mojiru【もじをもじる】

「mojiru」とはこのブログのタイトルであり、主に著名な言い回しに似せて表現すること。ブログの特徴はサルでも書ける文章がモットー。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20181015085600j:plain

配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ-

色彩文化研究会著書、城一夫氏監修による、アリストテレスやニュートン、ゲーテ、シュヴルール、マンセルといった歴史上の学者やアーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみが学べる「配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ-」がパイインターナショナルから2018年9月20日に発売された。  

f:id:mojiru:20181015085604j:plain

f:id:mojiru:20181015085607j:plain

f:id:mojiru:20181015085610j:plain

f:id:mojiru:20181015085613j:plain

f:id:mojiru:20181015085615j:plain

「配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ」Amazonでの購入はこちら 
配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ-

配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ-

  • 作者: 色彩文化研究会,城一夫
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2018/09/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

人はなぜ時代を超えて「調和」について語りあうのか?

「調和する」色の組み合わせとは何か?アリストテレス、ニュートン、ゲーテ、シュヴルール、マンセル、ダ・ヴィンチ、ドラクロワ、モネ、ゴッホ、マティス、モンドリアン、イッテン、アルバースなど、歴史上の学者やクリエイターたちが、それぞれに導き出した「美しい配色」のしくみを、豊富な図版で解説した決定版。
城一夫Profile●共立女子学園名誉教授。専門は色彩文化・模様文化の研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

「配色の教科書-歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のしくみ」楽天市場での購入はこちら 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

配色の教科書 歴史上の学者・アーティストに学ぶ「美しい配色」のし [ 城一夫 ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)

楽天で購入

 

©2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー