mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

もじ・る もぢる【捩る】意味

スポンサーリンク

f:id:mojiru:20170224152343p:plain

もじ・る もぢる【捩る】

一(動ラ五)

①著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」
・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。
・チャンネルを付けると北の国からであった。
・太閤がまずしかったから。
・路地の多い郊外で過ごしてきました。
・お前が好きなお漬物、俺の好きな御御御付。
・あまり弱い言葉を遣うなよ。怖く見えるぞ。
・犯罪抑制。腑抜けな死体です。
・棋士の一二三に惨敗。
・他人にしわよせするためさ。
・この平凡パンチがボクの一生で一番重要な本になるかもしれないね!
・ドンキがない。まるで島根のようだ(※2015年12月4日にる「MEGAドン・キホーテ 出雲店」がオープン)。
・敵は煩悩の塊!
・何度も家で御燗をする。
・缶を蹴るな。禁じろ。
・喰ったはあの黒ヒョウたちじゃ、鷲たちではない。
・オチがどんなに苦しくとも、嘘でもいいから笑おうぜ!
・人がドミノ倒しだ。
・ヨーソロー、海人同士素潜ってもしようがない。
・小売りの営業を、君に!
・ゴーヤだからさ。
・小売りの営業を、君に!
・マンタは上へ行け!サメは餌場で頬張る!
・伊右衛門特保だ!

②ねじる。よじる。ひねる。

[可能]もじれる

二[動ラ下二]「もじれる」の文語形。

[類語]まねる  見習う

[関連語]倣う

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー