mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

スターウォーズ3.9 レイア姫よ、永遠に「ローグ・ワン/スター・ウォーズ」

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20171220134124j:plain

ローグ・ワン/スター・ウォーズ

[オススメ度]
★★★★★

 

デス・スターの設計図を帝国から命がけで盗み出すという3.5と呼べる作品。

3で根絶やしにされてしまったため、ジェダイ不在の谷間の時代になってしまっていますが、シリーズファンも納得のスターウォーズの映画でした。

遥か昔 遠い銀河の彼方で、始まり、ダースベイダーもしっかり登場。

ベイダー卿の存在感もしっかり描かれていたのが嬉しい。

デンマークの至宝マッツ・ミケルセンも出演。

昨年末に飛び込んできたレイア姫の訃報にショックを隠せないが、映画のラストが余計に深みをもたせる起因となりそれが何とも物悲しいが…それ故に傑作ともいえる。

レイア姫よ、永遠に。

▼ローグ・ワン/スター・ウォーズ

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、もうひとつの物語が誕生。
銀河を脅かす、帝国軍の究極兵器“デス・スター"。
その設計図を奪うため、名もなき戦士による反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、個性的な仲間とともに不可能なミッションに立ち向かう!
『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した“デス・スター"の設計図は、いかにして入手されたのか?
そこには、わずかな希望をつなぐために命を懸けた反乱軍戦士たちの、誇り高き感動のドラマが隠されていた…。
友情を超えたチームの絆、謎に満ちた父との愛と葛藤の物語、そして圧倒的なスケールのアクションによって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマチックに進化する!

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー