mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

アカデミー賞ノミネート「ダム・キーパー」が絵本に

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20190221081736j:plain

ダム・キーパー

KADOKAWAは、2019年3月29日(金)に2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた映画「ダム・キーパー」の絵本を発売する。

また「ダム・キーパー」の絵本の発売を記念して、2019年4月27日(土)より、EJアニメシアター新宿(新宿区)にて、「ダム・キーパー」を製作したアニメスタジオ「トンコハウス」のキュレーションによる【トンコハウス映画祭とスタジオトンコカフェ】を開催することも発表された。同イベントは、多彩なゲストと共に、アニメーション表現の最先端に触れることが出来るユニークなイベントになっている。

【2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品】絵本『ダム・キーパー』世界に先がけ、日本で発売

ピクサーでアートディレクターをつとめた堤大介氏とロバート・コンドウ氏が、自ら脚本を書いて自主制作した短編映画「ダム・キーパー」は、世界中の国際映画祭で20以上もの賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど、一大センセーションを巻きおこした。この映画の物語が、すべて描き下ろしの美しいイラストで、はじめての絵本になる。

「ダム・キーパー」内容紹介
ピッグは ダム・キーパー
だれも しらないところで
たったひとり
「くらやみ」から
町を まもっている

その町は、大きなダムで、汚染された大気をせき止めていた。 ダムの上の風車小屋に住み、朝夕風車をまわして町を守るのは、ひとりぼっちのブタの少年、ピッグ。人々は、だれが町をまもっているのかもわすれて、ピッグをのけ者にしていた。
新学期、町の学校に、転校生フォックスがやってきた。絵を描くことが大好きで天真爛漫なフォックスとのふれあいが、 ピッグの孤独な心をとかしていく。ところが、ある日、事件がおこり……。

孤独な少年の、心あたたまる友情と成長の物語!

f:id:mojiru:20190306081743j:plain

f:id:mojiru:20190306081757j:plain

f:id:mojiru:20190306081804j:plain

f:id:mojiru:20190306081811j:plain

f:id:mojiru:20190306081822j:plain

絵本「ダム・キーパー」Amazonでの購入はこちら
ダム・キーパー

ダム・キーパー

 

溢れる色と光、息をのむ美しい絵。世界が認めた才能の“原点”がこの1冊に

世界中の国際映画祭で、20以上の賞を受賞――あの名作映画が、はじめての絵本に!

ピクサーでアートディレクターをつとめていた堤大介とロバート・コンドウが、自ら脚本を書いて自主制作した短編アニメ「ダム・キーパー」。同作は、世界中の国際映画祭で20以上もの賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメ―ション部門にノミネートされるなど、一大センセーションを巻きおこした。
これは、映画の世界をそのままに、すべてのアートを新しく描き下ろした、珠玉の一冊。

絵本「ダム・キーパー」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダム・キーパー [ トンコハウス ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/3/6時点)

楽天で購入

 

 

ダム・キーパーのドキュメントブック「The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー」

f:id:mojiru:20190221082950j:plain


トンコハウス(堤大介氏、ロバート・コンドウ氏)著書によるダム・キーパーのドキュメントブック「The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー」は復刊ドットコムに2016年3月24日に発売。

「The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー」Amazonでの購入はこちら
The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー
The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー
  • 作者: トンコハウス(堤大介&ロバート・コンドウ)
  • 出版社/メーカー: 復刊ドットコム
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品 『ダム・キーパー』を手掛けた 堤大介、ロバート・コンドウの制作過程に迫ったドキュメントブックがついに登場!

美しく温かなビジュアルに加え、『ダム・キーパー』というアニメーションを作り上げるために奔走した、クリエイターの努力と友情の物語が一冊になりました。

2015年、アメリカのアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品に選ばれ、監督の堤大介がテレビ番組「情熱大陸」で特集されるなど、日本でも大きなニュースになった『ダム・キーパー』。 本作は、堤大介とロバート・コンドウの共同監督作であり、サンフランシスコ国際映画祭やトロント子供映画祭、ニューヨーク国際子供映画祭など、世界の国際映画祭で20以上もの賞を受賞しました。ディズニー映画の「トイ・ストーリー3」「モンスターズ・ユニバーシティ」のアートディレクターをつとめた2人は、本作をピクサー時代の初監督作として制作し、その後に独立して「トンコハウス」というスタジオを立ち上げます。

本書は、そんな世界に名だたるアニメーションを作ってきた彼らの、オリジナルのアニメーションを制作する過程に追った、熱意と希望のドキュメントブックです。制作スケッチや設定画、本編のビジュアルをふんだんに収録するとともに、一つの作品を作ることで成長し、仲間たちと絆を強めるクリエイターの生き方を記録しました。

ピクサーのアニメーションに興味がある人のみならず、プロジェクトを成功に導く道筋を知りたい人にとっても必読の書。

 「The Art of The Dam Keeper アート・オブ・ダム・キーパー」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アート・オブ・ダム・キーパー 日本語版 [ トンコハウス ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)

楽天で購入

 

 
アニメーション作品「ダム・キーパー [Blu-ray]」Amazonでの購入はこちら 
ダム・キーパー [Blu-ray]

ダム・キーパー [Blu-ray]

 

2015 年米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品

【作品紹介】
『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』のアートディレクターを
務めた堤 大介、ロバート・コンドウの二人が初めてメガホンをとった本作は、
2014 年ベルリン国際映画祭で公式上映され、世界中の国際映画祭で
20 以上もの賞を受賞し、2015 年米国アカデミー賞短編アニメーション部門に
ノミネート。

【ストーリー】
時は、世界が大気汚染に覆われた時代。
汚れた大気と暗雲の影響を受けずに、生きながらえてきた小さな街があった。
街は大きなダムによって、その呪われた大気から守られていた。
主人公は豚の少年。家族も、友達もいない。
家族代々受け継がれて来たダム・キーパーの仕事は、今は少年一人によって
行われていた。その仕事は8時間に一度、歯車のネジを巻いて風車を動かす事で、
汚染された空気をダムの外側に追い出すことだった。
長い間平和ボケした街人たちは、ダムが誰によって動かされているのか、そもそも
ダムの向こう側に何があるのかすら、忘れてしまっていた。
そんなある日、彼の学校にキツネの転校生がやってくる。
絵を描く事が好きで、天真爛漫なキツネとの出会いは、少年のその後の人生を
大きく変えるきっかけとなる。

【封入特典】
・約80P 特製ブックレット

【映像特典】
・新規撮り下ろしメイキング(日本語版メイキング)
・堤 大介監督×柄本 明氏対談
・メイキング・オブ・ダム・キーパー(10 本)
・トレーラー(2 種類)
・「日本語版リリースに向けて」堤、コンドウ両監督のメッセージ
・『スケッチトラベル』のための短編アニメ

【音声特典】
・日本語吹き替えナレーション(出演:柄本 明)

【スタッフ】
監督:堤 大介 ロバート・コンドウ/作画監督:エリック・オー/編集:ブラッドリー・ファーニッシュ
音楽:ザック・ジョンストン&マテオ・ロバーツ/プロデューサー:メーガン・バーテル ダンカン・ラムジー
デベロップメントプロデューサー:小林志乃

【キャスト】
ナレーション:ラーズ・ミケルセン
日本語吹き替えナレーション:柄本 明

c2013 Tonko House LLC ALL RIGHTS RESERVED

※特典内容・商品仕様・発売日は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

アニメーション作品「ダム・キーパー [Blu-ray]」楽天市場での購入はこちら 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料] ダム・キーパー Blu-ray [Blu-ray]
価格:5254円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)

楽天で購入

 

ダム・キーパー新シリーズ「ピッグ 丘の上のダム・キーパー Blu-ray」Amazonでの購入はこちら
ピッグ 丘の上のダム・キーパー Blu-ray

ピッグ 丘の上のダム・キーパー Blu-ray

 

 

第87回 アカデミー賞(R) 短編アニメーション部門ノミネート作品
『ダム・キーパー』の新たなる世界

くろい雲から守るため、みんなとたたかう。

[セールスポイント]
≪第87回アカデミー賞(R)短編アニメーション部門ノミネート作品『ダム・キーパー』の新たなる物語≫ 2015年のアカデミー賞で短編アニメーション部門にノミネートされた『ダム・キーパー』。『風の谷のナウシカ』を思わせるユートピアとディスとピアの世界観は世界中の人々を魅了、本作は待望の新シリーズとなる。
今回は『ファインディング・ドリー』などを手掛けた敏腕アニメーターであり、前作でも中核を担っ
たエリック・オーを監督にむかえ、前作とは異なる新たなる世界観を見事作りだした。今回、日本と
アメリカの2つの拠点で、日本・アメリカ・フランスなど国際色豊かなアーティストが参加。家族・
悲しみ・責任・成長といった万国共通のテーマを独特の視点で描き、類まれなる美しく優しい物語が
完成した。

[内容解説]
丘の上に住むピッグ。 その丘にはいつも黒い雲が押し寄せる。
ピッグのおとうさんは町を守るため、黒い雲と戦っていた。そんなある日、おとうさんは黒い雲の真
相を探るため、
幼いピッグに小さなダムを託し、旅に出て行ってしまう。
おとうさんが恋しいのを我慢し、一人残されたピッグは毎日ダムを回し続ける。
黒い雲から仲良しのフォックスや他の仲間たちを守るために。

[特殊内容/特典]
【封入特典】(※予定)
スペシャルアウターケース/ブックレット(20P)

【特典映像】(※予定)
PRODUCTION DIARY(2分)/MAKING OF#1~10(10分)/監督・スタッフ インタビュー(15分)
/音楽のメイキング映像(7分)/予告編集(2分)

[スタッフキャスト]
脚本・監督:エリック・オー『ダム・キーパー』『ファインディング・ドリー』
総監督:堤大介『ダム・キーパー』
/ロバート・コンドウ『レミーのおいしいレストラン』
プロダクション・マネージャー:コートニー・ロックウッド『ダム・キーパー』、『カーズ2』
音楽:ザック・ジョンストン、マテオ・ロバーツ 『ダム・キーパー』『ムーム』
アニメーター:中村俊博
[発売元]
カルチュア・パブリッシャーズ

[クレジット表記]
(C)2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

ダム・キーパー新シリーズ
「ピッグ 丘の上のダム・キーパー Blu-ray」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピッグ 丘の上のダム・キーパー【Blu-ray】 [ (アニメーション) ]
価格:4430円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)

楽天で購入

 

「トンコハウス映画祭とスタジオトンコカフェ」2019年4月27日から開催!トンコハウス最新作「♯カミナリプロジェクト」テスト版プレミア上映も!

f:id:mojiru:20190221081748j:plain

f:id:mojiru:20190221081829j:plain

▼日程

2019/4/27~5/26(※予定)
▼会場

EJアニメシアター新宿(東京都新宿区新宿3丁目13?3新宿文化ビル4・5F)

ej-anime-t.jp

   
▼上映作品

短編『ダム・キーパー』ほか合計10本以上の作品を上映予定

▼主催

トンコハウス/KADOKAWA

【トンコハウス映画祭の企画意図】

世界には、まだ日本で知られていない素敵なアニメーション作品がたくさんあります。トンコハウスは、アメリカと日本に拠点を持つスタジオとして、世界のアニメの“いま”をもっと日本のみなさまに届けたいという想いから、トンコハウスがセレクトした世界の多様なアニメーションを、大きなスクリーンで楽しんでいただける「トンコハウス映画祭」を企画しました。ただ観るだけではなく、スケッチワークショップやコマ撮りアニメ体験、トンコハウスのスタジオを再現した「スタジオトンコカフェ」など、世界のアニメーションの舞台裏を体験していただけるプログラムを企画しています。これらすべてのプログラムを実現するために追加の資金を必要としています。
イベントをもっと楽しく、体験できるものにするために、みなさまからのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。                                byトンコハウス

【トンコハウス映画祭とスタジオトンコカフェ】開催内容(予定)@EJアニメシアター新宿
①トンコハウスキュレーションによる映画上映
②トンコハウスメンバーによるアニメーション講座、体験型イベント
③トンコハウスメンバーと特別ゲストのトーク付上映会
④カフェギャラリー(トンコハウスのスタジオを再現)
⑤絵本、グッズの販売

クラウドファンディング「Makuake」にて、トンコハウスメンバーによるアニメーション講座、体験型イベント申し込みスタート!
【トンコハウス映画祭】クラウドファンディングは以下のURLよりご確認ください

www.makuake.com


堤大介とロバート・コンドウによるメッセージ動画も公開中!

※豪華ゲストによるワークショップなど、トンコハウス×EJアニメシアター新宿ならではのイベントを企画中です。ぜひクラウドファンディングのページを覗いてみてください。

 

アニメーションスタジオ「トンコハウス」

f:id:mojiru:20190221081756j:plain 

堤大介とロバート・コンドウは、世界最高のアニメスタジオ・ピクサーでアート・ディレクターとして活躍するかたわら、自分たちで脚本を書いて、自主制作映画を制作。ふたりの初監督作品「ダム・キーパー」は、世界中の国際映画祭で20以上の賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど、一大センセーションを巻きおこした。作品制作中の2014年、ふたりはピクサーから独立して、トンコハウスを設立。新たな仲間とともに、映像、出版、アートイベントなど多方面へ活動の幅を広げている。

◆堤大介(写真右)東京都出身。ルーカス・ラーニングをへて、ブルースカイ・スタジオで、『アイス・エイジ』『ロボッツ』などのコンセプト・アートを担当。2007年ピクサー入社。アート・ディレクターとして『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』などに参加。2014年7月、トンコハウスを設立。71人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したチャリティプロジェクト『スケッチ・トラベル』の発案者でもある。
◆ロバート・コンドウ(写真左)南カリフォルニア出身。2006年、ピクサーで『レミーのおいしいレストラン』に携わり、のちに同作品の背景美術監督に。その後、『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』で堤と出会い、2014年トンコハウス設立。現在にいたる。

f:id:mojiru:20190221081802j:plain

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー