mojiru

もじる【意味】1.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。2.ねじる。よじる。ひねる。

「手塚治虫シナリオ集成1970-1980」「手塚治虫シナリオ集成1981-1989」にダイナフォント ロマン雪が採用

スポンサーリンク

f:id:mojiru:20170406112014p:plain

立東舎文庫発行による「手塚治虫シナリオ集成1970-1980」「手塚治虫シナリオ集成1981-1989」にダイナフォント ロマン雪が採用されている。

 

▼外部参照リンク ロマン雪採用事例「手塚治虫シナリオ集成 1970-1980 / 1981-1989」

www.dynacw.co.jp

▼ロマン雪 書体見本

f:id:mojiru:20170406105743p:plain

ロマン雪

藤原太一著書による『図案化せる実用文字』の図中の婦人の華麗な装いや愛らしいスタイルをヒントにして、大正末期から昭和初期にかけての古典ロマンの雰囲気を再現した書体。

 

▼手塚治虫シナリオ集成1970-1980

手塚治虫シナリオ集成 1970-1980 (立東舎文庫)

手塚治虫シナリオ集成 1970-1980 (立東舎文庫)

 

1970年から1980年にかけて執筆したシナリオおよびシノプシスで構成した文庫オリジナル作品集。
アニメ作品「ジェッターマルス」幻のシノプシスや「クレオパトラ」「バンダーブック」などの未発表草稿を含む70年代作品を収録。
またカラー口絵には、手塚自身による未発表キャラクタースケッチを収録。さらに本文にもイメージボードなど貴重な資料を多数掲載している。

 

▼手塚治虫シナリオ集成1981-1989 

手塚治虫シナリオ集成 1981-1989 (立東舎文庫)

手塚治虫シナリオ集成 1981-1989 (立東舎文庫)

 

「手塚治虫シナリオ集成 1971-1980」の続編となる本書には、1981年から89年にかけて執筆されたシナリオおよびシノプシスを収録。

大半が文庫初収録で、「青いブリンク」のシノプシスと舞台「火の鳥」のシナリオは、手塚が死の直前まで手を入れた貴重な作品。

初公開となる「ブレーメン4」「ファウスト」(映画「ネオ・ファウスト」第一稿)シノプシスなど本書でしか読めない作品も収録。

また、カラー口絵と本文には、手塚自身による未発表キャラクタースケッチや設定資料を多数収録している。

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー