mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

名古屋を表現した都市フォント「金シャチフォント 姫」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200319080207p:plain

都市フォントプロジェクト「金シャチフォント 姫」

タイププロジェクトは2020年3月16日に、都市フォントプロジェクトのひとつとして、名古屋の文化を書体デザインに反映した装飾的な明朝体「金シャチフォント 姫」の発売を開始したことを発表し、同日2020年3月16日から、タイププロジェクトオンラインショップでの販売およびTP コネクトでの提供が開始された。
「金シャチフォント 姫」は、漢字・仮名・欧文のそれぞれの独自性を活かしつつ、書体全体としての調和を図った新鮮かつ挑戦的で、華やかなフォント。個性的で豪華な飾りの要素を取り入れた漢字と、平安時代に漢字の使用が制限されていた女性たちが、歌や日記などで平仮名を使っていたことに由来していると言われているたおやかな女手を手本にした古典的な香りのする仮名、巻き髪のような装飾的なデザインの欧文からなり、日本語の視覚表現にこれまでにないきらびやかな彩りをもたらした。

タイププロジェクトの代表取締役である鈴木功氏は、「金シャチフォント 姫」について「地域特有の文化資源を書体デザインに活用する。これは都市フォント構想を貫く基本的な考えかたです。金シャチフォントは、起筆にシャチホコの反り、漢字のウロコに城の破風の形状を反映させるなど、名古屋文化の象徴を取り入れています。名古屋開府400年にあたる2010年に金シャチフォントのプロトタイプを発表し、フォント製品をリリースするまでの10年間に、名古屋の企業や自治体、多くのデザイナーの求めに応じて必要な文字を提供してきました。今後は、名古屋を始めとしてより多くの皆様に、この華やかなフォントを使っていただくことを楽しみにしています。」と述べている。

「金シャチフォント 姫」書体見本

f:id:mojiru:20200319080432p:plain

 

「金シャチフォント 姫」のファミリーは、EL(エクストラライト)、L(ライト)、R(レギュラー)、M(ミディアム)、DB(デミボールド)、B(ボールド)の6つのウエイトで構成されている。

 

 

「金シャチフォント 姫」使用例

f:id:mojiru:20200319080444p:plain

金シャチフォントを採用した、パックタケヤマ社のジャパン手提げ袋 名古屋弁バージョン、大須おみやげカンパニーの名古屋Tシャツなどが販売されている。

 

「金シャチフォント 姫」製品詳細・販売窓口

typeproject.com

 

「金シャチフォント 姫」販売価格(税込)

1ウエイト(ダウンロード版のみ):20,750円
6ウエイトセット ダウンロード版:112,000円
6ウエイトセット CD-ROM版:115,000円

「金シャチフォント 姫」Webフォント

▼REALTYPE.jp サブスクリプション

リアルタイプ | 軽量高速・無料から使えるWebフォント配信サービス

 

「金シャチフォント 姫」製品仕様

文字セット:9,525字(Adobe-Japan1-3をベースにカスタムグリフを追加)
ウエイト: EL(エクストラライト)、L(ライト)、R(レギュラー)、M(ミディアム)、DB(デミボールド)、B(ボールド)
フォーマット:OpenTypeフォントフォーマット
動作環境:Mac OS X、macOS、Windows 8.1、10 (いずれも日本語版)


タイププロジェクト株式会社

「文字の可能性を広げたい」それがタイププロジェクトの原動力です。2001年の創業以来、AXIS FontやTP朝、TPスカイなど、次世代標準を目指したベーシックなフォントを提供しています。また、企業のブランディングを促進するコーポレートフォント、都市のアイデンティティを表現する都市フォントなど、多彩な成果をあげていす。「文字を通じて人々の生活をより快適に、より豊かなものにする」という企業理念のもと、新しい社会に必要な書体を開発する21世紀の文字カンパニーとして活動しています。

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー