mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

フェルトのぬいぐるみや小物が初心者でも作れる手芸本

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20200811085829j:plain

愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち

世界文化社は、2020年8月7日(金)に、おうち趣味や小学生の自由研究にぴったりのフェルトの「ぬいぐるみ」や「小物」が初心者でも作れちゃう手芸本「愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち」を発売した。


新型コロナウイルスの影響で、おうち趣味として「手芸」を始める方が増えている。
また、小学校も夏休みに入り、おうちで子どもと過ごす時間が多くなった。
そんな親子で過ごす時間にオススメの手芸本が、発売となる。

「愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち」は、小学生に大人気だったシリーズ「タバサナオミ手芸店」(2009 ?2012 年刊の4冊)から作品を厳選し、新作を加えて再構成。シリーズは、英語、オランダ語、フランス語、台湾語に翻訳・出版され、海外にも多くのファンをもつ。

 

「愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち」は、初心者でも簡単に始められる手芸本。ぬいぐるみやマスコット、結ぶだけで出来ちゃうバッグ、かわいいワッペンやアップリケ、ポーチなどの小物、全133点の作り方を収録。前作のシリーズで要望が多かった「実物大型紙」が付いており、より簡単にぬいぐるみや小物を作ることができる。また、フェルトは子どもでも扱いやすい素材なので、夏休みの「自由研究」にもオススメ。

 

著者のタバサナオミ氏は、雑誌や書籍の表紙、幼児向け雑誌の手芸記事、童話の挿し絵など幅広く活躍する手芸作家。「タバサナオミ手芸店」シリーズ(2009~2012年刊)は、英語、フランス語、オランダ語、台湾語に翻訳・出版され、海外にも多くのファンをもつ。

家で過ごすことが多くなった今年の夏。ぜひ海外でも人気のタバサナオミ・ワールドを親子で堪能してみよう。

 

f:id:mojiru:20200811085855p:plain

f:id:mojiru:20200811085858p:plain

f:id:mojiru:20200811085902p:plain

f:id:mojiru:20200811085906p:plain

f:id:mojiru:20200811085909p:plain


▼超キュートな公式動画(31秒)

youtu.be

 

 

タバサナオミProfile●1963 年生まれ、愛知県出身、鳥取県在住。手芸作家、立体イラストレーター。「ただいま!」のタバサナオミさんです。タバサさんはしばらくの間、手芸作家をお休みしていました。病気になって、体が思うように動かなくなってしまったのです。けれどもちょっとずつ縫い始めて、今ではずいぶん動くようになり、新作もお披露目してくれました。手芸から離れてみてわかったことは、日々の暮らしにいつもあった、手仕事がもたらしてくれる豊かさだったとか。これから出会えるみなさんに、8年ぶりに「いらっしゃいませ!」を贈ります。

 

「愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち」Amazonでの購入はこちら

 

「愛蔵版タバサナオミ手芸店 かわいいフェルトのぬいぐるみと小物たち」楽天市場での購入はこちら

 

©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー