mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

筑紫Aオールド明朝-R使用の打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20170914153403j:plain

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

[スタッフ]
監督:武内宣之
脚本:大根仁

[出演]
広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、花澤香菜

[上映時間]
90分

 

ストーリーは、ある海辺の町の夏休みを舞台とした中学生のクラスで展開される。
花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっている中、クラスのアイドル的存在のなずなが母親の再婚のため転校することになった。なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。
なずな役を広瀬すず、典道役を本作が声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となる祐介役を宮野真守が声優を務める。
原作ではなかったタイムリープという設定が追加された結果かどうかは定かではないが、傑作映画だった原作と比べて評判はあまりよくはない。

【Amazon.co.jp限定】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(オリジナル特典:「描き下ろしイラスト使用 なずな等身大タペストリー(キャラクター:なずな)」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] 

★Introduction
原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。
刺激的な作品の数々で観客を魅了し続ける二人が綴るのは、“繰り返される夏の一日"を描くラブストーリー。
総監督を務めるのは社会現象化した『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。
独創性溢れる演出と映像表現でアニメ界に多大な影響を与える奇才が、アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、イマジネーション豊かな世界を紡ぎ出す。
声の出演は、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。声優初挑戦となる菅田将暉。
同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人のほか、声優界のトップランナー・宮野真守、国民的女優のひとり、松たか子と、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。
そして切なくも美しいメロディでラストを飾るのは、本作のためのコラボレーション、“DAOKO×米津玄師"による主題歌「打上花火」。

「もしも、あのとき…」「もう一度、時間を戻せたら…」
2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。

★Story
「もしも、あのとき…」
夏休み、とある海辺の町。
花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。
そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。

「かけおち、しよ」

なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。
それを見ているだけで助けられなかった典道。

「もしも、あのとき俺が…」

なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。
すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。
何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

繰り返す、夏のある一日。
花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる――

★日本語字幕付き
★音声ガイダンス付き


【完全生産限定版特典】
◆キャラクターデザイン 渡辺明夫 描き下ろしジャケット
◆特典Disc イベント映像/PV・CM集
【特典Disc】
特典映像 140分

<イベント映像>
出演:広瀬すず、菅田将暉、宮野真守 ほか
・オフィシャルインタビュー
・公開アフレコイベント
・製作報告会見
・ジャパンプレミア舞台挨拶
・花火点火セレモニー
・公開記念舞台挨拶

<PV・CM集>

<主題歌MV>
DAOKO x 米津玄師『打上花火』
アニメーション MUSIC VIDEO

◆特製ブックレット

※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※完全生産限定版は数に限りがございます。


★キャスト
・なずな : 広瀬すず
?典道 : 菅田将暉
?祐介 : 宮野真守
?純一 : 浅沼晋太郎
?和弘 : 豊永利行
?稔 : 梶 裕貴
?なずなの母の再婚相手 : 三木眞一郎
?三浦先生 : 花澤香菜
?光石先生 : 櫻井孝宏
?典道の母 : 根谷美智子
?典道の父 : 飛田展男
?祐介の父 : 宮本 充
?花火師 : 立木文彦
?なずなの母 : 松 たか子

★スタッフ
・原作 : 岩井俊二
・脚本 : 大根 仁
・総監督 : 新房昭之
・企画・プロデュース : 川村元気
・監督 : 武内宣之
・キャラクターデザイン : 渡辺明夫
・音楽 : 神前 暁
・アニメーション制作 : シャフト


★主題歌
DAOKO × 米津玄師 『打上花火』


≪Copy Right≫
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

1999年版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

 

1993年にフジテレビで放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品。その後1995年8月12日にオープニングやタモリの出演シーンをカットして再構成されたバージョンを劇場公開作品として公開された。それから幾星霜、どんな判断か2017年8月18日この作品を原作としたアニメ映画が公開されるに至った。岩井俊二自体も打ち合わせに参加しており、アイデアを提供している。

 

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のロゴにフォントワークス書体「筑紫Aオールド明朝-R」が採用

筑紫Aオールド明朝-R

f:id:mojiru:20170914154007p:plain

 「筑紫書体」シリーズの中のオールドスタイルの明朝体で、美しい打ち込みや伸びやかなハネ、ハライが特徴的な書体になっている。2008年にリリースした筑紫オールド明朝の一部の「漢字」のデザインをさらに伸びやかにリデザインし、書体名も新たに6ウエイトのファミリーが揃っている。狭いふところのデザインは、文字が図形的ではなく文字らしく見えてくる。テキストを組んだ瞬間に“音”を発するような書風。英数字はガラモン系のデザインを採用することで、表情豊かで味わい深い「漢字」「かな」の書風が生きる。
「筑紫Aオールド明朝」は、2008年にリリースした【筑紫オールド明朝】の一部の「漢字」をリデザインしたもの。そのため従来の書体とは異なる新しい書体名を付けている。今後はこの新しい書体が「筑紫オールド明朝ファミリー」となり、さまざまな展開を行う予定になっている。

 

フォントワークスのフォント製品情報

▼フォントワークスLETS 1年コース (1台パック)  

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

フォントワークスLETS 1年コース?(1台パック)

 

フォントワークスによる複数メーカーの高品位でバラエティ豊かなフォントがすべて使用できる年間定額制フォントサービス。現在提供中のフォントだけでなく、新たにリリースされるフォントも、ずっとこの金額で使用できる。コンテンツの多面的な展開が増え、商用フォントの活用フィールドが広がりを見せるなか、許諾内容を明確に公開している。使いたいフォントがすぐに手に入る。「LETS」はオンラインで契約手続きが簡単。

 

▼フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版  

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

フォントワークス エヴァンゲリオン公式フォント マティスEB Truetype版

 

エヴァンゲリオンのTVシリーズで使用された「EVA-マティス-クラシック」と新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」の2種類のフォントが収録。エヴァとマティスが共に歩み、互いに進化し続けた20年の歴史が分かる“特典ブックレット”も収録している。フォントの使用許諾としては年賀状やプレゼンテーションデータ、動画共有サイトへのコンテンツ映像や、個人のWebサイトなど、様々なシーンで活用が可能になっている。 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー