mojiru

mojiru/もじる【意味】1.ブログ「mojiru」の仮名読み。2.著名な言い回しに似せて表現する。「小説の一文や名言を捩った使用例を創る」[使用例]・吾輩は下戸である。お酒は飲めない。・太閤がまずしかったから。・棋士の一二三に惨敗。3.ねじる。よじる。ひねる。【ブログの特徴】・サルでも書ける文章。

パーソナル編集長 Ver.12に「イワタUD新聞明朝」「イワタUD新聞ゴシック」「秀英横太明朝B」、「秀英丸ゴシックL」、「秀英アンチック」新収録。

スポンサーリンク

f:id:mojiru:20170917074534j:plain

パーソナル編集長 Ver.12

株式会社筆まめは、新聞やチラシ・冊子などの印刷物を簡単に作成できるDTPソフト「パーソナル編集長 Ver.12」を2017年2月3日に新発売した。
Ver.12では以下の機能をバージョンアップし、また新機能を搭載した。

f:id:mojiru:20170917074630j:plain

f:id:mojiru:20170917074633j:plain

f:id:mojiru:20170917074638j:plain

f:id:mojiru:20170917074643j:plain

f:id:mojiru:20170917074647j:plain

f:id:mojiru:20170917074650j:plain



・Googleドキュメントファイルが読み込める
・記事・写真に対してコメントを挿入できる
・新聞テンプレートを増量
・ページ番号の表示方法を追加
・画像切り抜き機能
・画像表示・選択を高速化
・新聞書体を新収録で本格的な仕上がり
・フォント選びが簡単になる「リアルタイムプレビュー」
・読みやすい記事に最適なフォント15書体を収録

新収録された新聞書体は株式会社イワタのUDフォントである「イワタUD新聞明朝」「イワタUD新聞ゴシック」。「イワタUD新聞明朝」「イワタUD新聞ゴシック」は、「2009年度グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞を受賞した書体で読みやすく誤読されにくさをコンセプトに開発されており、新聞を作成する際、重宝するのでは。


またDNPの「秀英横太明朝B」「秀英丸ゴシックL」、「秀英アンチック」も追加収録された。DNPによると生活者が利用できるDTPソフトである「パーソナル編集長」にバンドル提供することで、より手軽にプロのデザイナーにも愛用されている秀英体フォントが利用可能とするのが狙い。

この流れは一太郎2017プレミアムでのフォントワークスの10書体バンドルに近いかもしれない。

www.mojiru.com

 

「秀英体シリーズ」は明治時代から開発が続く100年以上の歴史を持つ書体シリーズ。秀英アンチックは秀英角ゴシック金Bとの組み合わせて提供されている。  

一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録

一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録

 

秀英体に関しては、『一〇〇年目の書体づくり「秀英体 平成の大改刻」の記録』にて12万文字に及ぶ秀英体の開発について余すことなく紹介されている。


▼読みやすい記事に最適なフォント15書体は以下の通り。

●イワタUD新聞明朝(イワタ)
●イワタUD新聞ゴシック(イワタ)
●秀英横太明朝B(DNP)
●秀英丸ゴシックL(DNP)
●秀英アンチック(DNP)
●DFハンノテートW7(ダイナフォント)
●DF教科書体W4(ダイナフォント)
●DFロマン雪W9(ダイナフォント)
●DF教科書体W4(ダイナフォント)
●DF隷書体(ダイナフォント)
●DFPOP体W12(ダイナフォント)
●DF雅藝体W6(ダイナフォント)
●DF平成ゴシック体W9(ダイナフォント)
●DF流隷体W7(ダイナフォント)
●DF極太丸ゴシック体(ダイナフォント)
●DF勘亭流W11(ダイナフォント)


また、フォント選択を簡単に確認できる「リアルタイムプレビュー」を新たに搭載。

フォントの選択やサイズを選択するとき、設定前にリアルタイムで確認ができるようになり、紙面編集の作業がスムーズにできるように改善されている。

 

パーソナル編集長 Ver.12

パーソナル編集長 Ver.12

 
パーソナル編集長 Ver.12  |ダウンロード版

パーソナル編集長 Ver.12 |ダウンロード版

 
パーソナル編集長 Ver.12 書籍セット

パーソナル編集長 Ver.12 書籍セット

 

書籍セットには、これから新聞作成を始めたい方にお勧めの「パソコン編集入門」の書籍がセットになったお買い得版。

© 2017 mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー