mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

プロ並みのスピーカーを誰でも実現できる一冊

【スポンサーリンク】

シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計: フルレンジからステップアップし,ハイエンドの音作りを目指す

シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計

誠文堂新光社は、2024年4月11日(木)に、鈴木康平氏著書による、オーディオ雑誌『MJ無線と実験』2021年2月号から31回にわたって連載した「最新の設計による、高性能・高音質スピーカーの製作」をもとに、スピーカーシステムのクロスオーバーネットワーク設計について深く追求した書籍「シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計」を発売した。

 

 

かつて経験と勘に頼りがちだったクロスオーバーネットワーク設計を、パソコンの最新シミュレーションソフトを使うことで、設計値と実測値がほぼ合致するすばらしい性能を実現できる時代がきた。

「シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計」ではそのシミュレーションと測定の方法を公開し、実際のスピーカー作例も紹介します。

 


鈴木康平Profile●本職は分析会社に勤務するエンジニア。長くフルレンジスピーカーを愛用する中で、海外の自作スピーカーがマルチウエイ中心であることに衝撃を受け、それ以来、グローバルスタンダードなスピーカー設計を指向している。『MJ無線と実験』でスピーカー自作記事を連載中。共著に『自作スピーカー 測定・Xover設計法 マスターブック』、『自作スピーカー エンクロージャー設計法 マスターブック』、『自作スピーカー デザインレシピ集 マスターブック』がある。AES (Audio Engineering Society)正会員、博士(工学)。

 

「シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計」Amazonでの購入はこちら

 

「シミュレーションと測定による自作スピーカーのクロスオーバーネットワーク設計」楽天市場での購入はこちら

 

©mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー