mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

タイププロジェクトがデンソーのコーポレートフォントとして「DENSO TP 2017」「DENSO Sans TP 2017」の提供を発表

スポンサーリンク

f:id:mojiru:20170704154829p:plain

 

タイププロジェクト株式会社は、先進的な自動車技術・システム・製品を世界中の自動車メーカーに提供するグローバルな自動車部品サプライヤーである株式会社デンソーがタイププロジェクトのAXIS Fontのカスタマイズ版をコーポレートフォントとして導入したことを2017年7月4日に発表した。デンソーのコーポレートフォントとなる「DENSO TP 2017」と「DENSO Sans TP 2017」は、欧文書体と数字をデンマークコペンハーゲンに本拠地を置く、Kontrapunkt(コントラプンクト)が制作している。

 

▼AXIS Font
特長としてシンプルで風通しのよいデザインであり、UL (ウルトラライト)、EL (エクストラライト)、L (ライト)、M (ミディアム)、B (ボールド)そして、H (ヘヴィ)までの7ウエイトが揃っている。極細のULによってこれまでの日本語フォントではできなかった新鮮な見出し表現が可能になり、また、ひらがな・カタカナ・漢字などの和文書体と欧文書体の相性は抜群で、混植した時に効果を発揮するバランスのとれた設計。白地が活きる字面率の設定により、すっきりした文字の表情がデザインされている。

▼Kontrapunkt(コントラプンクト)
コントラプンクトは、戦略的デザインとブランディングの分野において北欧をリードするブランディングエージェンシーとして、ブランドアイデンティティのデザインからコミュニケーションデザイン、そしてサービスデザインからプロダクト・空間デザインまで、360°のブランディング体験をデザイン。これまで100を超えるデザイン賞を受賞し、近年では、デザイン界におけるアカデミー賞とも言えるRed Dot Design Awardをいくつも受賞。日本でも日本タイポグラフィ年鑑、東京TDC賞などを受賞。2016年8月に南青山にKontrapunkt Japanを設立。

デンソーは、ブランディング強化の施策としてコーポレートフォントを新しく導入した。タイププロジェクトは、自社のフィットフォント技術により、コントラプンクトが開発した欧文フォントに合わせてAXIS Fontのウエイトを調整し、欧文書体の和文書体への組替えエンジニアリングを行っている。
デンソーのアートディレクターである村松正巳氏は、次のように語っている。
「デンソーを表現する重要な要素のひとつが、デンソーオリジナルの欧文書体です。『革新的な技術で、より良い未来を次世代に届けていく』という思いを表現するために、細 部にまでこだわりました。この欧文書体に合う書体としてAXIS Fontを選択しました。フィットフォントによる組替えサービスにより、最適な状態にすることができました」

「DENSO TP 2017」と「DENSO Sans TP 2017」は、デンソーの広告やウェブサイト、カタログなどで広く使用されている。

コントラプンクトの創設者であり欧文書体をデザインしたエグゼクティブデザインディレクターのBo Linnemann(ボー・リンネマン)氏は、「デンソーを表現するためのオリジナルフォントを制作できたことはとても光栄です。セリフ体とサンセリフ体の両方にAXIS Fontを組み合わせたことで、コーポレートフォントとしての活躍の場が広がると確信しています」と語った。
タイププロジェクトは、企業のメッセージを伝えるための手段としてフォントによるブランディングを提案しており、フィットフォント技術を用いて、既存フォントのウエイトやコントラストを調整したり、他社欧文と組み替えるほか、オリジナルのひらがなやカタカナを開発するなど、世界有数のグローバル企業にコーポレートフォントを提供している。
タイププロジェクトの鈴木功氏は、「フィットフォントを基盤としたカスタマイズフォントをデンソーのコーポレートフォントとして提供することができ嬉しく思っています。今後も、コントラプンクトのような海外のフォントメーカーと協業することで、フィットフォントの可能性が広がることを楽しみにしています」と語っている。

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー