mojiru【もじをもじる】

「mojiru」はこのブログ名。「もじる」は著名な言い回しに似せて表現すること。ブログでは、本・映画・グルメなどのヒット商品や気になったトレンドを文字をもじったりもじらなかったしながら、フォントを使ったり使わなかったりしながら取り上げていく。更新頻度は1日1回が基本です。[もじる使用例]1.吾輩は下戸である。お酒は飲めない。2.太閤がまずしかったから。3.棋士の一二三に惨敗。

初めての色鉛筆によるデッサンのテクニック伝授本

【スポンサーリンク】

色鉛筆デッサンの技法書: 立体感・質感・陰影の基礎がロジカルにわかる

色鉛筆デッサンの技法書

誠文堂新光社は、2024年4月11日(木)に、河合ひとみ氏著書による、初めての色鉛筆によるデッサンのテクニック伝授本「色鉛筆デッサンの技法書」を発売した。


デッサンは美術を学ぶ人にとって必要なテクニックであり、多数の本が出ているが、デッサンの多くは「鉛筆」画や「木炭」画であり(実際にデッサンに使用される道具は多岐にわたり、ペン、色鉛筆、パステル、クレヨなども使用する)、これを「色鉛筆」に置き換えたときに、同じように、形体や質感を表現したり、明暗を表現したりするテクニックそのものが違う。

色鉛筆は誰でも入手しやすい基本的な画材でありつつも、デッサンとは結びつきにくい。

それは、色でデッサンをするのが色鉛筆画ではあるが、色鉛筆があくまで色を塗る画材と考えられているからだと思う。

ポイントは、デッサンの上手な美大生が、色鉛筆のデッサンも上手とは言えないのが現実ということ。

そこで、「色鉛筆」のデッサンのテクニックを、この美大生や、描くことを仕事としている人への、新しいデッサン技術書としての提案をこの本は考えている。

色鉛筆でどこまでデッサン力を上げることができるかがテーマとなる。

 

 

河合ひとみProfile●東京外国語大学ロシヤ語学科卒。1970年代初め、細密画を色鉛筆で描いてみようと思い立つ。大学卒業後、会社勤務や英語講師を務めるかたわら、イラストの仕事も続ける。現在は、朝日カルチャーセンター(新宿、立川&横浜)、毎日文化センター、よみうりカルチャー川崎他、東京都及び神奈川県で色鉛筆画の講座を多数担当。色鉛筆に関する著書も多く、翻訳されて海外でも販売されている。

 


「色鉛筆デッサンの技法書」Amazonでの購入はこちら

 


「色鉛筆デッサンの技法書」楽天市場での購入はこちら

 

©mojiru All Rights Reserved. | プライバシーポリシー