mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

岡野純氏最新作!マンガでわかる! 隣のデキる風社員

【スポンサーリンク】

f:id:mojiru:20201003110513j:plain

マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員

インプレスグループでデジタルファースト出版等のメディア事業を手掛けるICEは、2020年10月1日(木)に、岡野純氏の電子書籍発のベストセラーシリーズで、佐々木正悟氏監修による、仕事がデキる人こそ残念なやり方に陥りがちな、具体例と解決策をマンガでわかりやすく解説した「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」を発売した。

 

岡野純Profile

f:id:mojiru:20201003110537p:plain

 

会社員と漫画家のパラレルワーカー。2児の父。ブログ「純コミックス」運営中。
著書に「マンガでわかる!幼稚園児でもできた?タスク管理超入門」「やる気クエスト」など15冊以上。
働き方や仕事術に関するコンテンツを、ストーリー性と分かりやすさに定評のあるマンガを用いて発信している。 

 


「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」内容紹介

「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」では、仕事がデキる人こそ「残念なやり方」に陥りがち…具体例と解決策をマンガでわかりやすく解説。
「頼まれたことにはNOと言わない」
「完璧な計画を立てる」
「とにかく前向きに頑張る」
もしかしてあなたも、こんなことを意識して仕事をしていないだろうか?
真面目に責任感を強く持って仕事をするのは素晴らしいことだが、効率が悪かったり思ったような効果を得られなかったりと、報われない思いに陥ってはいないだろうか。
「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」は、働き方や仕事術をマンガで説明する「岡野純のマンガでわかる仕事術」シリーズ最新作となる。
仕事をする上で起こりがちな50のシーンを例に挙げ、残念なやり方と解決策を分かりやすく説明している。
これを読めば、周囲から“デキる人”と認められるかもしれない。

 

「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」のみどころ

ビジネス書の受け売りは、残念な“デキる風”のはじまり。自分のキャパシティをよく考えて「いいとこどり」を。
巷にあふれるビジネス書。「早め早めに動く」「スキルアップを目指す」「常に全力で取り組む」など、「これをやればデキる人間になれる!」と思わせる言葉が満載ですが、読んだだけで満足してしまう一面も。
ビジネス書は進むべき道を教え、一時的にやる気にはさせてくれますが、効果はあくまでも読んだ本人次第。
「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」でまずは自分のキャパシティを知り、何ができるのか、どんな方法があるのか、取捨選択の大切さを伝えている。

 

 

 

 

「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」対象読者

・理想と現実の「自分」のギャップに悩んでいる方
・頑張って仕事をしても報われないと感じている方
・そもそも「仕事ができない」と悩んでいる方
・ビジネス書を読んでも効果が上がらないと感じている方 など

「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」Amazonでの購入はこちら

 

「マンガでわかる! 隣の”デキる風“社員」楽天市場での購入はこちら
 
©2017-2019 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー