mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

エヴァフォント・エヴァンゲリオンの明朝体「マティス」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181012085310p:plain

マティス

フォントワークスの明朝体。「漢字」と「かな」のバランスが良く、文字組みしたときに最大限の読みやすさを発揮する。デザインはロダンを手がけた佐藤俊泰氏。
マティスのウェイトEBは、新世紀エヴァンゲリオンのサブタイトルに使われて有名で「エヴァフォント」とも呼ばれている。

 

f:id:mojiru:20181012085322p:plain

f:id:mojiru:20181012085328p:plain

 

f:id:mojiru:20181012085333p:plain

 

f:id:mojiru:20181012085336p:plain

f:id:mojiru:20181012085747p:plain

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版  

f:id:mojiru:20190126085016j:plain

「フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版」には新世紀エヴァンゲリオンのTVシリーズで使用された「EVA-マティス-クラシック」と新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」を収録。

また、エヴァフォントの歴史を集約した特別冊子を収録。
エヴァとマティスが共に歩み、互いに進化し続けた20年の歴史が分かる“特典ブックレット”が、今回の目玉。エヴァとマティスの出会いの経緯とは?なぜ、庵野監督は、マティスEBを選んだのか?エヴァが創ったアニメにおける文字表現とは?などなど、ファンなら知っておきたい情報をすべて集約。
年賀状やプレゼンテーションデータ、動画共有サイトへのコンテンツ映像や、個人のWebサイトなど、様々なシーンで活用が可能。

f:id:mojiru:20190126085204j:plain

f:id:mojiru:20190126085206j:plain

f:id:mojiru:20190126085209j:plain

「フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版 」Amazonでの購入はこちら
フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

 

エヴァンゲリオンのTVシリーズで使用された「EVA-マティス-クラシック」と新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」の2種類のフォントが収録。エヴァとマティスが共に歩み、互いに進化し続けた20年の歴史が分かる“特典ブックレット”も収録している。フォントの使用許諾としては年賀状やプレゼンテーションデータ、動画共有サイトへのコンテンツ映像や、個人のWebサイトなど、様々なシーンで活用が可能になっている。 

フォントワークス製品情報

▼フォントワークスLETS 1年コース (1台パック)  

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

 

フォントワークスによる複数メーカーの高品位でバラエティ豊かなフォントがすべて使用できる年間定額制フォントサービス。現在提供中のフォントだけでなく、新たにリリースされるフォントも、ずっとこの金額で使用できる。コンテンツの多面的な展開が増え、商用フォントの活用フィールドが広がりを見せるなか、許諾内容を明確に公開している。使いたいフォントがすぐに手に入る。「LETS」はオンラインで契約手続きが簡単。

 

 

明朝体記事「月刊MdN 2018年11月号(特集:明朝体を味わう。/付録小冊子 書体見本帳)」

www.mojiru.com

「月刊MdN 2018年11月号(特集:明朝体を味わう。/付録小冊子 書体見本帳)」Amazonでの購入はこちら 
月刊MdN 2018年11月号(特集:明朝体を味わう。/付録小冊子 書体見本帳)[雑誌]

月刊MdN 2018年11月号(特集:明朝体を味わう。/付録小冊子 書体見本帳)[雑誌]

 

【特集1】
明朝体を味わう。
明朝体ソムリエになりたい

ワインのラベルを見て、品種や産地を手がかりにその一本のことをいろいろと想像し、
最後に自分の舌で楽しむ。
そんなワインのテイスティングのように明朝体を味わえたら、読書をしたり
グラフィックを見る喜びがより大きくなるはず。
タイプフェイスデザイナー、書体研究家、グラフィックデザイナー、文筆家、
フォントベンダーの関係者など計15人の識者の言葉を手がかりに
「名品」と言える27種類の明朝体の成り立ち、
そして味わいを解説します。


【紹介する明朝体】※誌面登場順
◆築地体前期五号
歴史が発酵させた味。日本の明朝体はここから始まる

◆築地体初号
当時の面影を色濃く残す古代ワインのような明朝体

◆築地体後期五号
現代明朝体の始祖となるもぎたての果実のような成果

◆秀英明朝
改良を重ねて今がいちばん美味しい伝統の味わい

◆秀英初号明朝
江戸のクラシカルな香りが漂う粋な見出し明朝体

◆精興社書体
門外不出の格調高い一品。美しい謎に包まれた味

◆石井中明朝体(MM-OKL)
天才が手間ひまかけて美味をやさしく抽出した文字

◆イワタ明朝体オールド
文学を目でなめらかに十全に味わえる孤高の明朝体

◆モトヤ明朝
公的な場面で味わいたい、晴れがましさを感じる一品

◆凸版文久明朝
優しい軽みのある味わいでスッキリ爽やかテイスト

◆本明朝
刺激的で硬いテイスト。でもこの刺激、覚えがある?

◆A1明朝
情感あふれる味わい。言葉を選ぶほどの文字の個性

◆本蘭明朝
先進的な思想の明朝体。味わったことのないシャープさ

◆リュウミン
端正で落ち着いた表情。ひんやりとクールなテイスト

◆光朝
過去と未来が書体の中で交錯するハイブリッドな味覚

◆ヒラギノ明朝体
伝統をアップデートした雑味のない研ぎ澄まされた味

◆小塚明朝
機械的なまでに粒が揃った味わい。サイボーグ明朝体

◆丸明オールド
クラシカルでモダン。2つの異なる香りが広がる

◆游明朝体
この上質な味わいが新しい時代のスタンダードに

◆筑紫明朝
精製したばかりの米のように瑞々しく清潔な明朝体

◆筑紫Aオールド明朝
伝統の味わいを再定義、再構築したら新テイストに

◆第2期 筑紫明朝(筑紫アンティーク明朝/筑紫Q明朝/筑紫Aヴィンテージ明朝/筑紫Bヴィンテージ明朝)
伝統? 新創作? 明朝体の問題作といえる新テイスト

◆TP明朝
明朝体本来の情緒感を排したメカニカルなテイスト

◆貂明朝
かわいらしいけど媚びない飄々としたテイストの明朝

【登場する識者】※誌面登場順
祖父江 慎/小宮山博史/正木香子/橋本和夫/伊藤正樹/小野克之/藤田重信/鈴木 功/新井尚子/池田 暢/小塚昌彦/鳥海 修/草野 剛/西塚涼子/片岡 朗


■特別付録小冊子 明朝体テイスティングリスト
特集に連動した書体見本帳です。
特集で紹介する27種類の明朝体の書体見本と組み見本を掲載しています。
また書体の味わいを紹介する文章も用意しました。

「月刊MdN 2018年11月号」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MdN (エムディーエヌ) 2018年 11月号 [雑誌]
価格:1589円(税込、送料無料) (2018/10/9時点)

楽天で購入

 

 

明朝体記事

www.mojiru.com


明朝体記事:フリーフォン「しっぽり明朝」

www.mojiru.com


明朝体記事:オープンソースフリーフォント「源ノ明朝」

www.mojiru.com


明朝体記事:Adobeフォント「貂明朝」

www.mojiru.com


明朝体記事:Adobeフォント「貂明朝テキスト」

www.mojiru.com


明朝体記事:モリサワ「リュウミン」

www.mojiru.com


明朝体記事:モリサワ「UD黎ミン」

www.mojiru.com

明朝体記事:ダイナフォント「超極太明朝体」

www.mojiru.com


明朝体記事:ダイナフォント「娥眉明朝体」

www.mojiru.com

 

明朝体記事:タイププロジェクト「濱明朝」

www.mojiru.com

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー