mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

トマト農家必読!スマート農業による栽培技術紹介本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200730112911j:plain

トマトの生産技術

誠文堂新光社は、2020年8月12日(水)に、中野明正氏編著によるトマト農家必読、基本的知識から注目される産地の事例、技術革新が進むスマート農業による栽培技術までを網羅した決定版「トマトの生産技術」を発売した。


トマトは日本でも根強い人気があり、生産者にとっては収益性のある品目で、各種苗メーカーも新品種を多数リリースするなど、業界全体で力を入れている品目となる。
トマトの生産技術」では、トマトの栽培技術の基本的知識から、注目される産地の栽培・経営・事例、さらに技術革新が進むスマート農業による栽培技術など、トマト生産に関わるすべてが網羅された決定版で、トマトの生産者、産地の指導員、最先端農業の研究者必携の一冊。

 

f:id:mojiru:20200730112927j:plain

f:id:mojiru:20200730112930j:plain

f:id:mojiru:20200730112935j:plain

f:id:mojiru:20200730112937j:plain

f:id:mojiru:20200730112941j:plain

f:id:mojiru:20200730112945j:plain


中野明正Profile●千葉大学学術研究・イノベーション推進機構 特任教授
博士(農学),技術士(農業),土壌医,野菜ソムリエ上級プロ

 

「トマトの生産技術」目次

2 はじめに
4 目次

9 1章 トマト生産の基礎
10 栽培の歴史と世界の生産状況
18 基本的な栽培特性
40 トマトの生理障害と対処法
50 トマトの病虫害と防除法
61 トマト生産における経営管理

71 2章 トマト生産地の事例
72 日本全体の作型と生産状況
80 トマト生産と流通の状況
88 事例① 北海道 北海道における生産の現状と展望
98 事例② 岩手県 岩手県の主要作型と実際の栽培
107 事例③ 千葉県 千葉県におけるトマト生産の取り組み
118 事例④ 愛知県 愛知県におけるトマト主要作型と実際の栽培
127 事例⑤ 岐阜県 岐阜県における主要作型と実際の栽培
136 事例⑥ 兵庫県 兵庫県における主要作型と実際の栽培
144 事例⑦ 岡山県 岡山県における主要作型と実際の栽培
154 事例⑧ 徳島県 徳島県における生産状況と生育環境制御への取り組み
159 事例⑨ 福岡県 福岡県における主要作型と実際の栽培
167 事例⑩ 熊本県 熊本県におけるトマト生産の取り組み

179 3章 最先端技術への取り組み
180 トマトの品種開発最前線
185 環境制御技術最前線
194 トマト生産における温室構造最前線
200 トマトの生産の自動化・機械化最前線
205 トマトの品質評価・解析最前線
212 先端的技術実証の取り組み~次世代拠点
217 スマート農業実証と今後の展望
220 輸出への取り組みと展望
221 高温多湿環境向けのトマト生産システム
―日本のトマト生産技術を世界に向けて発信?
225 緑熟果を用いた長期貯蔵法
229 トマトの超高収量生産の実証
240 全農におけるミニトマト生産の取り組みとポイント

245 4章 トマト生産の未来
246 トマト生産の方向性と技術の展望
258~261 引用・参考文献
262~267 索引
268~271 執筆者紹介

 


「トマトの生産技術」Amazonでの購入はこちら

 

 


「トマトの生産技術」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トマトの生産技術 営農に役立つ 作型・産地事例・スマート農業 [ 中野 明正 ]
価格:3740円(税込、送料無料) (2020/7/30時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー