mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

「アイデア」No.390で初のファッション特集

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200610090442j:plain

アイデア No.390

誠文堂新光社は、2020年6月10日(水)に、企画・構成:山縣良和氏 +writtenafterwards、磯山 進伍氏、須山悠里氏、アイデア編集部によるグラフィックデザインとタイポグラフィの専門誌「アイデアNo.390」を発売した。

 

「アイデア」は、1953年創刊のクリエイターのための世界のグラフィックデザイン誌。現存するデザイン誌としては最古参の雑誌で、戦前の前身である『廣告界』にさかのぼると80年を越える伝統と実績を誇り、創刊以来、国際的なデザインネットワークを活用して古今東西のデザインの状況を伝えている。

 

「アイデアNo.390」では初のファッション特集が組まれた。タイトルは「writtenafterwards:装綴(そうてい) ファッションデザインの生態学」。 ファッションデザイナーの多くは、ひとつのコレクションを制作していく上で膨大なリサーチを行い、そこで得た断片的な思考を「ムードボード」という平面空間のなかに整理していく。
「アイデアNo.390」本特集では、そうしたファッションデザイナーたちの創作のプロセスを可視化するために、ファッションブランド「writtenafterwards」のデザイナー・山縣良和氏による創造の過程と山縣氏の個人史にまつわる物や記憶を、社会的な事象とも結び合わせながら紹介。

神話から始まり、古代、中世、近世、近代を経て、現代まで至る誌面を眺めていくと、なかには狭義のファッション観では捉えられないものも出てくるかもしれない。
しかし、東西の文化を横断し、山縣氏の創作を通してファッションの歴史を綴った本特集からは、人類と併走してきた装いの変遷と、その生態系を感じることができるはず。
そして、その変遷を辿ることにより、ファッションデザインとグラフィックデザインの思考の上での共通点・相違点を探っていき、両者のあらたな可能性を検証する。

デザインは須山悠里氏、撮影は写真家の田附勝氏が担当。ファッションや装いを考えるインタビューには、11名が参加。


【畑中章宏(民俗学者、作家)】何を着てきたか―「衣」のフォークロア

【ばるぼら(ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家)】日本女性ファッション誌小史

【速水健朗(ライター)】21世紀の消費社会とファッションとフォークロア

【栗野宏文(株式会社ユナイテッドアローズ上級顧問、クリエイティブディレクション担当)】ファッションって何だろう―40年の歩みからみた服の価値

【鈴木親(フォトグラファー)】Purpleと90年代以降のファッションシーン 鈴木親の仕事

【西尾マリア(セントラル・セント・マーチンズ大学ファッション科講師)】2020年ファッションの進化と役割

【リンダ・ロッパ[Linda Loppa](キュレーター、教育者)】ファッションのエッセンスの探求,デザインと視覚言語の可能性の検証

【リドヴィッジ・エデルコート[Lidewij Edelkoort](トレンド予測家)】コロナパンデミック以降の社会とファッション

【伊藤亜紗(東京工業大学IIR未来の人類研究センター/リベラルアーツ研究教育院准教授)】身体とファッション

【小石祐介(株式会社クラインシュタイン代表)】崩壊から生まれる新しい人間たち

【石倉敏明(人類学者・神話学者)】変奏される神話―山縣良和とアート/ファッションの想像力

 

その他にも、解剖学者の養老孟司氏と山縣による10代の学びを考える対談企画や、山縣が主宰する「ここのがっこう」にゆかりのある研究者やクリエイターらによる、これからのファッションやものづくりに携わる若者に向けたメッセージ企画がある。 

 

【参加者一覧】
・会田誠氏(美術家)

・家安香氏(デザインディレクター、Edelkoort East代表取締役)

・池上高志氏(複雑系科学研究者、東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系・教授)

・泉英一氏(セレクトショップ「DESPERADO」クリエイティブディレクター、バイヤー)

・内田樹氏(学塾・凱風館館長)

・宇野良子氏(認知言語学者)

・荏開津広氏(DJ、執筆、キュレーション、京都精華大学非常勤、立教大学兼任講師)

・江本伸悟氏(学者)

・奥田桃子氏(writtenafterwardsクリエイティブチーム)

・小松隼也氏(三村小松山縣法律事務所 弁護士兼リーガルディレクター)

・サラ・モワー[Sarah Mower]氏(ファッションジャーナリスト)

・椹木野衣氏(美術批評家)

・下西風澄氏(哲学者)・白石正裕氏(ファッションしらいし代表)

・杉浦太一氏(CINRA, Inc. & Inspire High,Inc.代表取締役・創業者)・須藤玲子氏(テキスタイルデザイナー)

・関根みゆき氏(結び研究家)

・田口淑子氏(フリーランス編集者)

・辰巳清氏(アミューズミュージアム館長、キュレーター)

・豊田啓介(建築家、noizパートナー、gluonパートナー)

・中西多香氏&中西大輔氏(亜洲中西屋)

・名越康文氏(精神科医)

・濱田祐史氏(写真家)

・福森順子氏(社会福祉法人太陽会 しょうぶ芸術文化センターアムアの森館長)

・麥田俊一氏(売文家)

・森田真生氏(独立研究者)

・安田登氏(能楽師)

 

ファッションデザイン、グラフィックデザインそれぞれのクリエイター、これからものづくりに携わりたい人に必見の一冊になっている。

 

f:id:mojiru:20200610090808j:plain

f:id:mojiru:20200610090848j:plain

 

山縣良和Profile●1980年鳥取県生まれ。2005年セントラル・セント・マーチンズ大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にwrittenafterwardsを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めて「LVMH Prize」のセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。「GAKU」のディレクター。 

 

writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)Profile●2007年、山縣良和と玉井健太郎(2009年に辞任)によって立ち上げられた。コンセプトは、装うことの愛おしさを伝え、流行の成り立ちや本質を伝えること。創造性をもって“いま”を表現していくこと。そして心に届けることを。

www.writtenafterwards.com

 

「アイデア No.390」Amazonでの購入はこちら
アイデア No.390 2020年 7月号 [雑誌]

アイデア No.390 2020年 7月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: 雑誌
 

 


「アイデア No.390」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

idea (アイデア) 2020年 07月号 [雑誌]
価格:3111円(税込、送料無料) (2020/6/10時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー