mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

両サイドの表紙から始まる2つの物語「わたしのやま」

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200213084737j:plain

わたしのやま

世界文化社は、フランソワ・オビノ氏・作、ジェローム・ペラ氏・絵、谷川俊太郎氏訳による、両サイドの表紙から始まる2つの物語の絵本「わたしのやま」を2020年2月8日(土)に発売した。

f:id:mojiru:20200213084801j:plain

 

f:id:mojiru:20200213084812p:plain

 

絵本「わたしのやま」は両サイドの表紙から始まる2つの物語となる。それは一見すると、相対する羊飼いと狼の同じ山でのそれぞれの生活を描き、敵か味方か、正義か悪か、といった単純化したフィルターを外して物事を見ることの大切さを伝えている。訳者は日本を代表する詩人・谷川俊太郎氏。羊飼いの視点と狼の視点で、表・裏表紙の両サイドから読むことができ、しかも文章は両サイドとも同じものになっている。フランスでは「アンコリュプティブル賞」(2019-2020)にもセレクションされている一冊。
はじめは羊飼いの視点で見ていた自分が、読み込んでいくうちに、狼にもどこか自分と重なる部分を見出し、果たしてこの狼は自分にとって憎い敵なのだろうか? と考えさせられる作品。


▼羊飼いの視点

f:id:mojiru:20200213084748j:plain

 

▼狼の視点

f:id:mojiru:20200213084754j:plain
▼訳:谷川俊太郎氏のコメント
人間の立場と狼の立場が、<いのち>の眼で見れば同じという真実を、テキストとレイアウトのアイデアに溢れた工夫で、シンプルに描き出しているところが新鮮です。


「わたしのやま」Amazonでの購入はこちら
わたしのやま

わたしのやま

 

 


「わたしのやま」楽天市場での購入はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしのやま [ フランソワ・オビノ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/13時点)

楽天で購入

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー