mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

小学2年生の自費出版本絵本化しょうがっこうがだいすき

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190409082929j:plain

しょうがっこうがだいすき

愛知県に住む小学2年生(2018年3月現在)のうい氏が自費出版した本としてメディアで話題になった「しょうがっこうがだいすき」が絵本となって学研プラスから2019年4月25日に発売となる。
学研ホールディングスのグループ会社である学研プラスは、2019年4月25日に発売される絵本「しょうがっこうがだいすき」の予約を開始したことを4月8日に発表した。

優しいタッチの絵柄で人気の絵本作家・えがしらみちこ氏が絵を担当している。 

ういProfile●2010年生まれ。3姉妹の長女。ちょっとひょうきんでみんなを喜ばせることが好き。小学1年生のときに父親が本を出したことに刺激を受け、自分でも本を書くことを思い立つ。半年以上をかけて自力で『しょうがっこうがだいすき』を書き上げる。家族の協力で自費出版すると、メディアで取り上げられ評判に。将来の夢は「パンケーキ屋さん」。

えがしらみちこProfile●1978年福岡県生まれ。熊本大学教育学部卒業。『なきごえバス』(白泉社)でMOE絵本屋さん大賞2016パパママ賞第1位を獲得。主な絵本に『あめふりさんぽ』(講談社)『いろいろおてがみ』(小学館)などがある。

新聞、雑誌、ネットメディアで話題! 小学2年生が書き上げた小学校生活のアドバイスf:id:mojiru:20190409083503j:plain

「しょうがっこうがだいすき」は、愛知県に住む小学2年生(2018年3月現在)のうい氏が自費出版した本がもとになっている絵本。
ういさんが小1のとき、父親が本を出版したことに刺激を受け、自分でも本を書くことを決意。自分ならどういう本を書けるかを考え、自らの経験をもとに、小学校入学前後の子どもたちに向けたアドバイスを半年かけて書き上げられた。
「ゆうきをだして、おともだちにこえをかけてみよう」「さけばないように、れんしゅうしよう」など、現役小学生ならではの目線で書かれたアドバイスは、小学校生活に期待と不安を抱える子どもたちにきっと役立つことだろう。
▼絵本「しょうがっこうがだいすき」ともとになった自費出版本を持つうい氏

f:id:mojiru:20190409082859j:plain



自費出版本として異例のYahoo!ショッピング 本の総合ランキング1位を獲得した「「しょうがっこうがだいすき」」

f:id:mojiru:20190409082921j:plain

うい氏が自力で書き上げた本を「努力をかたちにしてあげたい」と両親が100部限定で自費出版。

その内容の良さから地元メディアに取り上げられ評判になると、新聞や雑誌、ネットメディアの記事になり、全国から注文や問い合わせが殺到。

自費出版では異例の売れ行きとなり、ついにはYahoo!ショッピングの本の総合ランキングで1位を獲得するまでに(2018年10月5日付)。小学2年生が書いた、という話題性だけではなく、読者から心のこもったメッセージが多数届くなどその内容に心打たれる人が続出した。


絵本「しょうがっこうがだいすき」は現役小学生ならではの子どもたちに向けた的確な内容

f:id:mojiru:20190409082934j:plain

「せんせいには、きんちょうしていることをつたえてみよう」など、大人目線ではなかなか思いつかないアドバイスもあり、自分が困ったことだから、これから困るかもしれない子どもたちに伝えたい、「しょうがっこうがだいすき」にはそんな思いがあふれている。親にとっても、子どもはこういうことに困っている、という気づきやその際に子どもとどう向き合えばいいか、というヒントを得られる一冊になっている。

絵本「しょうがっこうだいすき」には「ビリギャル」著者の坪田信貴氏とういさんの対談小冊子付き

累計120万部を突破し映画化もされた『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(角川文庫)の著者で、教育者としても坪田塾で多くの子どもたちの学力を飛躍的に伸ばしてきた実績を誇る坪田信貴氏が、ういさんと対談。「本当にやりたいことを見つけ、自分と約束する」など子育てのヒントがいっぱいの小冊子が付く。

▼坪田氏とういさんの対談小冊子付き

f:id:mojiru:20190409082917j:plain

「しょうがっこうがだいすき」Amazonでの購入はこちら 
しょうがっこうがだいすき

しょうがっこうがだいすき

 

小学2年生のせんぱいから、保育園、幼稚園のみんなへ。
小学校への不安がなくなるように、小学校生活をもっともっと楽しく過ごすために、
現役の小学2年生が自分で考えて自分で書いた16のアドバイスが絵本になりました。

・ゆうきを だして、おともだちに こえを かけてみよう。
・さけばないように れんしゅうしよう。
・むずかしいとおもうことは、れんしゅうしよう。
・せんせいには「きんちょうしていること」をつたえてみよう。
・おとうさんおかあさんに、がっこうのはなしをしよう。

など、現役の小学生ならではの役に立つアドバイスばかりです。
絵は人気絵本作家のえがしらみちこさん。
特別付録に、子育てのヒントが詰まった
「ビリギャル」著者の坪田信貴さんとういさんの対談小冊子が付きます。


◆この本の特徴◆
小学校へ向けてのわくわくする気持ちと、ちょっとの不安。
親でも小さい子どもの気持ちに寄り添うのはなかなか難しいかもしれません。
ういさんが自分が小学校に上がる前、上がってからのことを
思い出しながら書き綴ったアドバイスは、
子どもたちにとってきっと役に立つことでしょう。


【Yahoo!ショッピング 本の総合ランキング1位!】
もともとは100部限定で自費出版された本書。
地元メディアに取り上げられるとあっというまに広がり、
ネットニュースやテレビの取材のほか、
雑誌にもういさんと『しょうがっこうがだいすき』の特集が組まれるほどの評判に。
自費出版本の注文も殺到し、ついにはYahoo!ショッピングの
本の総合ランキングで1位を獲得する人気に(2018年10月5日付)。
もっともっと多くの人に読んでもらいたくて、絵本になりました。


【ビリギャル著者坪田信貴さんとういさんの対談付録付き】
「子別指導」で子どもの学力を飛躍的に伸ばすことで定評のある
坪田塾塾長で、映画化もされた『学年ビリのギャルが1年で
偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(角川文庫)の
著者でもある坪田信貴氏とういさんの対談小冊子が付録に。
「本当にやりたいことを見つけ、自分と約束する」
「夢は誰かに言ったほうがいい」などのテーマで
坪田氏とういさんがじっくり話し合っています。
子育てのヒントがいっぱいです。 

「しょうがっこうがだいすき」楽天市場での購入はこちら

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー