mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

関数型言語Elixirのフレームワーク解説書

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200604081531j:plain

Elixirへのいざない

インプレスグループで電子出版事業を手がけるインプレスR&Dは、川邑リュウ氏著書による、技術書典や技術書同人誌博覧会をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指し、最新の知見を発信する技術の泉シリーズ2020年6月最新刊として、動的な関数型言語であるElixirのフレームワークであるPhoenix LiveViewとNervesについて、実際にさわって体験をしてみることを主眼とした解説書「Elixirへのいざない」を発売した。


川邑リュウProfile●関東のうさまらー。最近の好きな言語はGolangとElixir。しがない独立系SIerで業務では主にRuby、SNMP、RRDtoolなどを利用してます。

 

 

 

「Elixirへのいざない」発行主旨・内容紹介

 「Elixirへのいざない」は、動的な関数型言語であるElixirのフレームワークであるPhoenix LiveViewとNervesについて、実際にさわって体験をしてみることを主眼とした解説書。Phoenix LiveViewを利用してサーバサイドのみでSPAのWebアプリ構築を、Nervesを利用してIoT機器の操作方法を知ることができる。「Elixirへのいざない」は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されている。

▼Elixirについての基本的な解説を掲載

f:id:mojiru:20200604081546j:plain


▼フレームワーク「Phoenix LiveView」を体験

f:id:mojiru:20200604081550j:plain 

▼フレームワーク「Nerves」を体験

f:id:mojiru:20200604081554j:plain 

「Elixirへのいざない」目次

第1章 Elixirを体験する
第2章 Mixを体験する
第3章 Phoenixを体験する
第4章 Phoenix LiveViewを体験する
第5章 Nervesを体験する

 


「Elixirへのいざない」Amazonでの購入はこちら
Elixirへのいざない (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

Elixirへのいざない (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

  • 作者:川邑 リュウ
  • 発売日: 2020/06/05
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 

 

 

「Elixirへのいざない」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Elixirへのいざない【電子書籍】[ 川邑 リュウ ]
価格:1760円 (2020/6/4時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー