mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

寝台列車という響きにはロマンしかない「オリエント急行殺人事件」

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20180104090640j:plain

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

オリエント急行殺人事件

[オススメ度]

★★★☆☆

 

[スタッフ]
監督:ケネス・ブラナー
脚本:マイケル・グリーン

[キャスト]
ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、デイジー・リドリー、ウィレム・デフォー、ジョシュ・ギャッド、デレク・ジャコビ、レスリー・オドム・Jr.、マーワン・ケンザリ、オリビア・コールマン、ルーシー・ボーイントン

[上映時間]
114分

 

寝台列車にはロマンしかない。
ブルートレイン、カシオペア、北斗星、サンライズエクスプレス、いつかは乗ってみようと夢を見つつも夢のままで過ぎていった日々。今作はそんなロマンしかない寝台列車が舞台だ。寝台列車×殺人事件、こちらもロマンあふれるが、実際に寝台列車に乗って殺人事件に鉢合わせたら災難でしかない。
だから映画の中で体験するのだ。
そういう理由で公開中の映画「オリエント急行殺人事件」だ!

「オリエント急行殺人事件」はアガサ・クリスティの傑作ミステリーであり、ジョニー・デップやミシェル・ファイファーといった豪華キャストが名を連ねて、この冬、新たに映画化された。主役である名探偵エルキュール・ポアロをケネス・ブラナーが演じ、ケネス・ブラナー自身が製作と監督も兼ねている。

それでは警笛を鳴らして、寝台列車と映画の旅へ出発進行したい。

 トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行でジョニー・デップが演じる富豪ラチェットが刺殺されてしまう。楽しいはずの寝台列車の旅が台無しだ。

容疑者は教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人。
偶然というか必然というか殺人事件あるところに名探偵ありの如く、この列車に乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポアロが列車内という動く密室で起こった殺人事件の解決に乗り出していく。

夕飯を済ませてからのトリエ京王調布の「イオンシネマ シアタス調布」で21時10分からの回を観に行ったのだが、満腹感故か、寝台列車のシーンに釣られたのかは全くのミステリーであるが、劇中のオリエント急行が出発したあたりで、急に意識を失ってしまい、目が覚めたら、そこは雪国ではなく、事件の真相解明の場面でだった。

どうやら真相自体は小説版と一緒だったようで、なんとか消化不良にならずに済んだ。

事件が解決し、列車が目的地に到着するとポアロは次の事件が待つナイルに向かう事になったが、これはアガサ・クリスティのポアロシリーズの「ナイルに死す」を示唆しており、こちらもこの後、映画化が決定されているとのことだ。

ちなみに「ナイルに死す」は船上が舞台となっている。船の揺れ次第ではまた寝てしまうかもしれない…。

寝台列車という響きにはロマンしか感じない私ではあるが、今回の映画の感想は特にない。強いてあげればイオンシネマ シアタス調布は2017年9月にオープンしたばかりという事もあり、キレイでお洒落な感じの映画館だった。

 

▼オリエント急行殺人事件 (角川文庫) 

オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

オリエント急行殺人事件 (角川文庫)

 

ミステリー史に燦然と輝く永遠の名作が読みやすい新訳で登場!
高級寝台特急で起きた殺人事件の容疑者は、目的地以外は共通点のない乗客たち。世界一の探偵、エルキュール・ポアロが導き出した真実とは――。”ミステリーの女王”の代表作が読みやすい新訳で登場! 

 

▼三谷幸喜が脚本した日本版「オリエント急行殺人事件」

オリエント急行殺人事件 DVD-BOX

オリエント急行殺人事件 DVD-BOX

 

昭和8年2月。下関港に一人の小柄な男がいた。勝呂武尊(すぐろたける)(野村萬斎)。
日本全国を震撼させた「いろは殺人事件」を解決し、一躍有名人となった名探偵である。
小倉の軍事施設で起きた殺人事件を解決した勝呂は、これから下関駅に向かい、特別急行東洋に乗ろうとしていた。
特急東洋は、下関と東京を結ぶ日本初の寝台付き列車。皇室関係者や政府の高官も利用する最新鋭の超豪華列車。
ところが2月だというのに、特急東洋の寝台は満席。たまたま下関で再会した鉄道省の役人・莫(ばく)(高橋克実)の計らいにより、
勝呂は無理やり一等寝室を確保してもらう。朝、下関を出発する特急東洋。東京に着くのは翌日の朝である。
食堂車で勝呂は、実業家・藤堂(佐藤浩市)から身辺警護を頼まれる。だが彼の横柄な態度に勝呂は申し出を拒絶した。
翌朝、岐阜の山中で、大雪のために列車は身動きが取れなくなっていた。その中で、藤堂が客室内で他殺体となって発見される。
莫は、勝呂に協力を依頼。状況証拠から、犯人は寝台車の乗客の中にいると判断した勝呂は、線路が復旧するまでに事件を解決してみせると約束する。
勝呂は、犯人の動機は「復讐」であると推理する。莫と医師の須田(笹野高史)を助手代わりにし、
車掌の三木(西田敏行)を使って、寝台車の乗客12人を1人ずつ尋問していく。
その12人とは、身分も職業も全く違う人々。被害者の秘書・幕内(二宮和也)、執事・益田(小林隆)、おしゃべりなマダム・羽鳥夫人(富司純子)、
教会で働く呉田(八木亜希子)、轟侯爵夫人(草笛光子)、外交官の安藤伯爵(玉木宏)、安藤伯爵夫人(杏)、能登陸軍大佐(沢村一樹)、
万年筆の販売員・羽佐間(池松壮亮)、博多の輸入自動車のセールスマン・保土田(藤本隆宏)、家庭教師の馬場(松嶋菜々子)、
轟侯爵夫人のメイド・昼出川(青木さやか)。 この中に犯人は必ずいる。警察の助けは一切ない。科学捜査もなかった時代。
勝呂は、容疑者たちの証言だけを頼りに、次第に真相へと近づいて行く。
長い尋問が終わるころ、灰色の脳細胞を駆使し、名探偵・勝呂は、ある解答にたどり着く。
それは、誰もが想像し得なかった驚くべき結論。
そして、第2夜は、三谷幸喜のオリジナル。犯人の視点で再び事件を振り返り、犯行に至るまでの経緯を丹念に描く。
それは綿密な犯罪計画に裏打ちされた、驚異の復讐の物語だった。 

 

▼ナイルに死す (クリスティー文庫) 

ナイルに死す (クリスティー文庫)

ナイルに死す (クリスティー文庫)

 

美貌の資産家リネットと若き夫サイモンのハネムーンはナイル河をさかのぼる豪華客船の船上で暗転した。突然轟く一発の銃声。サイモンのかつての婚約者が銃を片手に二人をつけまわしていたのだ。嫉妬に狂っての凶行か?…だが事件は意外な展開を見せる。船に乗り合わせたポアロが暴き出す意外きわまる真相とは。

 

▼今こそ乗りたい 寝台列車の旅 (JTBの交通ムック) 

今こそ乗りたい 寝台列車の旅 (JTBの交通ムック)

今こそ乗りたい 寝台列車の旅 (JTBの交通ムック)

 

ファミリーも、個人旅行も、豪華列車派も、ブルトレ派も。列車は手段から目的へ、寝台列車で日本をクルージングしよう! 現行の全寝台&夜行列車をすべての紹介した、寝台列車のコンプリートガイド!! 寝台列車は、移動手段としてだけではなく、乗車を目的として楽しめる「鉄道」です。新しい出合い、列車ならではの食事、美しき日本の風景、おもてなし。寝台列車には「旅」の魅力がギュギュッと詰まっています。本書では、だれもが「寝台列車の旅」を楽しめるよう、その魅力を紹介します。現在、定期列車として走っている「トワイライトエクスプレス」「カシオペア」「北斗星」「サンライズエクスプレス」「あけぼの」「はまなす」。写真や図解を使い、知りたい情報をわかりやすく解説しました。●車窓や走行風景を美しい写真で紹介する、臨場感たっぷりの乗車ルポ/●寝台列車の楽しみ 食堂車での食事ガイド/●自分が乗りたい寝台はどれ? “勝ち席"の選び方/●各寝台(個室)を、イラストと写真で詳細に紹介/●車窓や路線の歴史情報満載! 詳細ルートマップ(停車駅の時刻表付)/●複雑な料金体系や、さまざまな車内サービス、シャワーなどの車内設備など、乗車時のルールをわかりやすいビジュアルで解説 定期列車以外の寝台特急や夜行列車はもちろんのこと、現在車両製造中の「ななつ星in九州」の速報や、北海道新幹線開通に向けての最新情報なども掲載。年々数が減りつつある「寝台列車」だからこそ、今こそ極上の列車旅へお出かけください!

 

▼日本を満喫できるリゾート列車完全ガイド (万物図鑑シリーズ)  

日本を満喫できるリゾート列車完全ガイド (万物図鑑シリーズ)

日本を満喫できるリゾート列車完全ガイド (万物図鑑シリーズ)

 

「列車に乗ることが旅」というにふさわしい、全国のリゾート列車を詳細レポート。巻頭では超豪華列車「ななつ星in九州」、東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」等を特集。日本全国のリゾート列車、キャラクタートレインなど様々な列車も多彩な写真つきで掲載しているので、それぞれの列車の特徴がすぐにわかります。一生に一度はリゾート列車で豪華な旅をしてみたいという方に是非読んでいただきたい一冊です!
【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。
●表紙●JR九州「ななつ星in九州」乗車記●JR東日本「TOHOKU EMOTION」●寝台列車で札幌に到着したらリゾート列車に乗って観光地へ行こう!●東北のリゾート列車●関東のリゾート列車●中部のリゾート列車●関西&中国のリゾート列車●九州のリゾート列車●楽しさ満載!キャラクタートレイン●SL列車の旅●トロッコ列車の旅●大井川鐡道を満喫する●リゾート列車コラム●起終点駅&途中下車の観光ガイド●全国のおすすめ駅弁ガイド 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー