mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

売れるインターフェイスデザインの仕組みを解説した一冊

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181024082059j:plain

[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61

UXコンサルタントであり、プロジェクトマネージャーである中村和正氏著書による、消費者が思わず買わずにはいられなくなるWebデザインおよびマーケティングの心理効果を解説した「売れる」心理学を解説した「[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61」がエムディエヌコーポレーションから2018年8月1日に発売された。

 

f:id:mojiru:20181024131857j:plain

f:id:mojiru:20181024131901j:plain

f:id:mojiru:20181024131904j:plain

f:id:mojiru:20181024131908j:plain

f:id:mojiru:20181024131910j:plain

f:id:mojiru:20181024131914j:plain

f:id:mojiru:20181024131917j:plain

f:id:mojiru:20181024131920j:plain

f:id:mojiru:20181024131923j:plain

「[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61」Amazonでの購入はこちら 

[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61

[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61

  • 作者: 中村和正
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

~消費者が思わず買わずにいられなくなる Webデザインとマーケティングの心理効果を解説した「売れる」心理学。~

インターネット上で消費者に購買行動を起こさせるには、どんなサイトにすればよいのか? デザインや文章、キャッチや画像はどのようにしたらよいのか? 購買のための動機づけをどのように考えればよいのか?

これらはネットでものを売りたいすべての方にとって、極めて重要な関心事といえます。

本書は、「クレショフ効果」や「アフォーダンス理論」「フィッツの法則」「コントラスト効果」「ヴェブレン効果」といった61の心理効果について、「認知心理学」と「マーケティング心理学」の2つの視点から、どのような状況で人の心理が作用するかについて身近なエピソードを交えながら解説していきます。

また、これらの心理効果をデザインやUI、マーケティング施策に生かす実践的な方法についても紹介しました。

WebデザインやWeb制作、マーケティングに携わる方なら、明日からでもすぐに使えるテクニックを得ることができるでしょう。

また、心理学に興味のあるすべての方にとっても、ビジネスや生活の中に何かしらのヒントを与えてくれるでしょう。
〈こんな方におすすめです〉
・Webデザインや制作、Webマーケティングに携わる方
・ネットビジネスで成果を上げたい方
・認知心理学や行動心理学に興味のあるすべての方

中村和正Profile●UXコンサルタント/プロジェクトマネージャー。1979年生まれ、茨城県出身。2007年よりWeb制作会社にて制作部門を統括しながらプロジェクトマネージャー、インフォメーションアーキテクトとして数々のプロジェクトに参画。2015年よりフリーランスとして活動。2016年にはデジタルマーケティングのコンサルティング会社の立上げに参画。各企業のデジタルマーケティングやITプロジェクトの運営支援のほかメディア運営などに従事。2018年3月より株式会社メタフェイズ執行役員に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの) 

「[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61」楽天市場での購入はこちら 


 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー