mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

カリグラフィーの基礎から応用まで収録

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20180123094202j:plain

カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字

スタジオ「アンドスクリプト」を主宰し、教室でのレッスンや、美術専門学校でのワークショップで教えるなど、カリグラフィーを教え広める活動をしている三戸美奈子氏による「カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字」が誠文堂新光社から2017年10月5日に発売された。

f:id:mojiru:20180123094226j:plain

f:id:mojiru:20180123094230j:plain

f:id:mojiru:20180123094235j:plain

f:id:mojiru:20180123094238j:plain

f:id:mojiru:20180123094243j:plain

f:id:mojiru:20180123094246j:plain

 

▼「カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字」Amazonでの購入はこちら 

カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字

カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字

 

西洋の書道といわれる、手書きのアルファベット、カリグラフィー。
その語源はギリシャ語のCALLI(美しい)とGRAPHEIN(書くこと)に由来しています。
美しく手で書かれた文字の温かみや個性が今改めて見直され、さまざまなクラフト、文字を使ったビジュアルアート、
造形、製本、そしてグラフィックデザインなど、幅広い分野で必要とされています。

本書は、2011年刊行『カリグラフィー・ブック』の増補改訂版です。
大幅にボリュームアップし、カッパープレート体、ドローイングを新たに収録。
手書き文字が人気となっている今、関心の高いこれらのテーマを追加しました。
作例も一部を新しくし、よりわかりやすく、使いこなしていただけるものとしました。
いずれの章も、それぞれの文字、書体のコンセプトや性質を、歴史を含めて基礎からきちんと学び、
身につくように解説。
そして、それぞれの個性を生かした自分自身の文字が書けるようになるまでを目指す、
これまでにないカリグラフィーの教本です。

これから美しい文字が書けるようになりたい方はもちろん、すでにカリグラフィーを学んでいてバリエーションに
触れたい方、オリジナリティのある文字を書けるようになりたい方にもおすすめです。
また、文字や書体について知識を深めたい方にもぜひ読んでいただきたい1冊です。
<編著>三戸美奈子:立教大学社会学部社会学科卒。1992年、米国オレゴン州でカリグラフィーと出会う。国内・海外の作品展出展、入選多数。「Speedball Textbook」や「Art and Craft of Hand Lettering」など海外のテキストブックにも作品が掲載されている。季刊誌「LETTER ARTS REVIEW」に作品掲載多数。スタジオ「アンドスクリプト」主宰。教室でのレッスンや、美術専門学校でのワークショップで教えるなど、カリグラフィーを教え広める活動をしている。NPO法人 ジャパン・レターアーツ・フォーラム(J‐LAF)代表理事を務める。 <執筆>河南美和子、北見都、清水裕子、白谷泉、星幸恵

▼「カリグラフィー・ブック 増補改訂版: デザイン・アート・クラフトに生かす手書き文字(電子書籍版)」楽天市場の購入はこちら
※こちらは電子書籍版になります。 


 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー