mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

約120の欧文書体について解説した実例ガイドブック

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20180629173223j:plain

街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY

ブランディング、タイポグラフィ・デザイン、出版デザインを専門に数々のベストセラー本や絵本の受賞作をデザインしてきたデザイナー・Peter Dawson氏著書、手嶋由美子氏翻訳による約120の欧文書体について解説した書体の使用例を写真で掲載した実例ガイドブック「街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY」は、ビー・エヌ・エヌ新社から2015年8月25日に発売。

 

f:id:mojiru:20180629173242j:plain

f:id:mojiru:20180629173245j:plain

f:id:mojiru:20180629173248j:plain

f:id:mojiru:20180629173252j:plain

f:id:mojiru:20180629173256j:plain

「街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY」Amazonでの購入はこちら 

街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY

街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY

  • 作者: Peter Dawson,手嶋由美子
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

本書は、見開きごとにひとつの欧文書体を取り上げ、書体の簡単な歴史とデザイン、一般的な用法、書体のプロフィール(フォントタイプ、分類、特徴、混同しやすい書体)などを掲載し、ビジュアルで実際に使用されている例を掲載した、欧文書体の実例集となります。
また、本文は5つのタイプのカテゴリ(セリフ、サンセリフ、ディスプレイ、スクリプト、ディンバット)に分けて解説されており、ところどころで2書体を取り上げて比較する「書体の比較」も収録しています。書体の制作背景を知り、選ぶ。書体を使用する人にとって、知っておきたい書体にまつわる話がつまった一冊です。

※本書は、原書よりデザイナー・プロフィールと、いくつかのニッチな書体についての解説ページを差し引いた、アレンジ版となります。

ピーター・ドーソンProfile●1992年にキングストン大学を卒業後、デザイン業界で20年以上にわたる経験を積んできた。最初はデザイナーとして、その後はクリエイティブ・ディレクターとして、数々のデザイン・コンサルタント会社で働いた後、2000年にはロンドンを拠点とするスタジオ、グレードを共同で設立する。ピーターは大英博物館からウォルト・ディズニーに至るまで、多様で広範囲に及ぶ顧客を相手に、長年にわたって仕事をしてきた。特にブランディング、タイポグラフィ・デザイン、出版デザインを専門にし、これまでに数々のベストセラー本や、絵本の受賞作をデザインしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

「街で出会った欧文書体実例集 -THE FIELD GUIDE TO TYPOGRAPHY」楽天市場での購入はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

街で出会った欧文書体実例集 [ ピーター・ドーソン ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)


 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー