらすべてを追加料金なしの定額制で利用できる。

 

▼Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版|学生・教職員個人版|12か月版

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版|学生・教職員個人版|12か月版|オンラインコード版

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版|学生・教職員個人版|12か月版|オンラインコード版

 

Adobe Creative Cloudの学生・教職員個人版。アカデミック価格なので当然通常価格で購入するより安い。

 

▼Acrobat Standard 2017 アドビ ※パッケージ版【返品種別B】【送料無料】  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Acrobat Standard 2017 アドビ ※パッケージ版【返品種別B】【送料無料】
価格:42500円(税込、送料無料) (2017/12/3時点)


 

 

▼Acrobat Pro 2017 日本語 Mac 【学生・教職員版】 アドビ ※パッケージ版【返品種別B】【送料無料】  


 

 

Typekit ビジュアルサーチが日本でも利用可能に!

またTypekitのサイトリニューアルにともない「Typekit ビジュアルサーチ」が日本でも利用可能になった。

Typekitビジュアルサーチは、調べたいフォントの写真を撮影し、Typekitに読み込むことでTypekit内にある1万の欧文書体の中から近しいものをピックアップする機能で、同社のスマートフォンアプリ「Adobe Capture CC」で搭載された機能と同じものがブラウザ上でも利用できるようになった。

▼関連記事:カメラで読み取ったフォントを瞬時に判別する近似フォント検索機能が追加されたios無料アプリ「Adobe Capture CC」

www.mojiru.com

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー