mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

料理書に特化した初のデザイン書「料理書のデザイン: いま知っておきたい100冊 “おいしさ"を伝える見せ方とアイデア」

【スポンサーリンク】


f:id:mojiru:20180209115732j:plain

料理書のデザイン: いま知っておきたい100冊 “おいしさ"を伝える見せ方とアイデア

食を中心とした雑誌の編集者を経て、カフェ・カンパニー株式会社が運営する料理本専門書店「COOK COOP」のブックディレクターと活躍する鈴木めぐみ氏編集による料理書を約100冊をピックアップし、ビジュアルを見せるだけでなく、それぞれのADによる、デザインコンセプトや制作背景などのインタビューをしっかり掲載した「料理書のデザイン: いま知っておきたい100冊 “おいしさ"を伝える見せ方とアイデア」が誠文堂新光社から2017年7月14日に発売された。 

f:id:mojiru:20180209115742j:plain

f:id:mojiru:20180209115745j:plain

f:id:mojiru:20180209115748j:plain

f:id:mojiru:20180209115751j:plain

f:id:mojiru:20180209115758j:plain

f:id:mojiru:20180209115802j:plain

とどまらない料理本ブームのなか、さまざまな展開、見せ方の本が書店に並びますが、
一方で、出版不況も叫ばれるなか、一頃よりも売りにくいという現状もあります。
実用書としての側面の強い料理本は、編集的なコンセプトから著者やスタッフ陣とのコミュニケーションが大事であり、それがうまくいったものこそが、読者にテーマをしっかり伝えられ、結果に結びつくことになります。

本書では、そうした“良書”と呼ばれる料理書を約100冊をピックアップし、ビジュアルを見せるだけでなく、それぞれのADによる、デザインコンセプトや制作背景などのインタビューをしっかり掲載。
編集のコンセプトをふまえながらの話は、良い料理書のヒミツを紐解くものであり
ページをめくるだけではわからない、貴重なエピソード、内容になっています。

料理書を手がけるグラフィックデザイナーをはじめ、料理業界、出版業界に関わる人は当然ながら、料理本に興味があるすべての人が楽しめる内容であり、良い料理書は、他との違いはなんなのかがわかるはず。
初となる料理書に特化したデザイン書として、保存版的な一冊です。
鈴木めぐみProfile●食を中心とした雑誌の編集者を経て、カフェ・カンパニー株式会社が運営する料理本専門書店「COOK COOP」のブックディレクターに。現在、実店舗は構えず、食の本棚のコーディネートやイベント企画を行う他、雑誌やウェブなどメディア寄稿も(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの) 

▼「料理書のデザイン: いま知っておきたい100冊 “おいしさ"を伝える見せ方とアイデア」楽天市場での購入はこちら 


 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー