mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

全ての女子応援絵本「ディアガール おんなのこたちへ」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190118111121j:plain

ディアガール おんなのこたちへ 

ベストセラー「おかあさんはね」の著者エイミー・クラウス・ローゼンタール氏&訳者高橋久美子氏のコンビによる期待の新刊「ディアガール おんなのこたちへ」が主婦の友社から2019年1月17日に発売された。

「ディアガール おんなのこたちへ」は、著者であるエイミー・クラウス・ローゼンタール氏が2015年卵巣がんの告知を受けた時期に書き始め、娘のパリス・ローゼンタール氏とともに2017年12月に上梓。その後、世界9カ国で翻訳され、米国では20万部を突破し、「ニューヨーク・タイムズ ベストセラー」にも選出された。そして、日本でもバンド・チャットモンチーの元ドラマーであり現在は作家・作詞家として活躍する高橋久美子氏による翻訳により、満を持して日本でも発売する運びとなった。

“自信をなくしたとき、なにかに迷ったとき開いてみて。
きっと、あなたが世界にたったひとりの愛すべき女の子だと思い出すでしょう。”(本書前書きより)

強く優しい言葉と軽やかな挿絵、色鮮やかな世界に「おんなのこ」なら誰でも共感できるメッセージが詰まっている。

f:id:mojiru:20190118111147j:plain 

 

f:id:mojiru:20190118111141j:plain

f:id:mojiru:20190118113201j:plain

f:id:mojiru:20190118113206j:plain

f:id:mojiru:20190118113210j:plain
f:id:mojiru:20190118111135j:plain

文:エイミー・クラウス・ローゼンタールProfile●
作家として、子ども向けから大人向けまで幅広い本を執筆。主な絵本に『アヒルだってば!ウサギでしょ!』(サンマーク出版)、『スプーンくん』(BL出版)、『おかあさんはね』(マイクロマガジン社)などがある。また、代表作の伝記『Encyclopedia of an Ordinary Life』や、自らの著作をもとにした短編映画なども手がける。2017年3月、51歳で死去。

文:パリス・ローゼンタールProfile●エイミー・クラウス・ローゼンタールの娘。カナダ、バンクーバーにあるQuest Universityの学生。大学でがん支援グループを始める。闘病中の母とともに本書を執筆。

絵:ホリー・ハタムProfile●イラストレーター・グラフィックデザイナー・テキスタイルデザイナー。絵本作品では『What Matters』、『Tree Song』『JACK(NOT JACKIE)』など、イラストを担当。カナダのオンタリオ州に家族とともに住む。

訳:高橋久美子Profile●1982年、愛媛県生まれ。作家・作詞家。バンド、チャットモンチーのドラマー・作詞家を経て、2012年より作家・作詞家として活動する。様々なアーティストへの歌詞提供を中心に、2017年にイラストレーターの福田利之と絵本『赤い金魚と赤いとうがらし』(mille books)を出版。同年、翻訳を手がけた絵本『おかあさんはね』(マイクロマガジン社)が第9回ようちえん絵本大賞を受賞。また、2018年6月にエッセイ集『いっぴき』(ちくま文庫)を上梓。詩の朗読会や創作人形浄瑠璃の脚本など表現の幅を広げ活躍する。翻訳絵本の近刊として1/23に『パパといっしょ』(トゥーヴァージンズ)を発売予定、早くも話題となっている。

takahashikumiko.com

 

「ディア ガール おんなのこたちへ」Amazonでの購入はこちら 
ディア ガール おんなのこたちへ

ディア ガール おんなのこたちへ

  • 作者: エイミー・クラウス・ローゼンタール,パリス・ローゼンタール,ホリー・ハタム,高橋久美子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2019/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

今を生きるすべての女の子に贈る応援メッセージ!
自分に自信を持てなくなったとき。
自分を見失いそうになったとき。
どうしたらいいのかわからなくなったとき。
そんなにとき、ぜひ手にとってみてください。
きっと元気と勇気がもらえるでしょう。

翻訳は、作家・作詞家で、
バンド・チャットモンチーの元ドラマーの高橋久美子。
第9回ようちえん絵本大賞受賞『おかあさんはね』(マイクロマガジン社)の作者、
エイミー・クラウス・ローゼンタール&訳者、高橋久美子がおくる、
現代を生きる全ての女の子たちへ届けたい応援メッセージがたくさんつまった1冊。

「ディア ガール おんなのこたちへ」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディア ガール おんなのこたちへ [ エイミー・クラウス・ローゼンタール ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/1/18時点)

楽天で購入

 

 

エイミー・クラウス・ローゼンタール氏著作および高橋久美子氏翻訳による第9回ようちえん絵本大賞受賞絵本「おかあさんはね」 

f:id:mojiru:20190118113654j:plain

エイミー・クラウス・ローゼンタール氏著作、トム・リヒテンヘルド氏イラスト、高橋久美子氏翻訳による第9回ようちえん絵本大賞受賞絵本「おかあさんはね」はマイクロマガジン社から2017年5月26日に発売。 

「おかあさんはね」Amazonでの購入はこちら 
おかあさんはね

おかあさんはね

  • 作者: エイミー・クラウス・ローゼンタール,トム・リヒテンヘルド,高橋久美子
  • 出版社/メーカー: マイクロマガジン社
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

"子供に毎日伝えたい、ことばの贈り物。"
全米でベストセラーとなり10か国以上で翻訳出版。子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本。
「児童書界のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャース」と呼ばれているエイミー・クラウス・ローゼンタール&トム・リヒテンヘルド。
このコンビの類まれなる才能は、子どもを持つすべての人々の「願い」の集大成を作り上げました。
全米のみならず世界中で共感を呼び、各国で翻訳されている話題の書。
第9回ようちえん絵本大賞受賞作

「おかあさんはね」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おかあさんはね [ エイミー・クラウス・ローゼンタール ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/1/18時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー