mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

イワタから小さくしても読みやすいUDフォント「小春良読体R(こはるりょうどくたい)」が発売開始

スポンサーリンク

 

f:id:mojiru:20170831173137j:plain

小春良読体

株式会社イワタは、共同印刷株式会社と読みやすさの検査法を開発した東京女子大学の小田浩一教授との共同研究により、株式会社イワタの「イワタUDゴシック」をベースに開発した「小春良読体」の販売を2017年8月30日から開始した。

 

 f:id:mojiru:20170831173129j:plain

 

小春良読体はその特長として横書きに特化したフォントで、帳票印字に使用するプロダクションプリンタでの使用に適している。

「文字間を確保する」「濁点などのつぶれやすい箇所を大きくする」などを考慮し、読みやすさを向上させており、通知物などの印字処理だけでなく、一般の印刷物や組み込みに使用することも可能。 

 

▼見分けやすい字形になるように濁点や半濁点を大きくしている。

f:id:mojiru:20170831174217g:plain

 

▼余白を持たせ、適度な文字間隔を確保。

f:id:mojiru:20170831174220g:plain

 

またこういった書体の読みやすさの特徴を裏付ける検証として「MNREAD-J(エムエヌリード ジェイ)」が行われた。

「MNREAD-J」は、ミネソタ大学ロービジョン研究室が開発した検査法「MNREAD」の日本語版であり、同研究室と東京女子大学の小田研究室が日本人の行動やニーズを考慮に入れて開発された。評価項目として、読書視力(読書がぎりぎり可能な文字サイズ)、最大読書速度(標準的な読書速度)、臨界文字サイズ(最大読書速度が維持できる最小の文字サイズ)などがある。

この実験の結果、「小春良読体」は通知文書などで使用される一般的なゴシック体と比較して「読みやすい」という評価を受けている。

 

書体名:小春良読体

標準小売価格:20,000円(税別)

発売日:2017年8月30日

フォント仕様:フォーマット:TrueTypeフォント(Windows用)
文字セット: JIS X 0213:2004字形に準拠した7,346文字とJIS X 0208-1990字形に準拠した7,336文字の2フォントセット販売となる。

※本フォントは横組み専用フォントのため、縦書き用文字は含まれない。
※本フォントは等幅フォント(*.ttf)のみとなり、プロポーショナルフォントはない。

 

▼外部参照リンク 書体の詳細について

www.iwatafont.co.jp

イワタUDゴシック

f:id:mojiru:20170921163335p:plain

イワタUDゴシックは2006年にユニバーサルデザイン(UD)の視点に基づいて開発された「イワタUDフォント」のゴシック体。UDとは年齢・性別や障害に関係なく、あらゆる人が商品・サービス・住居・施設を快適に利用できるように配慮されたデザインで、イワタではUDの視点にもとづいた文字デザインを詳細に調査・検討し、より幅広い用途で、正確な情報の伝達に対応している。
イワタUDフォント」にはイワタUDゴシック以外にもイワタUD丸ゴシック、イワタUD明朝がある。
フォントの特徴は読みやすく、誤読されにくいを基本コンセプトに、文字ひとつひとつの構成要素を視認しやすくする、誤読しにくく、他の文字との判別をわかりやすくする、シンプルさ、美しさ、整理、整合性をもつ、文字列としての単語・文章の読みやすさの4つのコンセプトをもとに開発されている。
NPO法人 メディア・ユニバーサル・デザイン協会によりMUD推奨製品認定 N.10001号として認定されており、また「2009年度グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞」(経済産業大臣賞)受賞している。

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー